真鯛の仕掛けを総まとめ!それぞれの特徴や釣り方を解説!

あらゆる釣り師を魅了してやまない真鯛。狙う釣り師が多い分、釣りに用いられる仕掛けも多岐多用に渡っています。今回は真鯛釣りで使われる仕掛けにクローズアップしました。まだ試した事のない仕掛けをチェックしてみてください!


アイキャッチ画像出典:グローブライド

真鯛釣りの魅力について

真鯛 北海道以南の日本各地の沿岸に分布し、日本の釣りを代表する人気魚種の真鯛。魚の王様とも称され、その食味のみならず強烈な引きから人気の釣りもののひとつです。

釣り方も地域によって様々な種類があり、船からはもちろん、岸からでも狙えるターゲットです。ベストシーズンは産卵が絡む春と、秋の荒食いシーズン。真鯛狙いの釣り方をご紹介します。

真鯛の仕掛け『鯛ラバ』

真鯛の鯛ラバ仕掛け
制作:TSURI HACK 編集部
疑似餌を落とし同じスピードで巻いてくるだけ。そんな簡単な釣りが鯛ラバです。その手軽さから老若男女問わず全国的に人気がでている釣り方ですが、巻くスピードや鯛ラバの重さ、カラー、竿の調子で釣果が変わるゲーム性の高さから、奥が深い釣りとも言われています。
ITEM
アブガルシア カチカチ玉 30g+5g シュリンプオレンジ

鯛ラバで使用するタックル

基本的には鯛ラバを落として巻くだけなので、専用タックルではなくても大丈夫です。ただし、鯛ラバはアタリが出ても即アワセをせずに巻き続ける釣り。そのため、喰い込みの良いソリッド系の竿が適していると言われています。

鯛ラバの釣り方

鯛ラバ釣りの風景
出典:photoAC
まずは鯛ラバを投入後、まっすぐ落としていきます。ここからが要注意! 着底したらすぐに巻き始めましょう。鯛は、落ちていく鯛ラバを追いかけてきており、着底して時間が経つと鯛に見切られてしまいます。

着底後は、1秒間でリール1回から1.5回転程のスピードでゆっくり均一に巻きましょう。アタリがあても即アワセは厳禁。竿が持っていかれてからはじめてアワセを行います。

▼鯛ラバについて他の記事でも紹介してます。







真鯛の仕掛け『ひとつテンヤ』

ひとつテンヤ仕掛け
制作:TSURI HACK 編集部
円錐形のオモリに軸の長い針がついた『テンヤ』に冷凍エビをエサとして使用し、極細PEラインと組み合わせる釣り方がひとつテンヤ。

江戸時代から伝わる伝統釣法の『ひとつテンヤ』では、カサゴ、メバル、ソイ等の根魚やヒラメ等、あらゆる魚種が狙えるため、船釣りの人気な釣り方のひとつです。

ITEM
ダイワ 紅牙 タイテンヤSS 太軸 8号 ピンク/チャート夜光

ひとつテンヤで使用するタックル

ひとつテンヤ仕掛けで釣った真鯛 ひとつテンヤの釣り方は、まずテンヤを着底させた後にゆっくりと竿をシャクり上げます。これが誘いとなり、竿で大きくシャクったら、再びテンヤを底まで沈めます。

この繰り返しの中で、特にシャクった後の落としているタイミングでアタリが出る事が多いため、竿先に集中しましょう。

▼ひとつテンヤについて他の記事でも紹介してます。



真鯛の仕掛け『コマセ釣り』

真鯛コマセ釣り仕掛け オキアミをコマセ(魚を寄せる為の撒き餌)に使ったコマセ釣り。潮流でカゴから洩れ出るコマセに針を紛れ込ませる釣りです。真鯛釣りの中では、最もポピュラーな釣りではないでしょうか。

