【速報】フィッシングショーで18・フリームスを実際に触ってきた

以前からSNSやメディアで話題となっていた、ダイワのコスパ最強・スピニングリール「18・フリームス」。この度の2018フィッシングショーで、注目の姿が初披露されました。TSURI HACK編集部では、この新製品の魅力を、お伝えします!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK 編集部

ダイワの注目リール「18・フリームス」がイケてる

フリームスの画像撮影:TSURI HACK 編集部
以前からSNSやメディアで話題となっていた、ダイワのコスパ最強・スピニングリール「18・フリームス」。この度の2018フィッシングショーで、注目の姿が初披露されました。

TSURI HACK編集部では、この新製品の魅力を、ダイワ担当者から直接入手することに成功。また、貴重な実機にも触れてきましたので、その模様をお届けしたいと思います!


18・フリームスはどこがスゴイの?

1.ダイワ最新の「LTコンセプト」を採用

LTコンセプトの画像
撮影:TSURI HACK 編集部
LTコンセプトとは、ダイワの打ち出す「LIGHT(軽い)・TOUGH(タフ)」のコンセプトの頭文字。ボディ・スプール・ハンドルの軽量化が図られ、ボディのマテリアルをよりタフなものへと進化させた新基準とされています。

2. ツイストバスターⅡ

ツイストバスターⅡの画像
撮影:TSURI HACK 編集部
スピニングリールで起こるトラブル「糸ヨレ」。初心者から上級者までも悩ます「ピョン」っと出たアイツ……。そんな宿敵を相殺する機能が、ツイストバスターⅡです。ラインローラーにテーパーが施され、糸をころがす事により、ローラー回転で発生する糸ヨレを大幅に解消!

3. ロングキャスト ABS

ロングキャストABSの画像
撮影:TSURI HACK 編集部
ロングキャストABSとは、スプール前方のツバ形状を見直したことで、従来のABSと比べ約5%の飛距離アップに成功。さらにスピニングリールのバックラッシュ(スプール抵抗の抵抗によりライン放出が妨げられること)の発生率の低減化にも成功し、釣りをより快適にサポートしてくれます。


18・フリームスのラインナップとギア比

フリームスの画像
撮影:TSURI HACK 編集部
LTコンセプトのラインナップ・スプールサイズは、ユーザーにわかり易く手に取ってもらえる様、サイズ表記をシマノ社に寄せて作られています。サイズ感の誤差がなくなることは嬉しいですね!

ギア比と巻上げ長

品番 ギア比 最大巻上長(㎝)
LT1000S 5.2 64
LT2000S 5.2 68
LT2000S-XH 6.2 81
LT2500D 5.3 75
LT2500S-XH 6.2 87
LT2500S-DH 5.3 75
LT3000D-C 5.3 80
LT3000S-CXH 6.2 93
LT3000 5.2 77
LT4000D-C 5.2 82
LT4000D-CXH 6.2 99
LT5000D-C 5.2 87
LT5000D-CXH 6.2 105
LT6000D-H 5.7 101
 

自重

185~330(g)※品番により異なります。

18・フリームスの価格と発売時期は?

メーカー希望販売価格 ¥15,800~20,000(税別)

量販店により販売価格は異なりますが、13,800~17,800円が実売予想ではないでしょうか。エクセラーとEM MSの中間に位置するリールですが、新たな機能が搭載され、注目されるでしょう!

1月18日より店頭販売をすでに開始

18フリームスは、一部量販店で既に店頭に並んでいます! 早い店舗ですと、2018年1月18日から出ています!


18・フリームスのファースト・インプレッション

フリームスの画像
撮影:TSURI HACK 編集部
手に取らせていただき、まず感じたことが軽い! 5000番サイズですが、重みを感じさせないほどの重量です。外見色からは重厚感がありますが、長時間の釣行でも、ストレスなく快適に使えるのではないでしょうか。

巻き心地

フリームスの巻き画像
フリームスの巻きの画像
撮影:TSURI HACK 編集部
最新の「LTコンセプト」のひとつ「タフデジギア」。滑らかな回転が長く続く技術は、クラスを超えたリーリング感覚! 実際に巻き心地を体感させていただきましたが、良すぎてわかりません! 普段使っているリールが古すぎるのかもしれませんが、「軽い!」「滑らか!」

ラインストッパー

フリームスのラインストッパーの画像
撮影:TSURI HACK 編集部
従来までは小さく、留め辛かったラインストッパーが、大きくなり4方向から留めることができます。さらに太いラインも止めることができます。

この値段にこの性能。フリームスはマストバイの一品

フリームスの画像
撮影:TSURI HACK 編集部
ダイワ60周年の革新として発売されるフリームス。価格以上に搭載された新機能の数々は、ハイコストパフォーマンスな1台でしょう! スピニングリールの理想像を具現化。生まれ変わったフリームスを、手に取ってみてください!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!