鯛の種類ってどれだけ?!代表的な24種の特徴の違いを解説

祝い事には欠かせない「鯛」。鯛と聞くとまず、真鯛を連想しますが、図鑑を開くとなんと「タイ」と名の付く魚は何と200種以上……。今回は代表的な24種の鯛の特徴と生態、味わいなどについてお届けします。


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

鯛の種類って何種類?!

ジグで釣れた真鯛 魚の王様として知られる真鯛(マダイ)。お祝いごとには必ずと言っていいほど用いられる魚で、鯛の中でも最も親しまれている魚でしょう。しかし、実は真鯛以外にも「鯛」と名前が付く魚は200種類以上にも上ります。今回はそんな鯛の中でも代表的な24種類をご紹介します。

あやかり鯛とは?

鯛のレプリカ
出典:楽天市場
鯛とは本来、スズキ目スズキ亜目タイ科に属する魚のことを指しますが、それ以外にも鯛と名前が付いている魚はたくさん存在します。例えば外来魚の『ティラピア』は、味が鯛に似ている事から「チカダイ」「イズミダイ」と呼ばれ販売していた事例がありました。

このように鯛と付けることによってイメージアップを図っている例を「あやかり鯛」と呼んでいます。


代表的な鯛24種類

鯛と名前に入っている魚は200種類以上いますが、代表的な鯛は全部で24種類。ここでは正式な系統とされる24種の鯛について、特徴や味わい、釣り方などをご紹介します。

真鯛(マダイ)

真鯛
出典:PIXTA
真鯛(マダイ)は、スズキ目スズキ亜目タイ科マダイ亜科マダイ属に属する、鯛の中でも最も有名な高級魚。祝い事の席には必ずといっていいほど用いられ、刺身や塩焼きなど多くの調理法で甘みのある味を楽しむことが出来ます。

水深が20メートル以上あれば岸からでも船からでも狙うことができ、餌でもルアーでも釣ることが出来る魚です。




黄鯛(キダイ)

キダイ 黄鯛(キダイ)は、スズキ系スズキ目スズキ亜目タイ科キダイ属に属し、「レンコダイ」の名前で呼ばれていることが多い魚です。真鯛によく似ていますが、体に太い黄色の模様が入っていることから見分けることが出来ます。

釣るときには船釣りで水深90~120メートルほどのタナ(水深)を、オキアミなどを餌にした天秤仕掛けで狙います。


血鯛(チダイ)

チダイ 血鯛(チダイ)は、スズキ目スズキ亜目タイ科マダイ亜科チダイ属に属する比較的小型の鯛。名前はエラぶたの後ろが赤く、血がにじんだように見えることに由来しています。小ぶりなサイズが多く調理しやすいことから刺身や塩焼き、汁物から揚げ物までさまざまな食べ方を楽しむことが出来る魚です。

平鯛(ヘダイ)

ヘダイ 平鯛(ヘダイ)は、スズキ目スズキ亜目タイ科ヘダイ亜科ヘダイ属に属する鯛。体が平たくなっていることが名前の由来とされています。知名度が低いので価格は安いですが、年間を通して味が良いお買い得な魚です。

生息域は比較的浅い岩礁帯や内湾で船からのコマセ釣り、堤防や防波堤からのフカセ釣りで狙うことが出来ます。


黒鯛(クロダイ)

黒鯛 黒鯛(クロダイ)は、スズキ目スズキ亜目タイ科ヘダイ亜科クロダイ属に属し、釣り人の間では「チヌ」の名前で呼ばれることが多い鯛です。名前は体色が黒いことが由来となっています。適応力が高く汽水域まで入ってくることも多い鯛です。

以前はフカセ釣りや掛かりで狙うのが主でしたが、近年では『チニング』と呼ばれるルアーの好ターゲットとしても人気の魚です。


キチヌ

キチヌ キチヌは、スズキ目スズキ亜目タイ科ヘダイ亜科クロダイ属に属する黒鯛に近い種類の鯛。腹ビレ、尻ビレ、尾ビレの一部が黄色になっていることから名前が付けられています。黒鯛よりも汽水域や暖かい水温を好み、主に西日本で数が多いです。

