ブリを釣りたい!狙える時期と仕掛け・タックルのまとめ

2020/04/22 更新

冬の魚としてお馴染みのブリですが、実は船や岸からでも狙える魚なのです。ジギング等のルアーはもちろん、船でのビシ釣り、岸からはカゴ釣りなど、釣り方も多彩。ブリの釣り方、狙える時期をまとめて紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

ブリ釣りについて

ブリ
出典:PIXTA
ブリは日本全国で釣ることができる大型の回遊魚。幼魚のうちは沿岸ですごし大型になるほど沖合に出ていきます。基本的には船から釣ることが一般的です。臆病でデリケートな反面、非常に好奇心旺盛で獰猛なフィッシュイーターであるためルアーでもエサ釣りでも釣ることができます。

今回は、日本全国で釣ることのできるブリの釣り方を、仕掛けやタックルを含めてここで紹介させていただきます。

ブリの釣り方・仕掛け

ブリ
出典:PIXTA
ブリは大きさは1メートル、重さは10キロを超えることもある大型魚です。ジギング、泳がせ釣り、船釣り、カゴ釣りなどの釣り方で狙う事ができます。ジギングはルアー釣りで、泳がせ釣りはアジをエサにしたエサ釣り、船釣り、カゴ釣りはこませをエサにしたエサ釣りです。

ルアー釣り、エサ釣りいずれの釣り方についても太くて頑丈な竿とライン、それに合ったリールの準備をしましょう。強烈な引きで竿が折れたり、リールが壊れたりすることも珍しくありません。

ジギング

ジギングタックル
出典:PIXTA
ブリはメタルジグを使用したジギングで釣ることができます。リールを一回転巻いて一回竿をしゃくるワンピッチジャークと呼ばれるしゃくり方や、リールを巻きながら激しくロッドをしゃくるじゃ過巻と呼ばれるアクションを駆使してブリを狙います。

場所によってジグの重さは様々ですので、必ず行く前に船宿に確認しましょう。

泳がせ釣り

泳がせ釣り
出典:一俊丸
泳がせ釣りはイワシやアジ、サバ、カマスなどをエサにして生餌を泳がせて釣る方法です。朝一ブリを釣る前にエサを釣ってからブリの釣り場へ行く場合や、船で生き餌を用意してあってそれを使う2パターンがあります。

ポイントはアワセです。前アタリからグングンと竿が入ったら思いっきり合わせましょう。合わせないと針がかかりしません。

船釣り

ビシコマセ釣り仕掛けの画像制作:TSURI HACK編集
船釣りはビシ仕掛けと呼ばれる仕掛けで、ビシカゴにコマセをつめて付けエサにオキアミを使う釣り方です。船長の指示ダナの3~4メートル下でコマセを振ってから、指示ダナまで仕掛けを上げて再度コマセを振ってアタリを待つという釣りです。

付けエサはオキアミを房掛けで使ったり、イカで挟んだりとその日の活性でセレクトします。

カゴ釣り

遠投カゴ釣りのタックル
出典:ダイワ
ブリ釣りというよりは、ブリの若魚であるワカシやイナダをサーフから狙う際の仕掛けです。コマセかごの下にサビキをつけてさらにウキをつけて、一本針をつけます。この一本針は状況によってつけてもつけなくても大丈夫です。

釣り方は船のかご釣りと一緒で、投げてコマセを振ってアタリを待ちます。ウキが走るのですぐわかります。


ブリ釣りのタックル

釣り
出典:PIXTA
一言でブリ釣りのタックルと言っても、釣り方によってさまざまなタックルが必要になってきます。また、地方地方で釣る水深やブリの大きさも全く違ったものになってきます。

微妙なタックルの違いが、釣果に圧倒的な差が出てしまう釣りでもあります。この記事を参考に、必ず必要なタックルの詳細を船宿や釣具屋さんで確認をしておきましょう。

ブリのジギングタックル

ジギングタックル ブリジギングにはスピニングタックル、ベイトタックル両方使います。使い分けとしては、スピーディーにジグを動かして反射的に食わせるときはスピニングタックル、スローに食わせで誘う場合はベイトタックルを使用します。

メインラインはPE3号から4号程度を使用しますのでそれに合わせて、ロッドとリールをセレクトしましょう。

ブリの泳がせ釣りタックル

泳がせ釣りタックル スピニングリールで泳がせを行うところもありますが、基本的には電動リールを使用したタックルが一般的な泳がせのタックルです。PEラインの6号程度のメインラインを使用しますので、PE6号が200メートル以上はいる中大型の電動リールをセレクトしましょう。

ロッドは2メートル程度の泳がせ竿がおすすめです。

ブリの船釣りタックル

船釣りタックル 船釣りはビシカゴ仕掛けと呼ばれる、コマセを振ってブリを釣る方法が用いられます。メインラインがPE3号から5号程度を使用しますので、メインラインが200mほど入る電動リール、もしくは両軸リールを用意しましょう。

ロッドは3メートル前後の長さで、錘負荷30号から50号程度のロッドをセレクトしましょう。

ブリのカゴ釣りタックル

カゴ釣りタックル ブリのカゴ釣りはサーフや磯から遠投して、沖にいるブリを狙います。そのため長いロッドを使用して、ラインもPEラインを使用し可能な限り細くして飛距離を稼ぐ必要があります。

投げ竿の4m程度の竿やルアーロッドの11フィート程度のロッドにPEライン2号が200メートルほど入るリールが必要になってきます。

ブリの時期

ブリ
出典:PIXTA
ブリは、出世魚の一番大きいサイズの名称です。関東では同じ魚を30センチくらいまでを「ワカシ」、30センチ以上60センチ未満までを「イナダ」、60センチから80センチくらいまでをワラサ、それ以上のサイズを「ブリ」と言います。時期によって釣れるサイズが違ってくるのが特徴で、春はワカシ、夏はイナダ、秋はワラサ、冬はブリとなり季節が進むにつれて釣れるサイズが大きくなっていきます。

小さいワカシやイナダの時期は湾奥でも釣れますが、大きくなるにつれて外洋を好むようになるため、船で沖合を狙うのが一般的です。ただし、急深な地形の磯やサーフ、堤防ではベイトフィッシュの接岸に追従してブリも接岸することがあるため、タイミング次第では岸からブリを狙う事も可能です。

誰もが釣りたい魚ブリ

ブリ
出典:PIXTA
マグロやカツオなどと並んで食卓にならぶ高級魚の代表格として有名なブリ。釣りをしない一般の方でもブリやハマチの名前は知っているはずです。(ハマチはイナダの関西名です)そんなブリは食味はもちろんですが釣り味も最高のターゲットです。釣りあげた後の楽しみも、釣りあげる醍醐味もブリで味わってみてください。

関連動画

▼サーフからのショアジギ動画はこちら。
by TSURIHACK TV

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
SETTU

釣り大好き!でも下手くそなSETTUです!僕の釣り人生は下手の横好きのど真ん中です!下手くそだって一生楽しむことのできる「釣り」の素晴らしさを頑張って伝えていきたいと思います!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!