いつもと違う何かがあるかも!?遠征で行きたい『釣りの聖地』5選(2ページ目)

釣り人なら一度は行きたい「釣りの聖地」

日本全国には釣りの聖地と呼ばれる場所が数多く存在します。すべては紹介しきれないので、編集担当の独断で注目のピックアップしてみました。「私の地元が入っていないよ!」と言う方もいるかとは思いますが、ご了承下さい。

長崎県(五島列島)

 出典:PIXTA
黒潮が大きく流れる五島の海は釣り人憧れの地であり、特に、福江島周辺での磯釣りや船釣りは人気です。グレやチヌ、クエなどの大物を狙って全国から釣り人が訪れています。近年では、アオリイカも狙い目。アジングの聖地・壱岐も、依然として人気の高い釣りスポットとなっています。

徳島県(鳴門・淡路島 )

出典:PIXTA
瀬戸内があり、紀伊水道があり、おまけに太平洋岸は黒潮もあたる絶好の釣りスポットです。エギングやタコを狙っての釣りが人気です。また、淡水では日本屈指の吉野川があります。

北海道

出典:PIXTA
天塩川や鬼志別川など、淡水釣りの有名スポットが盛りだくさんあり、なかでも阿寒湖はトラウト類の天国です。また、海では根魚などを狙った釣りもお勧めです。

滋賀県(琵琶湖)

出典:pixabay

滋賀県の有名釣りスポットといえばやはり琵琶湖でしょう。日本一大きな湖であるのと同時に、世界記録のブラックバスが釣れたことでも有名です。西の湖も含め、多くのアングラーが訪れています。

宮城県(牡鹿半島)

出典:PIXTA

宮城県の牡鹿半島は、西側が石巻湾、東側が太平洋という釣りスポット満載のエリアです。多数ある漁港の堤防などから釣りを楽しむことができます。大型のアイナメ、ヒラメやカレイなどが多く釣れています。

わくわくを探しに旅に出よう!

出典:pixabay

池や川、湖、海がそこにあるだけで、釣りをしたくなる。そんな釣り好きな人こそ、見知らぬ釣り場に抱く好奇心は大きいのではないでしょうか。普段の釣り場を離れ、思い切って旅に出ることで、思いもよらない経験が待っているかもしれません。そして、そんな経験が再び、更なる好奇心をくすぐってくれるに違いありません。

関連記事

▼釣旅の足となる車をまとめています。



▼いつもと違う釣りの楽しみ方をまとめています。

2 / 2ページ