カスミアジ

カスミアジは美しいファイター!見分け方や釣る時のポイントとは

2022/10/31 更新

カスミアジはアジ科ギンガメアジ属の魚。沖縄等の亜熱帯域のゲームフィッシュとして人気です。他のギンガメアジとの見分け方や、食べる時の注意点、釣り方をまとめて紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:ヤマガブランクス

カスミアジという魚について

カスミアジ

出典:MCworks

カスミアジは、全長1メートル、体重40キロを超えることもある超大型のアジです。メッキやヒラアジ、ゼンメ、エバなどの別名がありますが、主に幼魚のときに呼ばれる名前で、同族のロウニンアジやギンガメアジも幼魚のうちは同じ名前で呼ばれたりします。

沖縄ではガーラと呼ばれ、ジャイアントトレバリー(GT)と並ぶ、大型アジ類のターゲットとして人気です。

カスミアジの分布・生息域

カスミアジはインド洋と太平洋の熱帯・亜熱帯海域に生息しています。日本では房総半島よりも南の海に生息しており、沖縄地方や、小笠原諸島などの暖かい海で多く見ることのできる魚です。

200メートル以浅の水深に生息しており、エサの小魚を追って比較的浅場にも姿を見せます。

カスミアジの生態や食性

カスミアジは幼魚のうちは内湾のサーフや、海に近い河川の中で生息しています。成魚になるとサンゴ礁帯や岩礁帯に生息の場を移します。小魚や、甲殻類を食べるフィッシュイーターで食性は幼魚から成魚まで変わることはありません。

カスミアジの形態

カスミアジはアジの名の通り、扁平な形をしている大型のアジです。英名はブルートレバリーと呼ばれており、青い体色が特徴です。ロウニンアジなどの同族で、同じ海域に生息するアジは多くいますが、鮮やかな青の色をしたアジはカスミアジだけです。

人気のフィッシングターゲット

カスミアジは、GTと呼ばれるロウニンアジと並ぶ非常に人気のあるフィッシングターゲットです。大型のトップウォーターに果敢にアタックしてくるその姿はGTさながらで、かかれば同じ大きさのGTをしのぐ引きを見せてくれます。外道扱いのカスミアジですが最高にうれしい外道です。

カスミアジとロウニンアジ、オニヒラアジの違いは?

カスミアジ

出典:PIXTA

カスミアジは、ロウニンアジ、ギンガメアジ、オニヒラアジという同族の大型のアジで、同じ海域に住むアジがいます。

成魚になるとそれぞれの特徴がわかりやすく区別や見分けがつくのですが、幼魚のうちはほぼ同じ形態をしていますので非常に見分けがつきにくい魚です。ここではメッキとひとくくりにされているそれぞれの幼魚の見分け方をご紹介したいと思います。

カスミアジを見分けるポイント

カスミアジの見分け方

カスミアジの幼魚であるメッキアジは、近縁種のロウニンアジ、ギンガメアジ、オニヒラアジの幼魚と見た目が似ています。見分けるポイントは胸びれと尾びれ。カスミアジは胸びれが黄色く、尾びれが黄色くありません。ほかのアジは尾びれが黄色かったり胸びれに色がなかったりします。

カスミアジの料理レシピ

カスミアジ

メッキと呼ばれる幼魚でも、成魚になってもアジと名がつくだけありカスミアジは非常に美味な魚として知られています。程よく脂がのっていて、クセの少ない身は刺身などの生で食しても、揚げても美味しくいただけます。

ここではカスミアジのおいしい食べ方を簡単に紹介させていただきます。是非参考にして、カスミアジをおいしく召し上がってみましょう。

刺身

釣って手に入れたカスミアジなら、まずは刺身で頂いてみましょう。脂が絶妙に乗っている身は刺身で頂くには最高です。下処理をちゃんとして、冷蔵庫で2日ほど寝かすことでさらにうまみを増したカスミアジの刺身を味わうことができます。

フライ

メッキの大きさによっては、アジフライのように開いてフライにする手もあります。開くには大きいサイズだったり成魚の場合は、適当な大きさに揃えてフライにしてみましょう。脂がのっているので、非常においしくいただくことができます。

づけ丼

カスミアジの漬け丼も非常においしいレシピの一つです。しょうゆ、酒、みりんをベースにしょうがや大葉、白ゴマなどを混ぜて漬けにします。ご飯に乗せてそのまま頂くのももちろんありですが、お茶やだし汁などをかけてお茶漬けにしても一味違ったおいしさがあります。

竜田揚げ

保存食としてもおすすめな調理方法は竜田揚げです。しょうが醤油に5分ほどつけて、片栗粉をまぶしそのままゴマ油で揚げるだけなので簡単お手軽な料理でもあります。お酒の肴としてもピッタリな料理なので、思い立った時にできる手軽さもおすすめのポイントです。

大型個体はシガテラ毒に注意!

