大トロって「そうなんだ!」中トロとの違い・昔は捨てられてたって本当?

2018/10/17 更新

寿司ネタでは不動の人気を誇る大トロですが、皆さんは大トロ、中トロ、赤身の違いを正確に答えられますか?今回は意外と知らない大トロについて迫ります。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

そもそも大トロとは

大トロ・中トロ・赤身の三貫盛り
出典:photoAC
トロはマグロの腹部にある脂の乗った部分のことを指し、よく脂の乗った部分を大トロ、それに次ぐものを中トロと言います。脂が乗っておらず、よく取れる部分が赤身です。それぞれの特徴について見てみましょう。

大トロの特徴

大トロ
出典:PIXTA
大トロは頭に近い腹部から取れ、トロと呼べる部位の5分の1程度しかない希少部位です。濃厚な脂の旨味と、とろけるような食感があり、脳を活性化させるDHAや、血液をサラサラにするといわれるEPAを多く含みます。ビタミンA、D、Eも、赤身の倍以上含まれ、栄養価の高い食材です。

中トロの特徴

中トロ
出典:pixabay
中トロは、腹部だけでなく背中の部分からも取ることができます。赤身と脂が合わさった美味しさや食感が味わえます。中トロであると定めるような明確な規定や、大トロとの区別は、実はありません。価格帯は大トロよりも安くなります。

赤身の特徴

赤身
出典:photoAC
赤身は背部や背骨周辺から取れる一般的なマグロの身です。マグロ本来の旨味や程よい酸味があり、トロに比べて価格も安価です。また、トロよりも比較的たんぱく質が多く、脂質はトロの5パーセント程度しかありません。食生活の中で脂質を控えたい人には、赤身はヘルシーな食材と言えます。
ITEM
本マグロの訳あり中トロ 1kg

マグロ丼がたーーくさん食べたい! という子供たちのリクエストで、お試し気分でポチしました。解凍方法も入れて頂き とてもいい状態で頂くことが出来ました。にしても・・・・すごく美味しい!お値段安いぐらいで得した気分。

大トロ以外の希少部位

出典:PIXTA
マグロには大トロ以外にも希少な部位が存在します。お寿司屋さんで見かけたら、是非頼んでみたい部位をご紹介します。

カマトロ

マグロのカマと腹かみの間にあり、特に脂の乗った極めて希少な部位です。スジもほぼなく、その食感は大トロを凌ぐとも言われます。

中落ち

中骨の周りなど、骨の周りについている独特の旨味のある身です。スプーンやハマグリの殻でこそげ落とすため、形や大きさは不ぞろい。ネギトロや手巻き寿し、中落ち丼などに利用されます。

脳天

頭の真ん中辺りから取れ、「つのとろ」とも呼ばれるかなり希少な部位です。肉質は中トロのように脂が多く、通な人からの人気が厚い部位。刺身やお寿司の他、鍋の具としても食べられています。

ほほ肉

ほほ肉はマグロの頬にあたる部分で、繊維質でお肉のような食感があります。鮮度が良いものは刺身でも楽しむことができますが、ステーキやフライなど、過熱してして食べられることの多い部位です。

ITEM
本マグロ大トロ・中トロ350gセット

解凍方法が親切丁寧で,とても美味しかったです。中トロは,脂具合と口溶け感が最高でした。大トロは,脂がすごくてこんなにギトギトするんだと驚嘆しました。



大トロの値段は?

大トロの寿司
出典:photoAC
大トロはお寿司屋さんなどで、安いものでは1貫200~600円、高価なものでは1貫1,500~9,000円するものまで様々です。一般的に原価の高い寿司種ですが、1貫で1万円を超えるものはめったにありません。

100ℊあたりの平均的な値段

マグロの競り
出典:pixabay
マグロの価格は時価の為、漁獲量や時期によっても前後します。マグロ100gあたりの平均的な値段は以下のようになっています。

大トロ:3,800円

中トロ:2,500円

赤身:1,800円

2018年の初競りでは過去最高の3645万円

マグロの初競り
出典:PIXTA
2018年1月5日の早朝に行われた初競りで、405キロの大間産のマグロが、過去最高の3645万円という高値で競り落とされました。これは1キロあたりで9万円でしたが、同じ日に1キロ16万円というキロ単価の高価なマグロの落札も。海外での日本食の人気が高まるにつれ、マグロの需要が増えて値段は高騰していますが、マグロの減少も懸念されます。
ITEM
本マグロ大トロ200g

オーストラリア産蓄養が安さの秘密です。我が家では、手巻き寿司パーティの主役でいつも取り合いになります。2セット購入で、ネギトロをゲット。ネギトロはどんぶりにして楽しんでします。


大トロは昔、捨てられていた!?

江戸時代イメージ
出典:PIXTA
現代のような冷凍技術が確立されていなかった江戸時代。マグロは脂身ばかりで鮮度を保つことも難しかったため、食べられることなく棄てられていました。脂っぽい食材に馴染みのない時代であり、猫もまた、トロには興味を持たずにまたいで通る…というのが通説となったほど。しかし醤油の登場や普及、冷凍・冷蔵の技術が進むにつれ、マグロやトロの食材としての価値は高まっていきました。

大トロは時代と共に

マグロ
出典:pixabay
日本人には馴染み深く、日本の食文化を語るうえで欠かすことのできないマグロ。食べる部分が十分にあるということだけでなく、美味しさもまた、マグロ人気の衰えない大きな理由でしょう。高価であることで知られる大トロは、時代の流れと共に徐々に浸透してきたものだったのですね。

大トロの部位
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!