サバフグは美味しいけど見分け方が超重要!猛毒のドクサバフグとの見分け方は?

サバフグは、フグ科のシロサバフグ、クロサバフグの市場等での呼ばれ方。フグの中では安全性が高いとされ、食用にもされています。サバフグの見分け方や、ドクサバフグとの違い、食べ方までまとめて紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

サバフグという魚について

サバフグの画像
出典:PIXTA
サバフグは、日本で一番漁獲量の多いフグの一種です。フグといえば毒が怖いという印象のある魚ですが、サバフグには毒がありません。

しかし、一言にサバフグといってもサバフグにも種類が多数あり、一般的にサバフグと呼ばれるサバフグは、正式にはシロサバフグと呼ばれる種類です。ほかにもクロサバフグや、ドクサバフグなど同じサバフグでも毒を持つサバフグもいます。

サバフグの分布・生息域

出典:PIXTA
サバフグは、太平洋側では北海道から九州・沖縄まで、日本海側では新潟県を北限として同じく九州・沖縄まで生息しています。瀬戸内海や、離島まで生息していますのでほぼ日本全国に生息しているといっても過言ではないほど生息域の広い魚です。

サバフグの生態や食性

出典:PIXTA
サバフグは肉食性の魚です。エビやカニなどの甲殻類やイカやタコの幼体などの軟体動物、加えてフィッシュイーターですので小魚なども捕食します。非常に獰猛で好奇心旺盛な性格をしているので、シーバス狙いのルアーなどで釣れることもあります。

サバフグの形態

最大で約30センチほどになるサバフグ。形は頭が大きく尾びれに行くにしたがって細くなる涙型のような形をしています。全体的に黄色みがかった色をしていて、フグ類にしては珍しく、普通の魚のように魚の横面が白く光る感じになっています。

サバフグの地方名

サバフグはほぼ日本全国に生息している魚ですが、地方によって呼び方が違います。一般的には、サバフグ、ギンフグ、カナトや本カナトと呼ぶ場所が多いですが、福井ではウラバ、愛媛ではギロ、徳島では銀杏など様々な呼び方のある魚です。

サバフグ類の見分け方

サバフグの画像
出典:PIXTA
サバフグはフグ目フグ科サバフグ属に属する魚です。一般でサバフグと呼ぶ魚は正確にはシロサバフグという名称になり、サバフグ族には実に21種のフグが確認されています。有毒種もいれば無毒種もいるサバフグ属です。ここでは、そんなサバフグ属の見分け方を確認してみましょう。

シロサバフグとクロサバフグ、見分けるポイントは?

シロサバフグとクロサバフグは、非常に見分けのつきにくい魚です。市場では混じって流通してしまうこともまれにあるほどです。見分け方で一番わかりやすい点は尾びれです。シロサバフグは尾びれの下端が白くなっていて、クロサバフグは両端が白くなっています。

ドクサバフグ(猛毒)に注意!

同じサバフグ属でも有毒な種類と無毒な種類がいます。その有毒な種類がドククサフグです。同じサバフグ類なので非常に見分けがつきにくいのですが、頭部にある小さなとげで見分けることができます。

ドククサフグは頭部から背びれまでとげがあるのに対して、シロサバフグは胸鰭あたりまでしかありません。

サバフグの捌き方

出典:PIXTA
フグを捌くには免許が必要と思っている方がいるかもしれませんが、サバフグは無毒ですので捌くための免許は必要ありません。ここではサバフグの捌き方を紹介させていただきます。三枚におろしたりしなくていいサバフグは手順も簡単で手軽に食べることができます。

【サバフグの捌き方】

・上から包丁を入れて頭を切り取ります

・おなかの中の腸を取ったり、中を掃除

・背中側から皮に切れ目を入れます

・皮をはがして完成

※安全なシロサバフグであることが確認出来ない場合は食用を避けましょう

サバフグの食べ方

フグの画像
出典:PIXTA
シロサバフグは、フグらしい透明感のある白身の上品な身をしています。熱を加えても硬くなりにくい身の特性から、鍋やみそ汁の中に入れたり、竜田揚げなどの揚げ物にも非常に相性のいい魚です。

無毒の魚で可食種とされているシロサバフグですが、海域によっては内臓に毒を蓄積している可能性もありますので、注意して捌いて必ずドクサバフグと見間違えないように気を付けましょう。

※安全なシロサバフグであることが確認出来ない場合は食用を避けましょう

寄せ鍋

サバフグの身に塩を振って一晩寝かせます。出てきた水分を取ったのちお湯にくぐらせて冷水で絞め、表面を焼き上げておきます。それを野菜などと一緒に鍋に入れればシロサバフグの寄せ鍋の完成です。シロサバフグならではの上品な味を楽しむことができます。

みそ汁

シロサバフグ出しで頂くみそ汁は、非常に上品な味わいになり絶品です。まず、なるべく皮を残した身と昆布でだしを取り、そこにみそを溶きます。シロサバフグだけでだしを取っても十分おいしくいただけますが、昆布だしの方がより一層味が締まります。

竜田揚げ

すこし鮮度が落ちてしまったと感じたら、竜田揚げにしてみてはいかがでしょう。醤油、みりんで味付けをしてもいいし、片栗粉をまぶしてそのまま揚げても十分おいしくいただけます。水っぽくならないように、身から水分を出しておくことがポイントです。

煮付け

煮つけにする際は皮を残して調理すると身が崩れにくく、皮からもダシとうまみが出るので皮をつけたまま調理しましょう。皮をつけたまま調理をする際は、ぬめりをいかにきれいにとるかがポイントで、湯にくぐらせて冷水に落としてしっかりとぬめりを落としましょう。

一夜干し

頭を取り、背開きにしたシロサバフグの身に塩を振って、一晩寝かせておく。身から出た水分をきれいにふき取り半日ほど干した身をじっくり焼き上げて一夜干しの完成です。皮ごと食べられるので皮つきがおすすめですがとげのある部分もありますので、とげの部分を避けるのが面倒な方は皮なしでも調理できます。

シロサバフグは捨てずに持って帰ろう

シロサバフグは基本的には無毒で非常においしい魚です。捌く手順が簡単でお手軽に調理もできるのですが、あえて狙う魚ではないため、エサ取りの邪魔な魚として処理してしまったりしているのが実情だと思います。

もし釣れたら毒が無い安全なシロサバフグかを確認したうえで食べてみましょう!

サバフグ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

SETTU
SETTU

釣り大好き!でも下手くそなSETTUです!僕の釣り人生は下手の横好きのど真ん中です!下手くそだって一生楽しむことのできる「釣り」の素晴らしさを頑張って伝えていきたいと思います!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!