仕掛け投入からの一連の動きを『コマセワーク』と呼び、水中でのイメージが大切な釣りです。
ITEM
サニー商事 ワンタッチビシライト 40号

コマセマダイで使用するタックル

オモリ負荷30~50号のマダイ竿2.4~3.6メートルに、300番クラスの両軸または電動リール。道糸はPE4号が基準で、ハリスはフロロカーボン3~5号を、状況により長さを変えて使用してみましょう。

コマセマダイの釣り方

コマセマダイ マダイは警戒心がとても強い魚ですが、エサを見つけると海底付近から浮き上がってきて宙層でエサを食べ、また海底に戻るという行動を取ります。

そのため、『コマセワーク』がとても重要であり、釣り始めに船長がアナウンスする「指示ダナ」よりも仕掛けの長さ分だけ余計にカゴビシを沈めたところからシャクリをスタートさせるのがコツです。


真鯛の仕掛け『カゴ釣り』

カゴ釣り仕掛け
制作:TSURI HACK 編集部
堤防から真鯛を狙う際はカゴ釣りがお勧めです。強めの仕掛けで遠投し、大型の真鯛を狙います。カゴに入れる餌はコマセが基本。オキアミをカゴに詰めて仕掛けを投入し、竿をあおってコマセを撒きます。ウキにアタリがでたら慌てずひと呼吸おき、しっかりとアワセましょう。

ITEM
サンナー 遠投アシストカゴ(真鍮鉛付)10号

カゴ釣りで使用するタックル

5メートル前後の竿に、4000~6000番前後のスピニングリール。道糸はナイロン5号もしくはPE2~3号前後がおすすめ。ナイロン6~8号を使用した、両軸リールのタックルも人気があります。

カゴ釣りの釣り方

真鯛のかご釣りをする釣り師 カゴ釣りのポイントは、水深が5メートル以上あり、潮通しが良い場所。初めてのポイントでは、まずは底付近からスタートしエサが取られれば徐々にタナを上げていきます。大型のマダイは、食い気が強い時には浮いてくる傾向があると言われているため、こまめなタナ調整を心掛けましょう。

▼おすすめの遠投カゴはこちら!


    真鯛の仕掛け『シャクリ釣り』

    シャクリマダイ仕掛け
    制作:TSURI HACK 編集部
    シャクリ釣りとは、1~1.5メートル程の「手バネ竿」と呼ばれる短い竿を使用します。エビを海中で踊らせるように誘うため、鋭くしゃくり上げるのが特徴的であり、主に房総半島でみられる釣り方です。最近では、リール竿を使用したリールシャクリも人気です。

    ITEM
    フジワラ シャクリマダイ仕掛 天然貝バリ 2号

    シャクリマダイで使用するタックル

    手バネ竿 1~1.5メートルに道糸はナイロンの6~8号。テンヤは小さめの1.5~4号程度を使用します。大物が掛かった際には、尻手ロープがあると安心です。

    シャクリマダイの釣り方

    手バネ竿 鯛ラバ等の釣り方同様、落ちていく仕掛けに興味を示す真鯛。シャクった後に仕掛けが落ちていくタイミングでアタリが出る事が多いです。リールが無い『シャクリ釣り』ではアワセがとても重要。素早く鋭いアワセを入れると同時に、糸を手繰り寄せて真鯛を釣り上げましょう。

    真鯛釣りにチャレンジしてみよう!

    釣り人の画像
    出典:photoAC
    釣り人にとって憧れのターゲットである真鯛。鯛ラバが登場した事で、入門しやすい釣りとなりました。今回ご紹介した5種類の釣り方以外にも、全国には様々な真鯛の釣り方があると言われています。自分だけのオリジナル釣方を探してみるのも楽しいでしょう。

    真鯛
    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    sasaki sasa
    sasaki sasa

    幼少の頃から父に連れられ海や湖へ。 釣り好きが高じ、取材で日本全国を旅する日々を過ごしています。 皆さんの ”楽しい一日” のため、釣りの魅力や魚の魅力、タックルの情報をお伝えします。

     

    LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

    おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!