ロウニンアジ(GT)| 南海巨大魚の釣りや食べ方について

ロウニンアジは「GT(ジャイアントトレバリー)」の通称で知られるアジ科の大型魚種です。インド太平洋海域に生息し、釣り人にとっては究極のルアーターゲットのひとつになっています。そんなロウニンアジの生態や意外にしられていないその食味、釣り方をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:ALLBLUE FISHING DESIGN

ロウニンアジの生態

ロウニンアジ(GT)
出典:PIXTA
ロウニンアジは釣り人やダイバーからは「GT(ジャイアントトレバリー)」と呼ばれ、激しいバイトと強烈な引きで釣り人憧れのターゲットになっています。日本では沖縄やトカラ列島など南方の海に棲む巨大魚の生態にせまります。

名称、名前の由来

ロウニンアジ(GT)
出典:PIXTA
英名では「Giant Trevally」(ジャイアントトレバリー)と呼ばれるロウニンアジはその頭文字をとって釣り人やダイバーから「GT」、また漢字では「浪人鯵」と呼ばれます。

「浪人鯵」の由来は、単独行動をする大型の姿や、鰓蓋骨(※さいがいこつ。えらぶたの部分)に切り傷のような線があることから「浪人鯵」との節があります。

沖縄地方では「ガーラ」、また、ギンガメアジ・ロウニンアジ・カスミアジなどの幼魚を総称して「メッキ」と呼びます。

特徴

ロウニンアジ(GT)
出典:PIXTA
ロウニンアジはスズキ目アジ科ギンガメアジ属のアジ科では最も大きい魚種になります。最大クラスで150センチ以上、60キロ以上にもなる大型肉食魚です。

体は平たく、体高は高く、頭部は口先のなす角度が鈍く、小さい目と大きい顎をもち、アジというよりマダイなどに似た顔つきをしています。

また、水族館ではなかなか見ることのないロウニンアジですが、国内では「沖縄美ら海水族館」でジンベエザメと一緒に優雅に泳いでいる姿をみることができます。

性質

ロウニンアジ(GT)
出典:PIXTA
成魚になったロウニンアジは外洋に面した沿岸域、水深100メートルくらいまでの浅い海に生息しており、サンゴ礁の際や海底へと続く急斜面、断崖などを回遊していることが多いです。

単独でいることが多いと言われますが、ダイビングで有名なパラオのペリリューではロウニンアジの大群が見られる時期もあるそうです。

捕食のスイッチがはいると小魚の群れに猛突進するなど、性格は獰猛で肉食性です。成魚はグルクンやダツなど様々な小魚を捕食しますが、幼魚のときはイカ・タコなどの頭足類も捕食します。

生息地域

ロウニンアジ 生息地域
出典:Wikipedia
アフリカ東岸・南日本・ハワイ諸島・マルキーズ諸島・オーストラリア北部までのインド太平洋海域に分布し、日本近海では屋久島・琉球列島・南大東島・小笠原諸島に生息しています。

また幼魚時代には関東地方沿岸にまで黒潮などにのってくることもありますが、もともと南方の魚のため、冬の寒さには耐えられず死滅してしまう、死滅回遊魚でもあります。

まれに工場の温排水などがあるポイントでは、「ジャイアントメッキ」とも呼べるサイズで生き残ることもあるようです。


ロウニンアジの食味とシガテラ毒

あら汁
出典:PIXTA
釣りターゲットとしてのロウニンアジはキャッチ&リリースが徹底されていますが、沖縄や鹿児島地方では小型のものが食用として流通することもあるようです。

そんなロウニンアジの意外と知ることのなかった味・料理方法、そして食べる場合の注意点などについてご紹介します。

ロウニンアジは4〜5キロの小型サイズが美味しいといわれますが、大型サイズはシガテラ毒をもつ個体もいるため食用にはむきません。

タイなども大型のものになると大味になるといわれますが、ロウニンアジも同様のようです。同じアジ科ではシマアジが大変美味で超高級魚として知られています。

食べ方、料理法

包丁
出典:PIXTA
ロウニンアジは刺身、塩焼き、煮付け、魚汁、またフライやバターソテーなどで食べると美味しいといわれています。沖縄地方ではマース煮(塩煮)や天ぷらでも食べるそうです。

ロウニンアジの刺身
新鮮なロウニンアジであれば刺身がオススメで、腹部分は混在した甘みのある脂で食感もほどよいです。

ロウニンアジの塩焼き
ロウニンアジでは定番といわれる塩焼きは二枚おろしの骨つきのほうを切り身にし、塩をして1時間以上寝かしたものをじっくり焼き上げます。こちらも甘みがあり、口の中でほどけ美味しいといわれます。

ロウニンアジのかぶと煮
煮付けではかぶと煮がオススメで、煮ても身が硬くしまらずにほぐれやすく、甘みがあって非常に美味しくいただけます。

がーらの魚汁
ロウニンアジの味噌汁、沖縄では「がーらの魚汁(みそ汁)」と呼ばれ、残った身やアラを使いアジ科ならではの強い旨味で大変美味しいといわれます。

流通、特徴、毒

毒の旗
出典:photoAC
市場にでまわる流通量は多くはないですが、定置網や釣り上げたものが入荷されます。値段は比較的やすく、沖縄ではガーラとして1キロあたり400〜500円で取引されているようです。

脂ののる秋から冬が旬といわれ、皮は厚く硬いですが、鱗は細かく薄いのでとりやすいです。透明感のある白身で血合いは赤く、熱を通しても硬くならないのが特徴です。

また、生息地は個体にもよりますが、大型のロウニンアジはフグがもっているフグ毒よりも強い、「シガテラ毒」という猛毒を持っていることもあり、食用には向きませんの十分に注意してください。


ロウニンアジの釣り方、仕掛けの種類

ロウニンアジ(GT) ロウニンアジは船からのルアー釣りの他、餌の泳がせなどでも狙うことができます。現在、世界記録としては2006年5月に、鹿児島県トカラ列島諏訪之瀬島で釣られた72.8キロが、ロウニンアジのオールタックル部門での世界記録になっています。
※2018年3月現在

▼GT(ロウニンアジ)の詳しい釣り方はこちら


南海の巨大魚ロウニンアジ

ロウニンアジ(GT) ロウニンアジの生態や食味、釣り方などをご紹介しました。

ダイビングで見るにしてもロウニンアジは上級ポイントにいることが多いようですが、釣り上げるのもなかなか簡単ではありません。ダイビングも釣りも機会があれば是非チャレンジしてみてください。

ロウニンアジ(GT)
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!