キュウリウオ

キュウリウオの香りは爽やか!北の名物魚に迫ってみた

キュウリウオはキュウリウオ目の魚。日本では北海道の沿岸に生息し、冬の風物詩として食べられている魚です。その名の通り、魚にも関わらず野菜のキュウリのような爽やかな香りを持つのが特徴。そんなキュウリウオに迫ってみました!

目次

アイキャッチ画像出典:釣具センター

キュウリウオという魚について

キュウリウオ

キュウリウオは、北海道などの冷帯域に生息するキュウリウオ科の魚。北海道では食用としても人気がありますが、全国的に流通している魚ではないため一般的には馴染みが少なく価格も比較的安いです。

チカやシシャモと似ている味わいとされており、塩焼きやフライなどさまざまな調理法で食べられるため、北海道や東北では釣りの対象魚としても人気です。キュウリに似た香りがすることからその名前がつけられたとされています。

キュウリウオの分布・生息域

キュウリウオは北緯40度より北の冷帯域に生息する魚であるため、日本では北海道の周辺。海外では朝鮮半島、カムチャツカ半島、サハリンにも生息しています。

キュウリウオの生態や食性

キュウリウオは海の沿岸部に生息する魚ですが、産卵期の春にだけ夜間に川に遡上し産卵を行います。体長が10センチ前後までの時期は、小さめの甲殻類やプランクトンを中心に捕食すると言われていますが、20~30センチ程度の大型個体になると、他の小魚や甲殻類を積極的に捕食するようになります。

キュウリウオの形態

キュウリウオは細長い銀色の体型であるため、シシャモやチカなどと似ていますが、鋭い歯が生えており、下顎が飛び出ているなど頭部が特徴的であるため、判別する際は頭部に注目しましょう。

体長は20センチ前後のものがほとんどですが、大型のものは30センチクラスまで成長します。

キュウリウオの食べ方

キュウリウオ

出典:photoAC

キュウリウオは北海道や東北を中心に食用魚としても人気が高いです。形態がチカやシシャモと似ていることから、身や味わいも近いですが、キュウリウオと呼ばれる名の通りキュウリに似た香りが最大の特徴。

焼き魚、フライ、一夜干しなどにしても美味しく召し上がることができます。全国的にはほとんど流通していない魚であるため、関東圏や関西圏ではほとんど食べることができない貴重な魚です。

刺身

釣りたての新鮮なキュウリウオは、刺身が絶品だと言われます。

その独特の香りと甘みをダイレクトに楽しめます。3枚におろし、腹の小骨を取り除くと美味しく食べられます。お好みの大きさでわさび醤油が定番です。

フライ

キュウリウオと言えば揚げ物も人気。天ぷら、唐揚げなどさまざまな調理法がありますがもっとも人気なのがフライです。3枚におろした身を、衣をつけてあげるだけですが非常に食べやすくお子様にも人気。お好みでマヨネーズをかけると淡白な身との相性抜群です。

塩焼き

日本の魚料理の定番、塩焼きはもちろんキュウリウオにもぴったりです。小ぶりなものは軽く塩で下味をつけ、そのままグリルでこんがり焼いて食べられるため、調理法も手軽。キュウリウオの1番の特徴である香りを楽しむためにはぴったりです。

干物

ネット通販などでは干物が販売されており、唯一全国的にキュウリウオを食べられるチャンスがあります。基本的には天日干しにしたキュウリウオをグリルなどで調理し食べます。旨味と香りが増し、キュウリウオの美味しさをしっかり感じられる食べ方です。

キュウリウオの釣り方

キュウリウオ

キュウリウオは北海道では釣りの対象魚としても人気が高い魚です。チカやサバと同じくサビキのミャク釣りで狙うことが多いですが、大型のサイズはメバリングやアジングで使用するソフトルアーで狙うこともできます。

港や防波堤などで簡単に狙えるため釣りの初心者にもおすすめ。釣りたてのキュウリウオは刺身などでも美味しく召し上がることができるため、ぜひ新鮮なキュウリウオを釣り上げましょう。

ミャク釣り、サビキ釣り

ミャク釣りはキュウリウオのもっとも定番の釣り方。コマセなどは使用せず群れの回遊を待ちます。フィールドや天候によって回遊するレンジが異なるため、そのフィールドにあったレンジを見つけることが釣果アップの秘訣です。

ミャク釣り、サビキ釣りのタックル

サビキ釣りでは2000~3000番クラスの小型スピニングリールに、4~5m前後で3~4号磯竿、投げ竿がおすすめです。道糸には3号前後のナイロンラインがおすすめです。市販のサビキ用ミャク釣り仕掛けにフィールドの深さに応じて3から10号の錘をつけて使用し、餌はイソメやベニサシを使うと良いでしょう。

ルアー釣り

ルアーで釣れたキュウリウオ

大型のキュウリウオは小魚をベイトとして捕食するため、ルアー釣りもおすすめ。メバリングやアジング用のタックルにワームなどのソフトルアーを使用するのが定番です。エリアトラウト用のマイクロスプーンなども釣果実績があります。

ルアー釣りのタックル

6フィート前後のライトロッドに小型のスピニングリールが定番。ラインには3~4ポンド前後のナイロンかフロロカーボンを使用します。

ルアーには1グラム前後のメバリング、アジング用のマイクロジグヘッドに2インチ程度のシャッド系ワームがおすすめ。トラウトフィッシングなどで使用する4センチ以下のミノーや、マイクロスプーンもゲーム性が高くおもしろい釣りが楽しめます。

シマノ ソアレBB S706ULT

全長:2.29m
仕舞寸法:117cm
継本数:2本
自重:75g
適合ウェイト:0.6〜6g

シマノ ストラディックCI4+ C2000HGS

自重:160g
ギヤ比:6.0:1
ドラグ力:3.0kg
糸巻量:ナイロン3lb-125m、4lb-100m、5lb-75m
巻上長さ:79cm

新鮮なキュウリウオで美味しい香りを味わおう!

キュウリウオは北海道などの一部の地域でしか釣ることができない魚ですが、その独特の風味と味わいは食べた人にしかわからない特別なものです。北国で釣りをするチャンスがある方はぜひ新鮮なキュウリウオを釣り上げ、美味しい香りと味わいと楽しんでみてくださいね。