ラパラ・カウントダウンは最強ミノー!?使い方・おすすめカラーとは

ラパラ・カウントダウンは、多くのアングラーから支持を得ている『永遠の定番・最強のバルサミノー』。一軍ルアーとなっている上級者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回、ラパラ・カウントダウンに着目し、おすすめカラーや人気モデルをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:ラパラ facebook

ラパラ・カウントダウンについて

ラパラのカウントダウンの画像 釣具メーカーのラパラ社が発売するミノープラグ「カウントダウン」。世界中で多くのアングラーを魅了し、圧倒的な支持を得ているルアーのひとつでしょう。さまざまな魚種に対応することから、タックルボックスに入れている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

特徴

カウントダウンの特徴は、天然素材のバルサを使用していること。比重が低いことから、ウエイトを乗せてキャストを行う際、少々投げにくいと感じる方もいらっしゃるでしょうが、『優れたスイミングアクション・安定した沈下姿勢』が、最高峰のルアーと絶賛されています。

またラパラのルアーには、重心移動が入っていないため、吸い込むような捕食をする魚に対して、違和感なく食わせることができる特徴もあります。

▼ラパラのルアーを紹介している記事です。


ラパラ・カウントダウンの対象魚

さまざまな魚を狙うことができるカウントダウン。主にどの様な魚種に使われているのでしょうか。代表的な魚をご紹介します。もしご自身のフィッシングスタイルに合うようでしたら、試してみてはいかがでしょうか。

シーバス

ラパラのカウントダウンでシーバスの画像 ソルトルアーフィッシングの代表魚シーバス。カウントダウンを用いる場合は、ミノーに反応するが追うだけで食ってこないケースや、高活性のシーバスを拾う釣りに適しています。近場のボイル撃ちや、ストラクチャーをピンスポットに撃つスタイルにおすすめです。

トラウト

ラパラのカウントダウンでトラウトの画像 渓流トラウトアングラーの上級者は、必ずもっていると言っても過言ではないほど使われています。強い流れの中でも、しっかりとアクションをしてくれます。また、管理釣り場でも、フォール中にバイトを誘うことができ、ラインでアタリを取る高いゲーム性を求める方におすすめです。

バス

ブラックバスの画像
出典:PIXTA
小魚を捕食するバスにとって、シルエットがマッチすることでも適しています。ストラクチャーにピッタリと着くバスに対しては、タイトにカウントダウンをフォールさせることで、効果的となる場合があり、リーリングではジャークとスローリトリーブを組み合わせることで、泳ぐ小魚を演出します。特にワカサギなどの小魚がベイトとなっているフィールドにおすすめです。

ラパラ・カウントダウンのおすすめ7カラー

カウントダウンにはユニバーサルカラーと、ジャパンスペシャルカラーがラインナップされ、全42色。その中でもおすすめの7色をご紹介します。定番でもありますが、ご自身が信じて投げ続けられる色を選択して、拘りぬいた1匹を釣り上げてみてください。

RH

ラパラカウントダウンのカラーのRHの画像 ジャパンスペシャルのレッドヘッドカラー。CD5・7・9・11のみのラインナップです。

MIW

ラパラカウントダウンのカラーMIWの画像 ジャパンスペシャルのイワシに似せたNEWカラー。CD7・9のみのラインナップです。

B

ラパラカウントダウンのカラーのBの画像 ユニバーサルカラーのブルーバック。CD3~11までの全バリエーションでラインナップされています。

P

ラパラカウントダウンのカラーのPの画像 ユニバーサルカラーのピーコックバスに似せたカラー。CD3~11までの全バリエーションでラインナップされています。

RT

ラパラカウントダウンのカラーのRTの画像 ユニバーサルカラーのトラウトに似せたカラー。CD3~11までの全バリエーションでラインナップされています。

JAYU

ラパラカウントダウンのカラーJAYUの画像 ジャパンスペシャルの鮎(アユ)に似せたNEWカラー。CD7・9のみのラインナップです。

GC

ラパラカウントダウンのカラーのGCの画像 ジャパンスペシャルのカラーで、コンスタンギーゴ氏が考案したとされているカラー。CD7・9のみのラインナップです。

ラパラ・カウントダウンの人気モデル

カウントダウンにはオリジナルにて、サイズが異なる5つのモデルや、コラボレーションカラー、日本特別仕様など、さまざまなモデルがラインナップされています。ここでは、人気の高いモデルをご紹介します。

