関根養魚場【栃木県】の基本情報と攻略におすすめのルアー5選

栃木県那須塩原市にある関根養魚場。昭和27年にサケやマスの養殖を創業した老舗トラウト管理釣り場です。豊富な魚種が放流され、中でも味に定評のあるヤシオマスはぜひ狙いたいところ。今回は関根養魚場の基本情報とおすすめのルアーをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:photoAC

関根養魚場とは

栃木県那須塩原市に位置する『関根養魚場』。その名の通り昭和27年創業の淡水産サケ、マスの養殖をする老舗養魚場であり、平成2年からルアー・ フライフィッシングの営業を開始した歴史ある管理釣り場です。

釣れる魚種の豊富さやコンディションの良さから、県内外から釣り人が訪れる人気の管理釣り場です。

関根養魚場のアクセス


■車で
東北自動車道「西那須野塩原I.C.」から車で約20分の道のり。

■電車で
東北本線(宇都宮線)「野崎駅」より徒歩で約20分と公共交通機関でもアクセスができる嬉しいフィールドです。

栃木県、那須塩原市周辺の天気をチェック

関根養魚場の魅力

老舗養魚場だけに豊富な魚種とコンディションの良さが最大の魅力! また、あじわいについて。ニジマスを中心に、ヤシオマスやコーホーサーモン、ヤマメ、イワナ、サクラマスなど、様々な魚種が釣れる事で有名な関根養魚場。ミノーで釣れる魚種が多いことから、ミノーイングの練習としても人気の管理釣り場です。

料金とレギュレーション

1日券 大人 3,800円
子供 2,800円
ペア 6,000円
半日券 大人 3,000円
子供 2,500円
ペア 5,000円
関根養魚場は年中無休で営業しており、営業時間は6:30~17:00。午前の半日券は8時から12時まで、午後は12時より16時までとなっています。お得に利用できるペア券は親子・カップルが対象なので、ぜひ釣りに誘ってみてください。

関根養魚場のレギュレーション

注意看板
出典:PIXTA
主なレギュレーションとしては、ワームやトレーラーの使用は禁止、針はシングルフック・バーブレスフックを使用してください。カエシがついている針は使用禁止です。詳細なルールは現地で確認しましょう。

関根養魚場で狙える魚種

関根養魚場では、様々な魚種が放流されています。ひとくちにトラウトといってもそれぞれ魚の性質や遊泳層が異なります。ここでは、このエリアで狙える魚種をご紹介します。魚種に狙いをつけて釣るのも一興なので参考にしてみてください。

トラウト

メインとなるのはやはりレインボートラウト。好奇心旺盛でスプーンやクランクベイト、時にはトップウォータールアーにも好反応を示すでも狙える定番ターゲットです。

その他、大型のヤシオマスの放流もされています。レインボートラウトに比べ敏捷性に劣るので、スローリトリーブで狙ってみましょう。また、ヤシオマスは岸際まで寄せてきても油断は禁物! いきなり強烈な引きで走り出すのでドラグ調整は慎重に行いましょう。

イワナ

イワナ
撮影:sasaki sasa
渓流釣りの対象として人気のイワナも放流されています。イワナは障害物の影や流れの中にいる事が多く、警戒心が強い魚ですので、いきなり岸際に立たないように注意しましょう。獰猛な性質の魚なので、ミノーのトゥイッチングなどの早い動きに反応してくれます。

ヤマメ

“渓流の女王”と称されるヤマメ、塩焼きは絶品の魚です。関根養魚場ではヤマメだけでなく、陸封型のサクラマスも放流されています。イワナ同様ミノーでの実績が高いため、タックルボックスに忍ばせておきましょう。

関根養魚場におすすめのルアー

トラウト管理釣り場を攻略する上で重要なルアー選び。同じlureでも重さ、カラーをそれぞれ用意し、ローテーションしていくことが釣果アップのコツです。ここでは関根養魚場におすすめのルアーをご紹介します。初めて行かれる方はぜひ参考にしてみてください。
アルミ素材の大型シルエットがトラウトにアピール!
ITEM
ウォーターランド アルミン 2.5g

トーナメントでも実績が高いスプーン スレているトラウトにも効果があるクランク
ITEM
ロデオクラフト モカ DR 2フック SS
全長:30mm
自重:2.3g
ジョイントの独特な動きがトラウトを魅了
ITEM
シマノ カーディフ ふわとろ 35F
全長:35mm
自重:2.5g
ひとくちサイズの小型クランクベイト!
ITEM
ラッキークラフト マイクロクラピーSR
全長:25mm
自重:1.9g

関根養魚場でサクラマスやヤシオマスを仕留めよう!

様々な魚種が釣り人を楽しませてくれる関根養魚場。サクラマスの綺麗な魚体や、大型ヤシオマスの豪快なファイトは一度味わうと忘れられない思い出になる事でしょう。ミノーやスプーン、クランクベイトを駆使して最高の1尾に会いに行きましょう!

イワナ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

sasaki sasa
sasaki sasa

幼少の頃から父に連れられ海や湖へ。 釣り好きが高じ、取材で日本全国を旅する日々を過ごしています。 皆さんの ”楽しい一日” のため、釣りの魅力や魚の魅力、タックルの情報をお伝えします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!