ムシガレイの生態とおすすめレシピ!食性に合わせたエサの選び方とは

冬の船釣りの人気ターゲットのひとつがムシガレイ。ヒガレイやミズガレイとも呼ばれるこのカレイは冬から春先にかけて釣りの最盛期を迎えます。今回はムシガレイの特徴や生態、釣りで狙う際の仕掛けについてご紹介します。


アイキャッチ画像出典:上州屋

ムシガレイとは

大漁のムシガレイ
出典:上州屋
ムシガレイは、カレイ目カレイ科ムシガレイ属に属する海水魚。表側の左右に3対の虫食い状の模様があるため、この名がついたと言われています。その他、地域によってはミズガレイと呼ばれ流通しています。オスは平均30センチ程度ですが、メスのほうが大きく40センチ前後に成長すると言われています。

 ムシガレイの生息域・分布

ムシガレイは日本海西部に特に多くみられ、韓国、中国、ロシア沿岸まで広く分布します。水深200メートルまでの砂泥底を好み生息し、主に釣りや底引き網で漁獲される魚です。

生態・性質

 カレイ
ムシガレイは冬から春にかけて産卵期を迎え、東北地方では5月頃まで産卵を行います。他のカレイ同様、海底に潜んで甲殻類等を好み捕食しています。他のカレイと比べて口が大きいため、針のサイズは大きめが良いでしょう。

ムシガレイの地方名

ジンナイカレイ/広島県
トサンボ/兵庫県明石
モンガレイ/兵庫県但馬
デバ/山形県鶴岡
キクアサバ/新潟県上越

ムシガレイの特徴!見分け方は?

ムシガレイの特徴
出典:上州屋
ムシガレイの名前の由来とも言われている、体表面の虫食いのような模様。この3対の虫食い模様がムシガレイを見分けるポイントです。
新潟県では、この虫食い模様が菊の花に似ていることから「菊ガレイ」や「キクアサバ」と呼ばれています。

ムシガレイの時期(シーズン)と旬

ジグで釣れたムシガレイ
出典:上州屋
釣りシーズンは産卵を控える冬から春にかけてで、他のカレイの活性が落ちる季節にはメインターゲットとなります。この時期には船釣りで水深40~70メートルを釣り事が多いため、小型電動リールを使うケースもあります。
また、口が大きいため、ルアー釣り(ジギング)の外道として釣れる事もあるようです。

味わいたい時期(旬)

カレイの干物
出典:PIXTA
ムシガレイの美味しい旬時期は、晩秋から春先の産卵期にかけて。特に子持ちのムシガレイはその美味しさには定評があります。やや水分が多いので、干物にしたりソテーする事で味わいが深まります。

ムシガレイの釣り方とコツ

ムシガレイ
出典:上州屋
タックル、仕掛けは他のカレイの流し釣りと基本的には同じとなります。全長1メートル程のやや長めの仕掛けを用意し、潮の流れに乗ってエサをアピールする釣り方が良いでしょう。

タックル

船釣りで基準となるタックルは、1.5~2メートルのカレイ用の竿に、小型両軸リール。手巻きリールでも問題ありませんが、深い場所を狙う時期には手返し重視で小型電動リールを使う釣り師もいるようです。
ITEM
シマノ ベイゲーム X カレイ 82 H165
全長:1.65m
継数:2本
仕舞寸法:86.0cm
自重:98g
錘負荷:30ー50号
ITEM
ダイワ 12 スマック レッドチューン 100SH-L
巻取り長さ:75cm
ギア比:7.1
自重:175g
最大ドラグ力:4kg

仕掛け

オモリから50、60センチ前後までの場所に針を3本。エサを漂わせるように流し、ムシガレイを誘います。特に東北ではカレイ釣りの中でも積極的に誘いを入れる、攻めの釣りとして知られています。
ITEM
がまかつ 鰈幻カレイ仕掛 直感タイプ FR221 9-3

エサの選び方

エビ餌
出典:上州屋
一般的にカレイ釣りのエサはアオイソメが知られていますが、ムシガレイにはエビ餌もオススメです。ムシガレイは口が大きく魚食性も強い性質なので、イカの短冊やシラウオ等も効果があります。

煮付けが絶品!ムシガレイ料理

ムシガレイと言えば一般的に干物が有名ですが、旬の子持ちムシガレイは煮付けが絶品です。定番の塩焼きや唐揚げ、新鮮な魚は刺身と様々な料理で楽しむことができます。

煮付け

鰈の煮付け
出典:photoAC ※画像はイメージです
子持ちのムシガレイは煮付けがおすすめです。脂が乗ったエンガワ、たっぷり入った真子は絶品の一言です。酒、みりん、しょうゆを煮込み、カレイを入れて落し蓋をして10分程度。生姜を1かけ入れるのがポイントです。

塩焼き

鰈の塩焼き
出典:楽天 ※画像はイメージです
ウロコが薄いムシガレイは、塩焼きでも美味しく頂けます。ウロコを取ったら酒とレモンをかけて塩を振り、15分程置きましょう。臭みがないカレイの塩焼きを作るポイントです。

唐揚げ

鰈のから揚げ
出典:photoAC ※画像はイメージです
小型のムシガレイは唐揚げがオススメです。全体に片栗粉をまぶし、170度の油で10分ほどカラっと揚げれば、骨まで「ポリポリ」と美味しく食べられます。

刺身

鰈の刺身
出典:photoAC ※画像はイメージです
上品な淡白さの中にも、ほのかに甘みのある味わいが特徴のムシガレイの刺身。新鮮なムシガレイの刺身が食べられるのは釣り人の特権ですね!

ムシガレイを釣ったら刺身で味わってみよう!

出典:上州屋
他のカレイと比べると口が大きく、魚食性が強いのが特徴のムシガレイ。引きが強く、専門に狙う釣り人もいる魅力的なターゲットです。シーズンによっては大釣りも楽しめますので、大漁の際は煮付けや刺身で美味しく味わいましょう。

ムシガレイ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

sasaki sasa
sasaki sasa

幼少の頃から父に連れられ海や湖へ。
釣り好きが高じ、取材で日本全国を旅する日々を過ごしています。
皆さんの ”楽しい一日” のため、釣りの魅力や魚の魅力、タックルの情報をお伝えします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!