毒

出典:PIXTA

シガテラ毒とは、食中毒の一種です。海藻に含まれる毒素を食した魚を、フィッシュイーターのカスミアジが捕食し、その身や内臓が毒に侵されてしまうという仕組みです。頭部や、内臓に多く蓄積されていますので、頭部と内臓は早めに取り除くようにしましょう。

▼シガテラ毒について更に詳しい記事はこちら

カスミアジの釣り方

カスミアジ""

カスミアジは大型個体も、幼魚のメッキも基本的にルアーのキャスティングで釣ることができます。大型個体に関しては岩礁帯やリーフ周りで釣ることができますので、おかっぱりなら離島の磯回りや、沖磯にわたるなどして釣ります。

一般的には船に乗ってオフショアで狙う方が一般的です。メッキは港回りや加工などで狙います。いずれもトップウォーターやミノーなどの表層系のプラグに反応がいいので、狙うサイズに合わせてルアーの大きさをセレクトして狙ってみましょう。

ベストシーズンはいつ?

カスミアジ

メッキにしても大型の成魚にしても、冬を除く3月から11月くらいまでがカスミアジ釣りのシーズンとされています。暖かい時期の方が浅瀬までカスミアジが上がってくるので狙いやすいシーズンとも言えます。逆に寒いシーズンは暖かい場所にたまりますのでメッキ釣りではあえて寒い時期に狙う手もあります。

大型個体はオフショアでのキャスティング

カスミアジ

出典:MCworks

カスミアジの大型個体の多くはオフショアからのGT狙いで釣ることができます。釣り方はGTと同じく大型のトップウォーターを派手に動かす釣り方です。GTに負けずとも劣らない引きと派手なバイトは、いつまでも釣り人を魅了し続けます。

キャスティングのタックル

カスミアジ狙いのタックルはほぼGT狙いのタックルと同じですので、PEは5号から8号を、リーダーは100から150ポンド程度を使用します。リールはPEが300メートルほど入る大きさ、ロッドはGT用の物を用意すれば大丈夫です。逆にGT用でなければ強烈な引きに耐えられないかもしれません。

シマノ オシアプラッガー フレックスリミテッド S83MH

全長:2.52m
自重:350g
継数:2本
仕舞寸法:184.4cm
ルアー重量:MAX110g

シマノ ステラSW 14000XG

ギア比:6.2:1
自重:690g
最大ドラグ力:25kg
巻取り長さ:134cm

小型個体(メッキアジ)はショアでのライトゲーム

メッキアジ

カスミアジの幼魚は”メッキアジ”と呼ばれ、ショアからのライトゲームで気軽に狙う事ができます。漁港や、河口などの浅瀬で小型のワームやプラグを素早く動かし続けバイトさせるゲームで、大型を狙うゲームとはまた違ったスリリングなゲームをメッキ釣りでは楽しむことができます。

ライトゲームのタックル

メッキ釣りでは、PEラインの0.5号前後を道糸に使用します。リーダーは10ポンド程度です。メッキ釣りと言っても、大きさは大小さまざまですので、狙うメッキのサイズに合わせてラインの太さは変えてみてください。リールは3000番程度のハイギアの物が使いやすいです。

シマノ ボーダレス ショートスペック 180L-T

全長:1.80m
自重:65g
継数:3本
仕舞寸法:68.1cm
ルアー重量:0.8-21g

シマノ ストラディック C3000HG

ギア比:6.0:1
自重:245g
最大ドラグ力:9kg
巻取り長さ:88cm

カスミアジはライトでもビッグでも楽しめるエキサイトゲーム

カスミアジ

出典:DUO

カスミアジは幼魚のメッキゲームでも、成魚になったビッグゲームでも強烈な引きと、強烈なバイトで非常にエキサイティングなゲームが楽しめるターゲットです。釣った後の食味も見た目の派手さからは想像できないほどの美味ですので、釣りと食、両方をカスミアジで楽しんでください。