【速報】フィッシングショーで18イグジストを実際に触ってきた

以前からSNSやメディアで話題となっていた、ダイワのフラッグシップ・スピニングリール「イグジスト」のリニューアル。この度の2018フィッシングショーで、注目の姿が初披露されました。TSURI HACK編集部では、この新製品の魅力を、ダイワ担当者から直接伺ってきました。また、貴重な実機にも触れてきましたので、その模様をお届けしたいと思います!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK

ダイワの名機「イグジスト」がリニューアル!

撮影:TSURI HACK編集部
以前からSNSやメディアで話題となっていた、ダイワのフラッグシップ・スピニングリール「イグジスト」のリニューアル。この度の2018フィッシングショーで、注目の姿が初披露されました。TSURI HACK編集部では、この新製品の魅力を、ダイワ担当者から直接伺ってきました。また、貴重な実機にも触れてきましたので、その模様をお届けしたいと思います!

ITEM
ダイワ 18イグジスト FC LT2500S-CXH
ギア比:6.2
自重:160g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:87cm
ナイロン糸巻量(lb-m):ナイロン4-150
PE糸巻量(号-m):0.6~200



ズバリここがスゴイ!

LTコンセプトのフラグシップモデル

LTコンセプトの画像
撮影:TSURI HACK 編集部
LTコンセプトとは、ダイワの打ち出す「LIGHT(軽い)・TOUGH(タフ)」コンセプトの頭文字。ボディ・スプール・ハンドルの軽量化を図りつつも、耐久性やパワーに磨きをかけたニューコンセプトです。同コンセプトのリールに18カルディア、18フリームスがありますが、18イグジストはLTコンセプトの最上級に位置するフラグシップモデルです。

モノコック(構造)ボディ

撮影:TSURI HACK
モノコック(構造)ボディとは、1ピースで作ったボディーに大口径のドライブギアを埋め込む新構造。それによりボディの強度や気密性が高まり、ソルト(海水)環境や、ウェーディング等でリールが水に漬かるようような状況でも、高い性能を維持してくれます。ボディー素材はエアメタル(マグネシウム系の合金)で軽さと強さのバランスのとれた素材との事。

マシンカットタフデジギア

出典:ダイワ
ダイワ独自のデジタル設計技術と高精度マシンカット加工によって鍛造されたギヤで、素材は「超々ジュラルミン」。

ロングキャストABS

撮影:TSURI HACK
スプール前方のツバ形状を見直した、新形状のスプール「ロングキャストABS」は、従来のABSスプールに比べて5%の飛距離アップし、さらにスピニングリールのバックラッシュも10%低減されたとのこと。

新形状のドラグノブとATD

撮影:TSURI HACK
ドラグノブが大きくなり、ドラグ調整の操作性が向上。新世代ドラグシステムのATDは、従来のドラグシステムよりも滑り出しがよく滑らかで、ファイト中の魚にスムーズに追従してくれます。

新型形状のアルミMCハンドル

撮影:TSURI HACK
強度を保ちつつ、肉抜された軽量ハンドル。前作の15イグジストよりも強度が高いそうです。

ZAION(ザイオン)製の軽量エアローター

撮影:TSURI HACK
ローターは、前作15イグジストのボディーにも使われていたZAION(高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂)。とても軽量なエアローターで、軽やかな回転を実現させてくれます。

18イグジストのスペック

撮影:TSURI HACK 編集部
品名(番手) 巻取り長さ(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 糸巻き量 PE(号-m) 価格(税抜)
LT2500 73 180 10 1~190 69,000
LT2500-XH 84 180 10 1~190 69,000
LT3000S-C 77 185 10 1~190 70,000
LT3000S-CXH 93 185 10 1~190 70,000
LT3000-CH 85 185 10 1~200 70,000
LT3000-XH 93 195 10 1~200 71,000
LT4000-C 82 205 10 1.5~200 72,000
LT4000-CXH 99 205 10 1.5~200 72,000
FC LT1000S-P 61 150 5 0.3~200 67,000
FC LT2000S-P 64 155 5 0.4~200 67,500
FC LT2000S-H 76 155 5 0.4~200 67,500
FC LT2500S-C 72 160 5 0.6~200 68,000
FC LT2500S-CXH 87 160 5 0.6~200 68,000
18イグジストのファーストラインナップは、FC LT1000S-P~LT4000CXHまでの計13機種。 FCとはフィネスカスタムモデルを差し、13機種中5機種あります。

オリジナルモデル

・マグシールドラインローラーを採用し、ドライブギヤ軸にマグシールドボールベアリングを採用。

フィネスカスタムモデル(FCモデル)

繊細な釣りに特化した軽量ハンドルアームが搭載。あえてマグシールドラインローラー、マグシールドボールベアリングを採用せず軽量化が図られています。

 

18・イグジストのファースト・インプレッション

撮影:TSURI HACK
まず目に飛び込んできたのは、そのボディ形状。モノコック(構造)により、コンパクトになったボディは、丸みを帯びた流線型のラインが際立っています。

撮影:TSURI HACK
カラーリングはオールメタリックシルバーという訳ではなく、メタリックシルバーを基調とし、トーン違いのシルバー、ダークグレーといった配色が使われているように見受けられました。

重さ・巻き心地

撮影:TSURI HACK
まず重量ですが、手に取った瞬間、思わず「軽っ!」と言葉が漏れてしまいました。それもそのはずイグジストの最軽量モデルはなんと150グラム。最大番手のLT4000ですら、205グラムと驚異の軽量化が図られています。

撮影:TSURI HACK
リーリングは、上質な滑らかさの中にも、パワフルな(ギアがしっかりと噛み合っているような)印象を受けました。これも大口径ギアとモノコック構造による恩恵なのでしょうか?

まぎれもない最高峰”イグジスト”

撮影:TSURI HACK
18イグジストは、そのスペックだけを見てもダイワスピニングリールの最高峰として確かな進化を遂げています。是非、みなさんも実機を手に取り、確かめてみて下さいね!
ITEM
ダイワ 18イグジスト FC LT2500S-CXH
ギア比:6.2
自重:160g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:87cm
ナイロン糸巻量(lb-m):ナイロン4-150
PE糸巻量(号-m):0.6~200


▼旧イグジストの記事はコチラ

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!