ジギングベイトリールの選び方|ライト・スローピッチ・遠征も網羅!

2019/10/09 更新

ライトなジギングから、中深海のスロージギングなどに愛用されるジギングベイトリール。巻き上げ力、バーチカルな攻めに強いことが特性です。今回はスピニングリールとの違いや、ジギングのスタイルからどんなベイトリールを選べば良いのかなど解説していきます。


アイキャッチ画像出典:ダイワ

ジギングベイトリール:スピニングとの違いは?

ジギングベイトリール 昨今、ジギング用ベイトリールは『スロージギング』や『タチウオジギング』などバーチカル(垂直方向)に攻めるジギングシーンを中心にスタンダードになっています。

ベイトリールのメリットである“巻き上げの強さ、クラッチを切るだけでフォールできる特性”から、その強みを活かせる水深が200メートル以上の深場(ディープ)や、フォールを中心としたジギングスタイルでベイトリールが選ばれています。

ただデメリットとして、スピニングに比べるとキャスティング性能が劣ってしまうため、ドテラ流しのヒラマサジギングなどキャスティングをともなうジギングスタイルには、スピニングリールが圧倒的に有利となります。

ベイトリールがマッチするジギングスタイル

「バーチカル」 「フォール主体」 「ディープ」といったキーワードならベイトリールがマッチします。

・フォールを主体に攻めるスロージギング

・バーチカルな攻めが基本のタチウオジギング、シーバスジギング

・スパンカーなどで船をたてるスタイルのジギング


ジギングベイトリールのサイズ選び

次は狙うターゲットのサイズや、釣りをする水深、扱うメタルジグの重さを基準にリールのサイズや種類を選びます。

ライトジギングや比較的浅い水深でのスロージギング

PE1号程度が200メートル以上巻け、ドラグ最大値が5キロクラスの中・小型のベイトリール
ターゲット:タチウオ、シーバス、マダイ、根魚、ヒラメ、イナダなど小型青物など
水深:100メートル程度
ジグ自重:60〜160グラム
ITEM
タカミヤ リアルメソッド GINEGA 100RH
ライトジギング、タイラバに最適な丸型両軸ベイトリール。ステンレス製の防錆シールドベアリング仕様で回転も滑らか。

ギア比:6.1:1
自重:274g
最大ドラグ力:7kg       
巻取り長さ:66cm
PE糸巻量(号-m):1.5-290m/2-200/3-130

ITEM
アブガルシア オーシャンフィールド7
オフショアターゲット対応のカーボンドラグ搭載し、付属のダブルハンドに変えることで、ライトジギング、イカメタルと幅広く対応。

ギア比:7.1:1
自重:217g
最大ドラグ力:7kg       
巻取り長さ:74cm
PE糸巻量(号-m):1-350/1.5-255/2-180

ITEM
シマノ グラップラーCT 150HG
デジタルカウンターを搭載したライトジギングリール。タチウオやイカメタルのレンジ把握にも活躍。

ギア比:7:1
自重:200g
最大ドラグ力:5kg       
巻取り長さ:70cm
PE糸巻量(号-m):1-330/1.5-200/2-150

ITEM
ダイワ キャタリナ TW 100SH
マグフォースZ搭載でキャストにも対応するライトジギングリールはシーバス、ロックフィッシュにも使用可。

ギア比:7.3:1
自重:225g
最大ドラグ力:6kg       
巻取り長さ:81cm
PE糸巻量(号-m):2-150

ITEM
シマノ オシア カルカッタ 200HG
スーパーフリースプールが素早いフォールにも対応。堅牢性・操作性・パーミング性に優れた小型モデル。

ギア比:6.7:1
自重:285g
最大ドラグ力:5kg       
巻取り長さ:78cm
PE糸巻量(号-m):1-440/1.5-290/2-200

中深場のスロージギング

PE1.2号程度が600メートルほど入る、最大ドラグが10キロ程度の中型ベイトリール
ターゲット:アカムツ、クロムツ
水深:150〜300メートル
ジグ自重:200〜400グラム
ITEM
アブガルシア ソルティーステージ REVO LJ-4
大口径、ハイスピードギヤ搭載のロープロモデルは近海〜中深海のスロージギングにも対応。

ギア比:7.6:1
自重:378g
最大ドラグ力:10kg       
巻取り長さ:107cm
PE糸巻量(号-m):3-350/4-270/5-200

ITEM
シマノ グラップラー 300HG
ライトジギング、スロー系ジギング、タイラバとスタイルを選ばない高剛性・高耐久ロープロジギングリール。

ギア比:6.2:1
自重:325g
最大ドラグ力:7kg       
巻取り長さ:84cm
PE糸巻量(号-m):2-380/3-250/4-190

ITEM
ダイワ ソルティガ15H
オフショアの大型ターゲットに負けないパワフルとタフネスを両立。2018年にはスロージギングに最適なモデルもラインナップ。

ギア比:6.4:1
自重:405g
最大ドラグ力:8kg       
巻取り長さ:100m
PE糸巻量(号-m):1-800/1.5-600/2-500/2.5-400/3-300