釣り方は黒鯛と同じくフカセ釣りなどの餌釣りでも、ルアー釣りでも狙うことが出来ます。


石鯛(イシダイ)

石鯛 石鯛(イシダイ)は、スズキ目スズキ亜目イシダイ科イシダイ属に属する鯛。若魚のときは白と黒の縞模様が特徴的ですが、成長するにつれて縞模様は消えて口周りのみが黒くなり「クチグロ(口黒)」と呼ばれるようになります。

硬い歯でサザエやヤドカリ、ウニを噛み砕き餌としていて、それらを餌にしたぶっこみ釣りが有名です。


石垣鯛(イシガキダイ)

イシガキダイ 石垣鯛(イシガキダイ)は、スズキ目スズキ亜目イシダイ科イシダイ属に属する石鯛と並ぶぶっこみ釣りの好ターゲット。若魚のうちは体に黒い斑紋がありますが、成長するにつれて消えて口周りが白くなり「クチジロ(口白)」と呼ばれるようになります。

一部、シガテラ毒を保有する個体が確認されているので、食べるときには注意が必要です。




金目鯛(キンメダイ)

金目鯛
出典:photoAC
金目鯛(キンメダイ)は、キンメダイ目キンメダイ科キンメダイ属に属する大きな金色の目と真っ赤な体色が特徴の深海魚。水深100メートルから800メートルと深い水深の岩礁域に生息しています。いい出汁が出るので、煮物や汁物で調理して食べるのがおすすめです。


白甘鯛(シロアマダイ)

白甘鯛 白甘鯛(シロアマダイ)は、スズキ目スズキ亜目アマダイ科アマダイ属に属する鯛。新鮮なうちはうっすら赤みを帯びていますが、市場に出回るときは白くなっているため「シラカワ」と呼ばれることも多いです。非常に高級な鯛で高級料亭などでしか目にすることが出来ず、釣りでも船から真鯛を餌で狙っていて稀に釣れることがある程度の貴重な魚です。

赤甘鯛(アカアマダイ)

赤甘鯛 赤甘鯛(アカアマダイ)は、スズキ目スズキ亜目アマダイ科アマダイ属に属する身が甘いことが名前の由来となっている鯛です。甘鯛の中でも比較的目にすることが多く、船から天秤仕掛けでオキアミを餌にした釣り方で狙うことができ、刺身や塩焼きなどの多くの調理法で食べることが出来ます。


糸撚鯛(イトヨリダイ)

イトヨリダイ 糸撚鯛(イトヨリダイ)は、スズキ目スズキ亜目イトヨリダイ科イトヨリダイ属に属する鯛。名前の由来は、体の赤と黄色の筋が泳いでいるとき糸を撚るように見えることからですが、尾ビレの上側が糸のように伸びているのも特徴の一つです。釣り方は甘鯛と同じで、砂地質の底層付近を天秤仕掛けで狙うのが基本となります。


疣鯛(イボダイ)

イボダイ(エボダイ)
出典:PIXTA
疣鯛(イボダイ)は、スズキ目イボダイ亜目イボダイ科イボダイ属に属する鯛。ねばねばとした粘液を出すのが特徴です。狙って釣る方法は確立されていませんが、アジを狙うようなサビキ仕掛けで、夏の夜に釣れたという情報があるので狙うときの参考にしてください。


目鯛(メダイ)

メダイ 目鯛(メダイ)は、スズキ目イボダイ亜目イボダイ科メダイ属に属する深海魚。目が大きく目立つことから目鯛の名前が付けられています。水深100メートル以上の深場をオキアミやイカの切り身で狙っていくのが基本で、掛かると強い引きを見せてくれること、またどんな調理法でも美味しく食べられる隠れた人気のある魚です。

的鯛(マトウダイ)

マトウダイ 的鯛(マトウダイ)は、マトウダイ目マトウダイ亜目マトウダイ科マトウダイ属に属する鯛。体の中央に大きな模様があり、これが的に見えることが名前の由来です。ヒラメの泳がせ釣りやジギングでの外道として釣り人には有名ですが、フランス料理ではムニエルの定番として人気の高い美味しい魚です。




鷹羽鯛(タカノハダイ)

