メダイの美味しい食べ方は?レシピ・釣り方のまとめ

メダイは、イボダイ科の水深100メートル以上の場所に生息する魚。切り身や西京漬け等で店頭にも並ぶ高級魚です。そんなメダイの美味しいレシピや釣り方について詳しくご紹介します。


アイキャッチ出典:ルアーフィッシングFEED

メダイについて

メダイ メダイ(目鯛)は、スズキ目イボダイ科に属しその名前の通りクリクリとしたどんぐりまなこが特徴的な魚。成魚になると最大で1メートル前後の大きさになり、体表からヌルを大量に分泌します。同じ科には高級干物有名なイボダイがいます。

食品スーパーなどで鮮魚として流通する量はそれほど多くありませんが、食味は優れており切り身での味噌漬け、粕漬けなどは良く目にすることができます。また、一部の地方では郷土料理の材料の一つとして用いており、広く食文化を支えている魚でもあります。

メダイの分布・生息域

メダイは、北海道以南の日本近海や東シナ海に広く分布しています。成魚は水深100メートル以深の岩礁帯に棲息していますが、潮の濁りと活性によっては50メートル前後の水深に上がってくることもあります。また、3~400メートルでの深海釣りで金目鯛に混じり釣れることがあるため、遊泳層が非常に広い魚であると考えられています。

メダイの性質

メダイは、孵化してからしばらくは流れ藻などと一緒に表層付近を漂流しながらプランクトンなどを食べ成長します。比較的成長が速く3年ほどで50センチ以上にまで育ち、成長していくに従い深い場所に落ちていきます。成魚になると、主な餌は浮遊する小動物や甲殻類、小魚、イカなどになります。メダイの釣りにおいてはこの食性に合わせた餌を使用します。

メダイの地方名

メダイは、その特徴的な目と丸みを帯びた顔の形から「ダルマ」、「ダルマ鯛」と呼ばれることが多いようです。その他にもアカメダイ(関東・大型)、アオメダイ(関東・若魚)、タルメ(熊本)、セイジュウロウ/メイチダイ(和歌山)、アゴナシ(福島)など、地域によって独特の呼称が数多くあります。

メダイの美味しい料理レシピ

メダイ料理 メダイは、クセのない白身の魚です。新鮮なものは艶のある白身であり、刺身や寿司、カルパッチョなどで非常に美味しく食べれます。また加熱の際にも身が固くならないため、しゃぶしゃぶやから揚げ、ムニエル、煮付けなど、様々な料理に使うことができます。

身体の大きさに対して可食部は多く、骨も柔らかいこともあり、骨を嫌がる方でも食べやすい料理を作ることができるでしょう。アラからは上品でコクのあるダシがとれるため鍋や鍋、みそ汁などがおすすめ。味噌やみりん、醤油などで漬けダレを作り西京漬などを作るのもおすすめです。

幽庵焼き

幽庵焼き(ゆうあんやき)は、酒・醤油・みりんを[1:1:1]の比率で混ぜ、ゆずやカボスなどの柑橘類の輪切りを浮かべた「幽庵地」と呼ばれる漬けダレに漬け焼いたものです。冷蔵庫などで1~2時間ほど漬けてから焼きます。ジップロックなどで漬けこむと効率的。漬けダレは焦げやすいので火加減には注意してください。

メダイの身は過熱による収縮、変形がタラなどの白身魚に比べ少ないため、鍋の具にしても非常に食べやすくおすすめです。クセのないメダイは、昆布だしの水炊きから、カツオダシ醤油の鍋、キムチ鍋など、どのような味付けの鍋にもマッチします。アラなども少し鍋に入れておくとシメの雑炊やうどんなどが一層美味しくできます。

刺身

旬の新鮮なメダイは刺身がおすすめです。脂のノリも非常によく絶品です。また昆布などと一緒に冷蔵庫で寝かした昆布締めもおすすめ。クセのない白身には、昆布のうまみの入りも良く、まろやかな味わいを楽しめます。醤油や醤油ベースの甘辛ダレに漬けたヅケも非常に美味。ワサビの代わりに練りカラシを使った握り寿司にすれば、八丈島名物の「島ずし」の出来上がりです。

唐揚げ

メダイはから揚げにしても非常においしい魚です。骨の無い部分を一口大に切り、醤油などで下味をつけ片栗粉で衣をつけて揚げます。衣にカレー粉を混ぜたり、甘辛ダレなどをかけて食べるのも非常におすすめ。タレなどをつけて食べる場合は下味はなくてもOKです。南蛮漬けにすれば野菜と食べれるのでヘルシーです。

煮付け

鍋にする場合と同様、熱変性による収縮変形が少ないこともあり、煮付けも作り易く、きれいにおいしくできます。酒、醤油、みりん、砂糖、水を混ぜ煮立てた煮汁にメダイの切り身を入れます。カマの部分で作るものおすすめ。しっとりとした身でご飯やお酒によく合うでしょう。タケノコやゴボウ、絹さやなどを入れても良いかも知れません。

メダイの釣り方

メダイ メダイは一年を通して釣ることができる釣り期の長い魚です。遊漁船も、その海域のメインの魚のシーズンが終わり、次の魚のシーズンが始まるまでの間でスポット的に仕立てられることがあります。メダイの旬は地域によって多少前後しますが、概ね秋から初冬にかけて。

この時期では遊漁船が仕立てられることが多いようです。産卵期を迎える前で、脂のノリが非常によくなりますが、旬と言われる季節以外でも基本的に身への脂のノリが良い魚であるため、一年を通して美味しく食べることのできる魚です。

メダイのコマセ釣り

ビシコマセ釣り仕掛けの画像制作:TSURI HACK編集
長さ2~2.4メートル、オモリ負荷80~100号の青物用の竿に中型の電動リールをセットしたタックルがおすすめです。メインラインにはPE5~6号を300メートルほど巻いておきます。コマセビシは80~100号を用意し、片テンビンに取り付けます。クッションゴム2~3ミリをつけハリス5~10号、ハリサイズ10~17号の一本針を使用します。

メダイの泳がせ釣り

泳がせ仕掛け 泳がせ釣りは、コマセ仕掛けのタックルと同じものでも基本的には問題はありませんが、青物などのパワフルなターゲットが掛かることが少なくない為、1ランクパワーを上げたタックルにしておいても良いでしょう。錘100~120号を付けた泳がせ用の胴付き仕掛けにアジやサバ、イカなどの活きエサを付けます。

魚料理の万能選手メダイを釣ってみよう!

メダイ 煮て良し、焼いて良し、刺し身で良しとどんな食べ方でも美味しく食べれるメダイ。釣りにおいても大型のものはパワフルな引きも楽しむできる好ターゲットです。自分で釣れたものであれば調理のし甲斐もことさら。よリ美味しく感じられること間違いなしです。皆様も機会があれば是非メダイ釣りにチャレンジしてみてくださいね。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!

/*20180508*/