鮎って実はそうなんだ!苔を食む清流の人気魚種について

苔を食み、あの独特の香りで食材としても人気を集める鮎。今回はその特徴や、レシピ、意外と知らなかった?鮎の生態について迫ります。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

鮎の特徴や生態

鮎
出典:PIXTA
鮎はキュウリウオ目アユ科の魚で、大きいもので全長30センチほどに育ち、背中が黄色がかった黒色をしています。体長が10~15センチほどの若鮎は灰緑色で、胸びれの後方に楕円形の黄色い斑紋が現れます。

鮎はコケを食べる?

川底の苔
出典:photoAC
鮎は日本では北海道の天塩川より南の清流に生息します。稚魚の頃は海で暮らし、成魚になると川で暮らす川魚ですが、海で暮らさずに河口部で育つ場合もあります。稚魚の頃はプランクトンやエビなを食べますが、10センチほどに成長すると川を遡上し、岩に付いた藻を食べるようになります。

鮎は英語でなんと言う?

鮎は英語で
出典:pixabay
鮎は一般的に「AYU」で通じますが、「Sweetfish」と訳される場合もあります。これは、水質の良い川で暮らす鮎は甘い香りがし、その香りに因んだ名前になったためと考えられています。

鮎の寿命はたった1年?

暮れなずむ海
出典:pixabay
鮎は秋に産卵し、たいていは秋のうちに卵から孵ります。生まれたばかりの稚魚は海へ下り、海岸近くの浅瀬でプランクトンや小エビなどを食べて成長。春から夏にかけて水温が上がると、中流域まで川を遡上し、縄張りを作ります。やがてまた秋が訪れると鮎は川を下り、産卵して、その一生を終えるのです。

鮎の美味しい時期は?

鮎の塩焼き
出典:PIXTA
鮎の旬は、餌をよく食べ栄養を蓄えている6~8月です。そのほかにも、9、10月は「落ち鮎」といって、産卵のために川を下っていく鮎も美味しいとされます。ただし、子持ちの鮎は捕獲しないというのが暗黙のマナーとして定着しています。鮎は、塩焼きや甘露煮、南蛮漬けなどにして食べるのが人気です。

鮎のレシピ例

の塩焼き(楽天レシピへ)

鮎の甘露煮(楽天レシピへ)

あゆの南蛮漬け(楽天レシピへ)

養殖鮎と天然鮎の違いとは?

川に生息する鮎の群れ
出典:photoAC
天然の鮎は岩に付いた藻を餌にしており、特に水質の良い川の鮎は「スイカのような香り」がします。一方、養殖の鮎はペレットのようなものを与えられているため脂が乗りますが、天然物のような香りはしません。シンプルな塩焼きにしたときに美味しいと感じるのは、天然物が多いようです。
ITEM
炭火焼 鮎 10尾入り

美味しい!素焼にしているので 塩加減は自分で出来るので好きな辛さに出来ます。骨も頭も食べられました。

ITEM
炭火焼 鮎の甘露煮

骨までやわらかで頭から丸ごと食べられ甘すぎず…味も濃すぎず…良い塩梅みたいで 鮎好きパパさんに前回好評。日持ちするので買い置きしておくと おかずはもちろんチョッとお酒のアテに便利。

鮎が海へ行く理由

長良川
出典:PIXTA
鮎は秋に産卵し、生まれた稚魚は海へ下り沿岸部で成長します。鮎は秋から凍るような寒さの冬を生き延びなければなりませんので、川よりも水温が安定し、プランクトンなど栄養が豊富な沿岸部に行く必要があるのです。
 鮎の遡上
 出典:PIXTA
鮎は稚魚から10センチほどの幼魚に成長し、川の水が海の水温程度まで上昇する春を迎え、川を遡上していきます。

鮎の釣り

鮎の友釣り
出典:photoAC
鮎の代表的な釣法には「友釣り」があります。鮎は、藻が多い場所を見つけると、他の鮎が入ってこないよう、ナワバリを張ります。そこへ他の鮎が入ってくると、それを追い払おうと体当たりをする習性があります。
鮎釣り師
出典:photoAC
「友釣り」は、その習性を利用した釣りで、友釣り用のオトリ鮎に鼻環を掛けてナワバリに泳がせ、体当たりしてきた鮎を、仕掛けの末端につけたイカリ型の針などに引っ掛けて釣ります。

▽鮎釣り関連リンク

夏の趣ある川魚

鮎
 出典:PIXTA
鮎は日本の初夏に親しまれる代表的な川魚です。岩についた藻を食べるという一風変わった食性が、爽やかで甘い独特な香りとなって表れ、私たちを魅了します。釣りの方法も「友釣り」というヤエン釣りに少しだけ似た独特なものがありました。季節の釣りとして楽しむのも、趣があって良いかもしれません。

紹介されたアイテム

炭火焼 鮎 10尾入り
サイトを見る
炭火焼 鮎の甘露煮
サイトを見る
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!