ヒラメ釣りの時期はいつがベスト?四季別の状況と攻略のカギを解説!

昨今人気の高いサーフでのヒラメゲーム!これから挑戦しようとお考えの方で、どの時期が釣れやすいのかなど、シーズン別の攻め方が気になる方も多いのではないでしょうか。今回、四季別にヒラメ釣りのコツをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

ヒラメ釣りの時期について

ヒラメ釣りの画像
出典:シマノ
ヒラメは、年間を通して狙うことのできる身近なターゲット。しかし、魚も過ごしやすい環境を求めて行動をするので、時期によっては、全く釣れない厳しい時もあります。ヒラメ釣りにおける季節ごとの特徴を抑えておくことは、釣果への近道にもなります。

ヒラメの旬は?

ヒラメの画像
出典:PIXTA
ヒラメの旬は寒い時期。身も厚く、脂が乗っています。本州では秋から冬にかけて、北海道では秋から春・初夏くらいまでが旬と言われています。

地域や個体によっても異なりますが、ヒラメは初春から初夏までに産卵を迎えるので、産卵を控えた肉厚なヒラメがまさに食べごろ。またこの時期は、真冬の極寒期を除いて、ヒラメの好む水温となる時期でもあり、ヒラメの旬の時期と、ヒラメ釣りのベストシーズンはほぼ一致するといってよいでしょう。

気温と海水温の関係

天気予報の画像
出典:PIXTA
潮の流れが常に起きている海水は、淡水とは異なり気温の変化とは必ずしも比例しません。温かい日が続いても海水温はまだ低い場合や、地上は寒いのに海水温はまだ温かいという状況があります。つまり、陸と海とでは季節の訪れにタイムラグが生じています。

さらに、地域によってシーズンパターンは異なりますので、釣果のあったときは、気温と水温をメモしておくと、さらなる釣果アップとなるヒントが見つかるかもしれません。

春のヒラメ釣り

春の画像 春、おおよそ3~5月下旬にかけては、冬に冷え込んだ水温が徐々に上昇してくる、魚の「乗っ込み」の時期です。ヒラメ釣りにおいては、産卵を控えた大型も多く混じるのもこの時期です。

しかし、数釣りが期待できないのもこの時期の特徴。冬からの季節の変わり目で、海況が安定していないためか、安定した釣果が出づらい季節でもあります。ポイントを絞って狙っていきましょう。

赤潮には注意!

赤潮の画像 水温の上昇とともに、プランクトンの活性も上昇します。赤潮は、プランクトンが急激に増えることで発生し、海中の酸素濃度を低下させてしまうため、ヒラメを含めて多くの魚が嫌がり、他に移動したり、活性が下がってしまいます。

そのため、赤潮発生時はとても釣り難い状況。また海水もひどく濁ってしまうので、アングラーのモチベーションも自然と下がってしまいます。

水温安定を見逃すな!

春は日によって気象が大きく異なる不安定な季節ですが、その中でも釣りやすくなるタイミングが、水温の安定。ヒラメが好む水温はおおむね15~16度とされ、活性が高くなると言われています。この水温が安定して2~3日続くと、海況も落ち着き、ヒラメがルアーを積極的に追う傾向があります。

重点的に攻めたいポイント

<河口>
河口の画像
出典:PIXTA
淡水と海水が入り混じる河口は、エサも豊富で小魚の心地よい棲み処。特に春は、アユが遡上をはじめ、多くの小魚が河口に集めってくるため、春の河口周辺はヒラメの実績がとても高くなります。河口中心はもちろんですが、サーフでも、河口周辺の潮の変化にも注目して、その付近を狙ってみるとよいでしょう。
<ワンド>
ワンドの画像
出典:VARIVAS
ワンドは海岸線にある窪み。窪んでいるために潮の流れに大きな変化をもたらす場所であるため、エサが溜まりやすく、ベイトとなる小魚が集まりやすい環境。

特に春は、稚アユやボラっこといった、ヒラメの定番ベイトが集まりやすく、釣果を出しやすいポイントです。特にやや荒れ気味の海況の場合は、ワンドに魚が避難している可能性が高いので、押さえておきましょう。

リトリーブスピードも意識しよう!

