シーバス【スズキ】について詳しく知ろう!釣りで人気の魚とは

2019/01/17 更新

シーバス(スズキ)がどの様な魚かご存知でしょうか。海のルアー釣りで人気が高い魚ですが、その特徴や生態など、詳しく知る機会は少ないかと思います。今回、魚紹介の他に釣り方や料理までご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

シーバスとは

シーバスの魚体の画像
出典:PIXTA
シーバスとは、スズキ科スズキ目の魚。和名はスズキ(鱸)。フィッシングジャーナリストの西山徹氏が、ヨーロッパスズキの英語名「seabass」で呼びはじめ、今では、ルアーフィッシング愛好家を含め、多くの方に「シーバス」の名で定着しています。

シーバスはどんな魚

シーバスは、最大で体長1メートルを超えることもあり、70センチ以上の個体をランカーシーバスと呼び、多くのシーバサー憧れの大きさ。フィッシュイーターと呼ばれ、小魚などをエサとし、大きな口で吸い込むように補食します。

生息域

シーバスの生息域の画像
出典:PIXTA
シーバスの生息域は港湾部、入り江や干潟、河川の流れ込む海域などベイトフィッシュが豊富な場所。汽水域にも好んで生息し、河川の感潮域までベイトを追って遡上します。

生態

シーバスは、北海道南部から九州までの日本列島沿岸部に生息。日中はあまり動かず、夜間に活発的に行動をします。産卵期はおおよそ10~3月とされていますが、日本では12~1月に盛期を迎えます。

出世の呼び名

シーバスの出世魚の画像
出典:PIXTA
シーバスは、成長に伴い名前が変わる出世魚。関東では、体長20~30センチまでは「セイゴ」、少し成長した体長40~60センチまでを「フッコ」、体長70センチ超えの成魚を「スズキ」と呼ぶことが多いです。関西では「フッコ」を「ハネ」と呼び、東海地方では体長60センチまでを「セイゴ」、それより大きい成魚を「マダカ」と呼んでおり地域によって名称、区分に少し違いがあります。

近縁種

シーバスの近縁種の画像
出典:PIXTA
シーバスには、ヒラスズキやタイリクスズキといった近縁種がいます。シーバスとして一般に知られているのはマルスズキ。体高の低いスリムなボディが特徴。これに対してヒラスズキは体高があり、名前のとおり平たい体が特徴です。生息域も少し違いがあります。タイリクスズキはマルスズキと体型や生息域が似ていますが、骨の数や側線のウロコの数に違いがあります。

シーバス釣りについて

シーバス釣りの画像
出典:PIXTA
シーバス釣りは、様々な地域で狙うことができ、食性を利用したルアーフィッシングが1番人気。その他にも、地域独特の狙い方やスタイルが確立されています。

餌釣り

シーバスのエサ釣りの画像
出典:PIXTA
シーバスのエサ釣りは、夕マズメ~夜間に有効な「ウキ釣り」と、日中にも有効な「ブッコミ釣り」が人気。イソメ類を房掛けにした餌で狙う釣法の他、関西では晩秋から初春の水温低下時期に行われる「エビ撒き釣り」があります。「エビ撒き釣り」は琵琶湖産シラサエビを水中に撒いて寄せたシーバスを、ツケ餌のシラサエビに食いつかせる釣り方です。

▼様々なシーバス(スズキ)釣りの仕掛けを紹介している記事です。


陸からのルアー釣り

シーバスのルアー釣りの画像
出典:PIXTA
陸からのルアー釣りは、シーバスロッドと呼ばれる専用ロッドと3000番台のスピニングリール、ソルト仕様ベイトリールのタックルを使い、ミノーやバイブレーション、専用ジグヘッドとワームなどのルアー類を組み合わせて、投げては巻くを繰り返し行う釣り。この他、岸際を歩いて波止際に沿ってルアーを泳がせる「テクトロ」。波堤壁際にメタルジグを落とし、激しくシェイクさせながら巻き上げてくる「岸ジギ」がよく知られています。

▼シーバス釣りについて紹介している記事です。

    船からのルアー釣り

    船でのシーバス釣りの画像 船からのルアー釣りは「ボートシーバス」と呼ばれ、昨今人気が高い釣りのひとつ。日中にメタルジグを操作し、ボトム周辺に定位するシーバスを狙う釣りと、日没後に港湾の明暗部や障害物周りに付いているシーバスを狙って、船上から光の明暗や岸壁を誘う方法や、橋脚周辺を狙う釣り方があります。

    ▼ボートシーバスを紹介している記事です。


    シーバスの料理

    シーバス料理の画像
    出典:PIXTA
    淡泊で癖の少ない食味のシーバスは洋風、和風を問わずどのような料理にしても美味しくいただくことができます。寿司や「洗い」が有名ですが、それ以外の調理法でも独特の味わいが楽しめます。

    シーバス(スズキ)のソテー

    シーバスのソテーの画像
    出典:PIXTA
    ソテーはフライパンがあればできるお手軽さが魅力。スズキの脂の乗りが今ひとつの時期にオススメの調理法です。熱したフライパンに塩こしょうしたスズキの切り身を、バターを溶かし中火で皮目から焼いていきます。焼き上がりに弱火で醤油を垂らして完成です。スズキの上品な白身のおいしさを堪能できます。

    シーバス(スズキ)のフライ

    シーバスのフライの画像
    出典:PIXTA ※画像はイメージです
    白身のスズキはフライも絶品。切り身をそのままフライにしても、大葉梅肉つつみにしても美味しいです。また付け合わせのソースに一工夫すれば洋風の味わいを楽しむことが出来ます。

    シーバス(スズキ)の刺身

    出典:PIXTA
    夏のスズキは脂が乗り、スズキ本来のおいしさを堪能するなら刺身がオススメ。身質に独特のクセがありますが、腹太と呼ばれる産卵に向かう深場で上がった個体は、脂がのった良い味わいです。

    シーバスに詳しくなろう!

    シーバスの画像
    出典:PIXTA
    釣り愛好家に親しまれているスズキの呼び名「シーバス」。どの様な魚であるのか詳しく知ることで、釣り方や調理法など、違った視点で感じるのではないでしょうか。身近なところに生息するシーバスを、知って触れてみてはいかがでしょうか。

    シーバスの画像
    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    TSURI HACK編集部
    TSURI HACK編集部

    TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!