ITEM
シマノ オシアコンクエストCT 300HG
あのオシアコンクエストにフォールアクションが自在なフォールレバーとデジタルカウンター搭載モデルが2018年に登場。

ギア比:6.2:1
自重:390g
最大ドラグ力:7kg       
巻取り長さ:84cm
PE糸巻量(号-m):2-380/3-240/4-170



青物ジギングや中深海はもちろん、キハダなど大物メインのスロージギング

PE3〜4号が300メートル以上入る、最大ドラグが10キロ程度の中型ベイトリール
ターゲット:ヒラマサ、ブリなど青物、キハダ
水深:100〜200メートル程度
ジグ自重:100〜200グラム
ITEM
ダイワ 15 ソルティガ 35NH
青物・中深海はもちろん、スロージギングで狙うキハダにも対応。マグシールドボールベアリング搭載のタフネスリール『ソルティガ』。

ギア比:6.4:1
自重:550g
最大ドラグ力:10kg       
巻取り長さ:119cm
PE糸巻量(号-m):3-400/4-300/5-250

ITEM
シマノ オシアジガー2000NRHG
ベイトジギングリールの先駆者オシアジガー。HAGANEボディの堅牢さに、新機構インフィニティドライブ滑らかな巻き心地。

ギア比:6.2:1
自重:595g
最大ドラグ力:10kg       
巻取り長さ:117cm
PE糸巻量(号-m):3-400/4-300/5-220

ITEM
スタジオオーシャンマーク ブルーヘブン L50Hi/R
スプールやハンドルなどリールのカスタムパーツを得意とするスタジオオーシャンマークが送る中深海、パヤオのスロージギングに最適な一台。

ギア比:6.3:1
自重:515g
最大ドラグ力:10kg       
巻取り長さ:110cm
PE糸巻量(号-m):1.5-1200/2-1000/3-650/4-450

※写真は15周年限定モデル

ディープや潮が速い場所での大物カンパチなど遠征ジギング

PE6号以上が350メートル以上巻ける、ドラグ最大値が15キロクラス大型リール
ターゲット:大型カンパチ
水深:200メートル以上
ジグ自重:200〜400グラム
ITEM
シマノ オシアジガー3000HG
ビッグターゲットとの対峙、ディープゾーンでも圧倒的信頼でジギンガーに愛用されるシマノ最高峰ジギングリール。

ギア比:6.2:1
自重:615g
最大ドラグ力:10kg       
巻取り長さ:117cm
PE糸巻量(号-m):3-670/4-480/5-420/6-330

ITEM
アルファタックル MARFIX 2017MODEL N4-RH
大口径コルク製ドラグワッシャーとレバードラグ採用で大型魚とのやりとりにアドバンテージを。2017リニューアルモデル。

ギア比:4.4:1
自重:810g
最大ドラグ力:10kg       
巻取り長さ:100cm
PE糸巻量(号-m):1.5-1500/3-760

カウンター付きに、電動etc。進化を続けるジギングベイトリール

ジギングで釣った青物 今回はジギング用ベイトリールのメリット・デメリットや、ジギングスタイルによるリールの選び方をご紹介しました。

以前はジギングといえば、重いタックルでしゃくるのも大変なイメージでしたが、タックルの進化とともに、もっと楽に楽しめるようになってきました。

低価格帯から様々なジギング用ベイトリールがラインナップされているので、ご自身のスタイルに合わせて探してみてくださいね。

紹介されたアイテム

タカミヤ リアルメソッド GINEGA…
アブガルシア オーシャンフィールド7
シマノ グラップラーCT 150HG
ダイワ キャタリナ TW 100SH
シマノ オシア カルカッタ 200HG
アブガルシア ソルティーステージ REV…
シマノ グラップラー 300HG
ダイワ ソルティガ15H
シマノ オシアコンクエストCT 300H…
ダイワ 15 ソルティガ 35NH
シマノ オシアジガー2000NRHG
スタジオオーシャンマーク ブルーヘブン…
シマノ オシアジガー3000HG
アルファタックル MARFIX 2017…
ジギングベイトリール
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
すなっち
すなっち

北海道在住の道産子アングラー。ロックフィッシュ、トラウトフィッシュなどを中心にさまざまなルアーフィッシングを楽しんでいます。豊富な釣りとライターの経験を活かして、全国のルアーフィッシングや道具の解説記事などを執筆しています。自分の経験を活かして釣りの魅力をより多くの人に知ってもらえるライターを目指しています!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!