ゴカイは海釣りの万能エサ!採取の仕方から保管・飼育方法まで

海釣りの定番エサとしてあげられる『ゴカイ』。青イソメと並び多くの釣り師が使うエサでしょう。今回は意外と知らないゴカイの保管方法や、採取、飼育方法についてご紹介します!


アイキャッチ画像出典:pixabay

ゴカイとは

ゴカイ
出典:pixabay
ゴカイは環形動物門多毛綱に属する動物の一種であり、海の釣り餌で広く使われています。「イシゴカイ」という種が一般的であり、地域によっては「ジャリメ」と呼ばれることもあります。

ゴカイの価格とは?

貯金箱
出典:photoAC
地域にもよりますが、一杯500円程度で売られていることが多く、お店によっては100グラム単位で販売しているところもあるようです。アオイソメと比べると、ゴカイのほうが値段が高い傾向にあります。

ゴカイってどんな魚が釣れる?

色々な魚
出典:photoAC
イソメと比べ一回り小さくて細いのが特徴のゴカイ。主に砂地に住む魚はゴカイを好む傾向があると言われています。投げ釣りの本命キスを始めハゼ、スズキ、カレイ、メバルなどが代表的な狙える魚です。


ゴカイとアオイソメの違いと使い分け

ゴカイとよく似ているエサと言えば『アオイソメ』を思い浮かべる方も多いでしょう。どちらも人気の釣りエサですが、ゴカイとアオイソメの使い分けについてご紹介します。

アオイソメ

ゴカイ 日本全国の釣具店で幅広く販売されているアオイソメ。皆さんも一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか? 別名、青虫、朝鮮ゴカイとも呼ばれ、その動きの良さ、安定した釣果から、海釣りエサの代表選手です。

▼アオイソメの特徴や保管方法について

ゴカイ

ゴカイ

出典:楽天


アオイソメと比べると値段が高く、弱いため運搬や保存に気を遣う必要のあるゴカイ。アオイソメと比べると針持ちも悪いため、こまめなエサ交換を行わなければいけません。ですが、ゴカイはイソメに比べ『食い』が断然良いと言われています。もちろん、すべてのフィールド・魚種で食いがよくなるかと言えば断言はできませんが、「ここぞ」という時はゴカイを試してみてはいかがでしょうか。

ゴカイの採取・保管方法

海
出典:photoAC
釣具店で購入すると、一杯500円前後するゴカイ。釣りの前に、その日に使用する分を採取する釣り人もいます。寒くない時期なら砂浜や岩場でゴカイが採取できる場所もあるようです。地域によっては、ゴカイ類の採取を禁止している場所もありますので、注意が必要です。

ゴカイの生息する場所

地磯
出典:photoAC
少し大きめの石が点在している岩場は、ゴカイが潜んでいる可能性大! 良さそうな場所があったら岩のひっくり返してみたり、砂地を少し掘ってみましょう。

また、石に小さな穴が開いていたら、穴の中にイワイソメが隠れている場合があります。石の割れ目をドライバー等で広げるとイワイソメが出てくるかもしれません。

出典:photoAC
干潮時の干潟や砂浜も、ゴカイが潜んでいる可能性が高いポイントです。シャベルで少し深めに掘ってみましょう。河口等の少し泥が溜まっているような場所にも生息しているようです。

ゴカイの保管方法

保管方法
出典:photoAC
釣りエサとして購入して、余ってしまった……。 という方も少なくないでしょう。そんな時は、釣具店で購入したパックのまま新聞紙に包み、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。1、2週間程度は保管できるはずです。


ゴカイを飼育してエサ代を節約!

バチ
出典:IMAKATSU
釣りに行く時にエサは必須アイテムですが、エサ代の節約のため飼育をしている強者もいるようです! ここではゴカイの飼育に必要な道具や注意点をご紹介します。

ゴカイの飼育に用意する物

ゴカイの飼育には、まず水槽、エアポンプ、人工海水、砂などがあると良いでしょう。自然の海水や砂では、水が腐ってしまったりゴカイが弱ってしまうケースもあるようです。

ITEM
ジェックス マリーナ S水槽 ブラック
本体サイズ (幅X奥行X高さ) :31.5×18.5×24.4cm
本体重量:1530g
内容量:12000ml


ITEM
水作 水心 SSPP-7S
本体サイズ (幅X奥行X高さ) :7.2×4.5×12cm
本体重量:200g


ITEM
水作 エイト ドライブ M
消費電力2.2W 50/60HZ
吐出量3.0/3.6(ℓ/分)
適合水量40~45cm水槽(目安)


ITEM
テトラ (Tetra) マリンソルトプロ 楽々水替パック
本体サイズ (幅X奥行X高さ) :15×12.5×12cm
本体重量:1700g
原産国:アメリカ合衆国


ITEM
ジュン プラチナリーフサンド NO.0(超極細タイプ) 5kg
本体サイズ (幅X奥行X高さ) :30×47×7.5cm
本体重量:5000g

ゴカイの飼育の注意点

注意看板
出典:PIXTA
水槽のセッティングが完了しても、すぐにゴカイを入れない事です。一週間くらい置いて、バクテリアが湧くのを待ちましょう。そして、ゴカイを入れる際にはよく洗い、弱っているゴカイや切れているゴカイは取り除くことがポイントです。


ゴカイが人を救う?代替血液について

顕微鏡
出典:photoAC
ゴカイの血液に“類いまれな酸素運搬能力”があることがフランスの研究チームにより発見されました。今後の研究次第では、ヒトの血液の代用物として活用できる可能性があるそうです。

釣り餌で使用していたゴカイに命を救われる日が来るかもしれませんね。

ゴカイを持って釣りにでかけよう!

ゴカイの付け方
出典:TSURI HACK 編集部
少し高価なゴカイですが、その『食い』の良さからシロギス釣りを筆頭にファンが多い事でも知られています。ここぞという時の一投のために、ゴカイを準備して釣りに出かけてみてはいかがでしょう。

ゴカイ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

sasaki sasa
sasaki sasa

幼少の頃から父に連れられ海や湖へ。 釣り好きが高じ、取材で日本全国を旅する日々を過ごしています。 皆さんの ”楽しい一日” のため、釣りの魅力や魚の魅力、タックルの情報をお伝えします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!