まさに業物ロッド!タカミテクノスのMOZシリーズのこだわりが凄すぎる

タカミテクノスはフルハンドメイドロッドを手掛けるロッドビルダーの上原氏が主宰するファクトリーブランド。ジギングロッドとしては稀なフルソリッドカーボンを使ったMOZが注目を集めています。そんなタカミテクノスについて紹介します。


アイキャッチ出典:出典:タカミテクノス

タカミテクノスについて

タカミテクノスロゴ タカミテクノスは、大阪府松原市にあるロッドメーカー。代表者でロッドビルダーでもある上原氏が、一本一本丁寧に作り上げる高品質、高性能な魅力あふれるロッドは高い評価を受けています。

大量生産のきかないこだわりの製法によって生み出されるロッドは、販売チャネルが限られており、量販店などでは見かけることはほとんどできませんが、オンラインショップや一部の取扱店などで購入することができます。今回はそんなタカミテクノスの製品についてご紹介いたします。

タカミテクノス MOZ

タカミテクノス MOZ MOZは、オフショア用の高性能ジギングロッドのブランドです。ブランクはもちろん、ガイドやグリップなど、使用されるパーツ一つ一つに吟味されたものが使用されており、また、ガイドを固定するスレッディング方法や塗装方法なども、耐久性と高いパフォーマンスのバランスを重視した手間をかけた手法を用いています。

MOZブランドでは、4つのシリーズが展開されており、用途やアングラーの好みに応じた選択が可能になっています。

MOZの特徴

タカミテクノス MOZ 「MOZ」は、ジギングにおけるラインのテンションにロッドアクションを「シンクロ」させることで生まれるジグの高い操作感をメインコンセプトに作られています。最高品質の国産フルソリッドカーボン素材を、日本国内で高精度加工したブランクを採用し、粘りのある強さと、美しくもパワフルなベンドカーブが特徴です。

MOZ620 LMシリーズ

タカミテクノス MOZ 「MOZ620 LMシリーズ」はMOZシリーズのスタンダードモデルに位置付けられており、MOZのメインコンセプトを完全に適える設計がなされたロッドです。対応ジグウエイト別に6モデルがラインナップされています。ゆっくりとしたテンポのジャークでジグを潮になじませるような自然な操り方に向いています。

MOZ620 HMシリーズ

タカミテクノス MOZ 「MOZ620 HMシリーズ」はLMシリーズよりも、張りのあるブランクを採用しています。対応するジグウエイトはLMシリーズと同じですが、LMシリーズよりもタイミングでロッドが反発をするため、やや早めのジャークでジグを操ることができます。こちらも対応ジグウエイト別に6モデルがラインナップされています。

MOZ520 LMシリーズ

タカミテクノス MOZ 「MOZ520 LMシリーズ」は、他のモデルに比べ1フィートほど短く、ハイピッチジャークにもしっかりと対応したモデルになります。ブランクを短くすることによりロッドアクションをレスポンスよくジグに伝えることができ、尚且つMOZシリーズが持つ「溜め」も備えた柔・剛のバランスがとれた3モデルがラインナップされています。

MOZ620 LightZEROシリーズ

タカミテクノス MOZ 2018年夏~秋にリリース予定のMOZ最新モデルです。水深30~120m前後の近海ライトジギングにフォーカスした仕様となっており、スローからハイピッチまで、幅広いジャークスピードに対応しています。他のモデルとは大きく異なる調子を持った仕様は、インチクやタイラバなどの巻物にも使える高汎用モデルとなる予定です。

タカミテクノス ロペラ(ROPERA)

タカミテクノス ロペラ 「ROPERA(ロペラ)」は、タカミテクノスオリジナルのジギング用フックです。上原氏が釣りをする中で、フックに対して感じていた「思い」を具現化した製品で、フックをワンサイズダウンさせる事を可能にしたコンセプトで設計されています。

太軸でありながら注射針のように軽い負荷でも刺さりこむ貫通力の優れたフックポイントを持っており、フックホールの広がりにくい丸軸を採用。ジギングにおいて使い易い1/0、2/0の二種類のサイズがラインナップされています。

とにかく刺さるフックポイント

タカミテクノス ロペラ 矢じりのようなシェイプをした、三角形の断面を持ったフックポイントが特徴。横からみると薄く内側はスクイ状に研磨されています。向こうアワセでもしっかりとフッキングをする貫通力を持っており、一般的には吸い込みが悪いと思われがちな太軸ですが、魚の吸い込みによる水流を捉えやすいといった特徴もあります。

ロペラの使い方

タカミテクノス ロペラ ロペラは、1/0、2/0の二種類がラインナップしています。それぞれのサイズは、貫通性能を落とさずに一般的なフックにおける1ランク上のサイズと同等の剛性を持っています。フックのシルエットを小さくしておきつつも強度を確保したい場合には最適なフックとなっており、幅広いサイズのジグに使用することができます。

マスプロダクト品では成し得ない一振り

タカミテクノスのロッド 性能はもちろん、手間をかけ仕上がりの美しさにもこだわったタカミテクノスのロッドは、マスプロダクト品では成し得ない、まさに匠の作った「業物」と呼べる一振りが揃っています。他のロッドでは味わえないようなやり取りを楽しめ、高い所有感を持てることは間違いないかと思います。

現状では現物を見れる機会は多いとは言えませんが、見かけることがあれば是非、手にとって試してみたいロッドですね!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!

/*20180508*/