タカノハダイ
出典:PIXTA
鷹羽鯛(タカノハダイ)は、スズキ目スズキ亜目タカノハダイ科タカノハダイ属に属する鯛。体に斜めに入った縞模様が特徴で、これが鷹の羽に似ていることから鷹羽鯛の名が付いています。少し磯臭い個体も居ますが寒い時期が旬となっていて、塩焼きやソテーして食べるのがおすすめの魚です。


コショウダイ

コショウダイ コショウダイはスズキ目スズキ亜目イサキ科コショウダイ属に属する鯛。胡椒のような黒く小さな点が体にあることからコショウダイの名前が付けられています。大きさの割には値段が安いですが、上質な白身の美味しい魚です。

ブッコミ釣りやフカセ釣り、時にはルアーでも釣れることがあり、ヒットしたときには強烈な引きを見せてくれます。


コロダイ

コロダイ コロダイはスズキ目スズキ亜目イサキ科コロダイ属に属する鯛。名前の由来は和歌山県でイノシシの子供を「コロ」と呼んでいて、その模様と似ていることから「コロダイ」の名前となっています。

夜に砂地で捕食活動をすることが多いので、底が砂地で岩が点在しているような足場のよい防波堤からの投げ釣りで狙うとよいでしょう。


テンジクダイ

テンジクダイ
出典:PIXTA
テンジクダイは、スズキ目スズキ亜目テンジクダイ科ツマグロイシモチ属に属する最大でも10センチ程度にしか大きくならない鯛です。雄が口の中で卵を保護し、孵化させる特徴があります。釣れたという情報は非常に少ないですが、唐揚げやすり身にして揚げたりして美味しく食べられる魚です。

笛鯛(フエダイ)

フエダイ
出典:PIXTA
笛鯛(フエダイ)は、スズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属に属する鯛です。漢字で笛鯛と当てられていますが、名前の由来は明確にはなっていないようです。産卵で浅場によってくる夏から秋は堤防や磯で、深場に落ちたときは船からジギングやテンヤで狙うことが出来ます。クセのない味で刺身から汁物まで多くの調理法で美味しく食べられます。

黒星笛鯛(クロホシフエダイ)

クロホシフエダイ 黒星笛鯛(クロホシフエダイ)は、スズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属に属する鯛。体にある黒い斑紋が名前の由来で、最大で50センチほどまで大きくなります。見た目が綺麗で透明感のある美味しい身なので、比較的高値でやり取りされます。釣り方は餌でもルアーでも狙えますが、夜に狙ったほうが釣果が良い傾向があるようです。

ウメイロ

ウメイロ
出典:PIXTA
ウメイロは、スズキ目スズキ亜目フエダイ科アオダイ属に属する鯛。熟した梅の実に色が似ていることから「ウメイロ(梅色)」と呼ばれています。船での沖釣りで狙うのが一般的で、サビキ仕掛けをセットしたカゴ釣りがおすすめです。唇が弱いのでヒットしたときにはゆっくりと一定速度で巻き上げてくるのがコツとなります。


目一鯛(メイチダイ)

メイチダイ 目一鯛(メイチダイ)は、スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科メイチダイ属に属する鯛。白く柔らかい身が特徴的な知る人ぞ知る美味しい魚です。投げ釣りやフカセ釣り、タイラバをしていると釣れることがあり、いい出汁が出るので汁物で食べるのがおすすめです。

浜笛吹(ハマフエフキ)

ハマフエフキ 浜笛吹(ハマフエフキ)は、スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科フエフキダイ属に属する鯛。最大で1メートル、10キロ程度まで大きくなります。

沖縄では一般的に「タマン」と呼ばれていて、強い引きの好ターゲットとされています。雑食性のため投げ釣りやルアーで狙うことが出来ますが、とにかく引きがパワフルなため強靭なタックルで挑む必要があります。


鯛の釣り方は様々!

真鯛 今回ご紹介したように『鯛』と言っても非常に多くの種類がいて、それぞれに特徴や釣り方が異なっています。いずれの鯛も味が良いので、釣れたときにはぜひ調理して食べてみてください。有名な鯛から知る人ぞ知る鯛までぜひ一度狙って釣行してみてはいかがでしょうか。

▼真鯛の釣り方はこちら




大漁の真鯛
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!