青物狙いの場合は、表層など高いレンジを早巻きして攻めることが多いですが、ヒラメの場合は速い動きは控えましょう。ヒラメは、水面に向かう跳躍力は目を見張るものがありますが、青物のように速いスピードで魚を追いかけて食べるという習性はありません。

従って、基本的にはあまり高いレンジを速い動きで攻めすぎないことが肝心です。中~低レンジを、リトリーブスピードを変えながら攻めていくとよいでしょう。

夏のヒラメ釣り

夏の画像 6~8月にかけての夏は、気温の上昇に伴って、海水温もぐっと上がってくる季節。特に6月頃の初夏は、ヒラメが好む20℃前後の海水温となり、ヒラメも活発に動きます。ルアーも積極的に追いかけるので、底から少し離れた中層付近を、やや泳がせるようにすると釣果が出やすくなります。

この時期はまだ大型が混じりますが、7月も真夏に入ると、ソゲなど小物が多くなります。さらに真夏は青物が回遊してくるので、青物の釣果の方が圧倒的に多くなってきます。

梅雨前線に注意!

曇り空の画像
出典:pixababy
梅雨前線がもたらすのは雨だけではありません。前線が海上付近にある場合は、アングラーにとっての最大の敵となる『風とウネリ』が発生します。移動しやすい梅雨前線の場合は、公表されている波情報に反映されないことが多く、行ってみたらウネリが高くて釣りにならない、なんていう事態も起きてしまいます。

梅雨前線の動きは常に気にしつつ、また、釣り場の常連さんのブログなどをチェックすると、とても役立つ情報が得られるでしょう。

ベイトをしっかりと把握しよう!

波に寄せられたイワシの画像
出典:PIXTA
表層のイワシから底層のキスまで、ヒラメのターゲットは実に多彩。特に、そのとき主流となるベイトフィッシュがヒラメの食欲を最もよく刺激します。イワシの大回遊ならイワシに近いルアーを選び、イワシが少ないときはキスに近いルアーチョイスを行うなど、そのときのベイトをしっかりと把握することが、釣果への近道です。特に岸に打ち上げられたベイトも意識的にチェックしてみましょう。

重点的に攻めたいポイント

<磯・岩礁地>
磯の画像
出典:ダイワ
7月も盛夏になると、岸の海水温もぐっと上がり、20℃を超えてきます。そうなるとヒラメは少しでも涼しい深みに移動します。ポイントを選ぶ際も、水深のある場所を選ぶとよいでしょう。

ヒラメは必ずしもサーフだけでなく、砂混じりの底なら好んで生息します。磯でも岩礁が点在するような砂地であれば絶好のフィールド。夏はポイントを少し変えてみるとよい結果が出るかもしれません。

リアクションバイトを誘おう!

夏の高水温では、ヒラメはどうしても低活性になりがち。そんなときは、リアクションバイト狙い。早巻き、あるいは浮力のあるルアーを流しながらの横の移動ではなく、素早い動きの縦の動きが重要です。

ちょうどヒラメの目の前にストンと落とすようなイメージでリアクションバイトを誘います。基本的に低活性だとジグは敬遠されがちですが、ジグの素早い動きだからこそリアクションを誘いやすくもなるので、重心のあるジグがおすすめ。近年注目のショアスロージグも有効です。

秋のヒラメ釣り

秋の海の画像
出典:PIXTA
9~11月頃の秋は、いよいよヒラメの本格シーズン。ヒラメの活性も高まり、夏にいなくなっていた大型ヒラメも戻ってきます。ただしこの時期は、青物の回遊もより多くなってくるので、青物の釣果も多くなってきます。特に中層狙いだと、カンパチなどが喰ってくる場合もあります。

秋は本格的なシーズン

ヒラメ釣りの画像
出典:PIXTA
秋は海釣りの最盛期。ヒラメも最もよく釣れるシーズンで、多くのアングラーが訪れます。さらには青物狙いのアングラーも続々と集まってくる時期でもあるので、サーフや磯はどこも混雑しがち。のんびりしているとポイントがすべて埋まってしまう場合もあるので、注意が必要です。

水温の下がり始めがキー!