CD3

オリジナルの3センチサイズ。潜行深度は0.6~0.9メートルで、エリアトラウトやライトソルトゲームにおすすめのモデルです。
ITEM
ラパラ カウントダウン CD3
サイズ:3cm
自重:4g

CD7

オリジナルの7センチサイズ。潜行深度は0.9~1.8メートルで、本流トラウトやバス釣りにおすすめのモデルです。
ITEM
ラパラ カウントダウン CD7
サイズ:7cm
自重:8g

CD9

オリジナルの9センチサイズ。潜行深度は2.1~3.0メートルで、広大な湖沼でのバス釣りやシーバスゲームにおすすめのモデルです。
ITEM
ラパラ カウントダウン CD9
サイズ:9cm
自重:12g

アジバ

日本特化仕様のカウントダウン。名の通りアバシウッドが使われたことで、飛距離20%アップ。ホログラムが施されたボディーは、圧倒的なサーチ力を発揮し、投げにくいイメージのカウントダウンを変えるモデルでしょう。
ITEM
ラパラ カウントダウン アバシ
サイズ:9cm
自重:15g

マグナム

数々の世界記録を打ち立てた、ソルトウォーター用シンキングミノーのマグナム。大型で力強いファイトとなる魚にも負けない硬質素材を使用し、キャスティング・トローリング、どちらも楽しむことができるモデルは、ステンレススチールを含め2種類のラインアップです。
ITEM
ラパラ カウントダウンマグナム
サイズ:14cm
自重:36g

リップレス

リップ部分がないシンキングペンシル仕様のモデル。ミノータイプのリップを削ってチューニングされる方もいらっしゃるほど、釣果が期待できる仕様。ゆらゆらとしたアクションをし、弱った魚を演出します。
ITEM
ラパラ カウントダウン アバシリップレス
サイズ:7cm
自重:10g

ジョイント

ボディーが2分割され、金具で繋がっているモデル。ジョイント部分が水圧を受けることで、低速ではクネクネと動き、高速ではキビキビとしたアクションが可能。スローリトリーブで水面直下をひくことで、引き波をたてる誘い方もできます。
ITEM
ラパラ カウントダウンジョイント
サイズ:7cm
自重:8g


ラパラ・カウントダウンの使い方

基本的な使い方は、名の通り着水後に秒数を数え、攻めるレンジまで沈下させリーリングを行います。カウント数を変えることで、幅広いレンジを攻めることができますが、モデルごとに得意とする潜行深度がことなりますので、フィールドに合わせて使い分けましょう。

ただ巻

さまざまなルアーの基本アクションともなるただ巻は、カウントダウンでも有効的なアクションのひとつ。バルサ材ならではの艶めかしい動きを演出します。ロッドの穂先は、水面から50センチ程度離し一定のスピードでリーリングを行います。コツは、1秒間にハンドル1回転を意識して巻き取ります。レンジをキープした場合は、ルアーが近づくにつれ、穂先を水面近くまで下げることで、中層~低底。ロッドを立てることで表層~中層と、調整を行います。

※リーリングスピードはリールのギア比により、異なります。

ジャーク

バルサミノーは浮力が高いために、ジャークに弱いイメージがありますが、カウントダウンはジャークアクションを行っても、しっかりとキレのある動きを演出します。ジャークアクションは、ただ巻をしている位置から、水面に向かって30~50センチほどの移動幅で、素早くロッドを動かします。コツは、ネコパンチのイメージで、手首のスナップを活用し、テンポよく動かしましょう。

※移動幅幅の決まり、明確な定義はありません。

アクションのワンポイント

カウントダウンをご使用されると、気付くかと思いますが、最大のデメリットがあります。それは『立ち上がりの遅さ』。着底後にすぐアクションさせたい場合など、ワンテンポ遅れている感覚があります。改善策は、リーリング開始を少し早めることや、ロッドを煽ることで、素早く安定させることができます。

ラパラ・カウントダウンは愛され続けるルアー

ラパラのカウントダウンの画像 長いルアーフィッシングの歴史の中で、形状を変えずに発売し続けるラパラのルアー。カウントダウンで人生初の1匹を手にした方も多いのではないでしょうか。最新のルアーも良いところが多くありますが、カウントダウンは時代の波にのまれずそのままの姿を維持し、高い釣果をもたらしています。

興味のある方はラパラのカウントダウンを信じて投げ続けてみてはいかがでしょうか。

ラパラのカウントダウンの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!