ヴァンキッシュFWは巻き心地がスゴイ!トラウトもアジもこれ一台!

ヴァンキッシュFWは、シマノが発売するトラウト専用のスピニングリール。驚くほどの軽い巻きはじめは、気になる方も多いのではないでしょうか。今回、ヴァンキッシュFWの特徴やレビュー、ラインナップをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:Amazon

ヴァンキッシュFWについて

ヴァンキッシュFW
出典:Amazon
ヴァンキッシュFW(フレッシュウォーターチューン)は、シマノが発売するスピニングリール。トラウト専用にチューニングが施され、巻き出しの軽さを追求したモデルです。

ベアリングがグリスタイプからオイルタイプに変更され、16ヴァンキッシュ1000PGSの35ミリのハンドルに対し、17ヴァンキッシュFW1000Sでは45ミリ。自重はやや増えたものの、ノーマルギヤ仕様、ハイギヤ仕様において「巻きの軽さ」を体感できます。

▼シマノハイレスポンスシリーズ最高峰。16ヴァンキッシュを紹介している記事です。

ヴァンキッシュFWの特徴

ヴァンキッシュFWの一番の特徴は、”回転が軽い”こと。ハンドルを回転させ続けるための力を、約25%も減少しています。その他、大きな特徴をご紹介しましょう。

マグナムライトローター

ヴァンキッシュFWのマグナムライトローターの画像
出典:Amazon
シマノリールのハイレスポンスシリーズでも、最高クラスに位置づけられるバンキッシュ。その魅力に大きく貢献するのが、ローターの徹底的な肉抜きにより、軽量化を実現したマグナムライトローターです。

慣性を低減し、剛性を高めたリールの軽さは感度の向上にもつながります。繊細なアタリを、確実にフッキングに持ち込む楽しさを味わうことが出来るでしょう。

大型ドラグノブ

ヴァンキッシュFWのドラグノブの画像
出典:Amazon
ドラグノブを大型化することで、ファイト中のドラグ調整が行いやすくなりました。トラウトフィッシングにおいて不意の大物がフックアップしても、ドラグ調整でやり取りをすることで、細いラインでも確実にランディングさせることができます。

海水使用OK!?

ヴァンキッシュFWのアジングの画像
出典:PIXTA
ヴァンキッシュFWはトラウト専用に開発されていますが、シマノ独自の高性能ベアリングの採用と、外装防腐処理で海水使用が可能です。特にアジングやメバリングなどのライトゲームで活躍するのではないでしょうか。

ヴァンキッシュFWのインプレ

インプレのイメージ画像
出典:pixabay
「驚くほどの軽い巻きはじめ」を謳う『ヴァンキッシュFW』ですが、16ヴァンキッシュと比べてお値段は高め。購入前は使い心地などのインプレションが気になるところですね。ここでは通販サイトに寄せられた、クチコミを抜粋してご紹介します。

巻きは恐ろしく軽い。アジングメインの使用であるが、良くも悪くもアジがかかってもほとんど巻きの重さは変わらずグイグイ寄せれる。ロングハンドルとノーマルギアの相乗効果であると思われる。(出典:Amazon

求めるものが巻きの滑らかさ、巻きのトルク、アクションの俊敏性、リーリングのレスポンスの良さなら満足できると思う。(出典:Amazon

ユーザーの中には、実際にソルトウォーター(アジング)で使ってる人もいるようです。また、巻きの軽さ、レスポンスの良さが挙げている人も。

「手返しの良さと、軽い巻き感のどちらも重視する」方にはうってつけのリールではないでしょうか。

ヴァンキッシュFWのラインナップ

トラウト専用として発売されているヴァンキッシュFWのラインナップは、2機種。それぞれの特徴をご紹介します。

1000S

1000SはヴァンキッシュFWのノーマルギヤ仕様。スプーンやクランクベイトといった巻物中心の管理釣り場において、小さなアタリを確実にフッキングすることに適しています。
ITEM
シマノ ヴァンキッシュFW 1000S
ギア比:5.1:1
最大ドラグ力:3kg         
巻取り長さ:67cm
自重:160g   
ナイロン糸巻量 (lb-m):2.5-140/3-100/4-90
フロロ糸巻量 (lb-m):2-170/3-95/4-75
PE糸巻量 (号-m):0.6-140/0.8-100/1-70


1000SHG

1000SHGはヴァンキッシュFWのハイギヤ仕様。ハイギヤ仕様でありながら”軽い巻き感”を体感でき、手返し良く数釣りを楽しむことができます。

また、バイトが遠くロングキャストを必要とするケースや、手返しの良さを求める場合にも活躍します。
ITEM
シマノ ヴァンキッシュFW 1000SHG
ギア比:6.1:1
最大ドラグ力:3kg         
巻取り長さ:80cm
自重:160g   
ナイロン糸巻量 (lb-m):2.5-140/3-100/4-90
フロロ糸巻量 (lb-m):2-170/3-95/4-75
PE糸巻量 (号-m):0.6-140/0.8-100/1-70

ヴァンキッシュFWは汎用性の高さに注目したいリール!

17ヴァンキッシュFWは、同じギヤ比でありながら”16ヴァンキッシュ”を超える軽い巻き心地を体感できます。ヴァンキッシュFWはトラウト仕様ですが、ソルトでも使える汎用性の高さも魅力。

ソルトウォーターで使うなら、ワーム&ジグよりも、マイクロ系のメタルジグやバイブレーションといった巻物系ルアーとの相性がいいのではないでしょうか。

渓流や管理釣り場のトラウトから、アジング等ソルトウォーターのライトゲームまで……ジャンルにとらわれないアングラーにオススメのモデルです。

関連記事

▽その他、シマノの釣り具について紹介している記事です。


ヴァンキッシュFWの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!