秋は水温が下がり始め、様々な魚の活性が高くなります。20℃前後まで下がり始める時期がポイントで、そのころからヒラメもまた釣れ始めてきます。そこから晩秋、初冬にかけてがヒラメ釣りの最盛期。積極的に狙っていきましょう。

様々なポイントを攻めよう!

<サーフ>
サーフの画像
出典:上州屋
秋は喰い渋りが少ないので、ポイントを厳選して慎重に探る必要があまりありません。むしろ、さまざまなポイントをガンガン攻めていきましょう。いろいろとチャレンジすることで、その日のヒットパターンが見つかり、連続ヒットの可能性も出てきます。

急深サーフの浪打際を狙おう!

波打ち際の画像 秋は急深サーフの浪打ち際がおすすめ。「そんな手前に?」と疑問に思われる方も多いかもしれませんが、急深サーフの波打ち際は、地形が急に変わるのでエサが集まりやすく、ベイトフィッシュも多く寄ってくる傾向があります。この時期は、沖の方も狙いつつ、波打ち際も重点的にじっくりと狙ってみましょう。ワームが最適。

ねちねちとじっくり探ったり、波がある場合は少し早巻きで泳がせても効果的。また、水面に目を凝らしてみると、小魚の群れがざわついてることも。そんなときは水面下にヒラメがいる可能性が高いので、周辺を丹念に探っていきましょう。

冬のヒラメ釣り

冬の画像
出典:PIXTA
12~2月頃の冬時期もまた、ヒラメは狙い目。特に1月上旬頃までは、地上は寒くなっても、海水温はまだまだ温かいので海の中はまだ秋です。小型はだいぶ減ってきて、大型を狙えるようになります。ブリやワラサが釣れたりするのもこの時期ですね。地域やその年によっては、2月頃にヒラメ爆釣モードに突入することもあったりします。

冬はアングラーのモチベーションに注意

冬の釣りの画像
出典:PIXTA
ヒラメ釣りのシーズンは真冬でも続きます。気温が低下し、特に朝マズメの時間帯はマイナスの気温になることもしばしば。しっかりとした防寒対策で臨んでください。寒さが体に入り込んでしまうと、風邪など引いてしまう可能性もありますし、何よりもアングラーのモチベーションが下がってしまいます。集中力を持続するためにも、万全な寒さ対策をおすすめします。

水温低下に注意

地域によって異なりますが、おおむね1月も中旬になると、海水温が15℃を下回ってきます。そうなると、ヒラメの活性は極端に低下。ルアーへの反応も悪くなってくるので、ポイント選びはもちろんのこと、ルアー誘い方や魅せ方にも工夫が必要になってきます。また、喰い付きも浅くなるので、ちょっとしたバイトも見逃さない感度と集中力が必要となってきます。

重点的に攻めたいポイント

河口で釣りの画像 厳冬期になると、サーフや磯などでは小魚の姿も見えなくなってきます。そんなときは河口が有利。地域によってはチアユの回遊があったりと、ヒラメが居着きやすいポイントとなります。流れが大きいため海底や海況に変化が付きやすく、冬は特に重点的に攻めたいポイントとなります。

縦の動きを意識して誘おう!

水温の低下に伴い、ヒラメの活性も低下。ルアーを積極的に追わなくなってきます。この時期は、リトリーブや速いアクションによる横の動きではなく、フォールで魅せる上下のアクションが効果的!ヒラヒラとフォールし、じっくりと魅せるのを強みとするショアスロージグなども有効です。

身近な高級魚、ヒラメを釣ってみよう!!

ヒラメ釣りの画像 高級魚として有名なヒラメですが、日本全国の身近な場所で釣れます。しかも一年中狙うこともできる魚。しかし、簡単には釣らせてくれないのがヒラメ釣りの面白いところ! 時期によっては非常に渋く、上級者でもボウズは当たり前……。 状況に応じて戦略的に挑むことが重要と言えるでしょう。ゲーム性の高いヒラメを、ぜひ専門に狙ってみてはいかがでしょうか。

ヒラメ釣りの関連記事

ヒラメ釣りに関連するおすすめの記事をピックアップ! ご興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。




ヒラメ釣りの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!