メイチダイの旬と釣り方を解説!知る人ぞ知る美味な高級魚!

メイチダイの特徴や生態をご紹介!クセのない白身はどんな料理にも合い、高級魚として知られるメイチダイ。今回はメイチダイの旬とおすすめの調理法、釣り方についてご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

メイチダイってどんな魚?

メイチダイは、スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科メイチダイ属に属する魚。味わいの良い真っ白な身をしているのが特徴で、最大40センチ程度の大きさになります。漁獲量が少ないので知名度は低いですが、真鯛よりも高級魚扱いされることもあるとても美味しい魚です。

メイチダイの生息域・分布

鴨川
出典:PIXTA
メイチダイは100メートルよりも浅い沿岸で、砂地や岩礁帯がある場所に生息しています。日本では千葉県より南の海域で見られ、オーストラリア辺りまで生息しており、比較的暖かい海水温を好みます。

生態・性質

小さな魚や甲殻類を好み捕食するメイチダイ。夏から秋にかけて産卵期を迎えるといわれています。生息域によって赤紫や金、銀といった体色をしていたり、模様が違っていたりする特徴を持っています。

名前の由来

メイチダイの名前の由来は「目に一筋の鯛」。大きな目が特徴的で、目を貫くように1筋の帯状の模様があることから名付けられています。他の鯛と見分けるときにはこの特徴で見分けてみるとよいでしょう。


メイチダイの旬っていつ?

メイチダイ握り
出典:PIXTA
関東ではめったにお目にかかれないメイチダイ。最も味の良くなる時期は産卵期である夏から秋にかけてです。メイチダイは味の良さと漁獲量の少なさから真鯛よりも高級魚として扱われることもあります。

主な産地

メイチダイは千葉県より南の海域で見られますが、主な産地は下記のような場所となっています。

・三重県
・神奈川県
・大分県
・長崎県

どんな料理にも合う!メイチダイ

知る人ぞ知る味の良さを誇るメイチダイ。真鯛などの白身魚の味が落ちやすい夏から秋にかけてメイチダイは旬となり脂が乗って美味しくなります。ここではメイチダイにおすすめの調理法をご紹介します。

刺身

新鮮なメイチダイは刺身にして食べるのがおすすめ。真っ白で透明感のある身はそのままでも十分な甘みと旨みがあり、美味しく食べることが出来ます。肝を一緒に添えて食べるのもおすすめです。

煮付け

メイチダイの頭や腹骨の周りなど、食べにくい場所は煮付けにしてみましょう。一度湯通しして水で冷ましてから、醤油、みりん、酒で煮汁を作って煮てみてください。身も皮も食べられ、残った骨と煮汁にお湯を注いで作る「そそぎ汁」も絶品です。

塩焼き

小型のものはそのまま塩焼きにするのがおすすめ。振り塩をして1時間以上寝かせてからじっくりと焼き上げてみましょう。寝かせる時間は長くしたほうがより美味しさが増すので試してみてください。

潮汁

中骨や残った身からはいい出汁が出るメイチダイは潮汁もおすすめです。湯引きしてから冷水に通し水分を取ってから、昆布だしと一緒に煮て、酒や塩で軽く味付けしてみてください。旨みと脂が染み出した汁は滋味豊かな味わいが楽しめます。


メイチダイの釣り方

製作:TSURI HACK 編集部
メイチダイはメジナを狙うタックルで狙うことが出来ます。2号の磯竿に2500~3000番のリール、道糸は3号程度で十分です。ここではメイチダイにおすすめの仕掛けやエサをご紹介します。

▼おすすめの磯竿はこちら


    フカセ釣りの仕掛け

    メイチダイを狙うときにはウキを使ったフカセ釣りが良いでしょう。オレンジやグリーンの見やすい色をした円錐ウキに浮力や仕掛けの沈みを調整するガン玉、メジナ用のグレ針7号前後のものを使ってみてください。

    昼夜を問わず使える高性能の円錐ウキ

    ITEM
    釣研 LFエキスパート

    夜の漁港にグリーンが生えて見やすい。初使用で居食いにもいい反応を見せ40㎝チヌを釣り上げ入魂完了!



    9種の元素で針の硬さと粘りを高次元で実現

    ITEM
    ハヤブサ 鬼掛 広層グレ 速掛 B824E1

    とても丈夫でかかりの良い鈎です。何度も使用できる鈎です。先がへたらず信頼のできる鈎だ!



    ▼フカセ釣りの釣り方はこちら


    メイチダイ釣りのエサ

    メイチダイ釣りのエサは手に入りやすいオキアミを使ってみてください。エサ取りが少ない時には喰いがいい生のオキアミ、多いときにはエサを取られにくいボイルを使うとよいでしょう。メイチダイは小魚もエサとしているので、キビナゴやサバの切り身なども効果的です。

    知る人ぞ知るメイチダイの味を楽しもう!

    関東では出回ることがほとんど無く、その美味しさから高級扱いされるメイチダイ。エサ釣りだけでなくタイラバやルアーで釣れる事もありますので、釣れたときには外道扱いせずに持ち帰って、ぜひその味を楽しんでみてください。

    メイチダイ握り
    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう

    この記事のキーワード

     

    LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

    おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!