マルアジとマアジは別の魚?見分け方とマルアジの美味しい食べ方とは

マルアジはアジ科ムロアジ属の魚。釣りをしているとマアジと一緒に釣れてくるため、混同されがちですが、実はマアジとは別の魚なのです。マルアジの見分け方や、美味しい食べ方を紹介します。


アイキャッチ出典:PIXTA

マルアジについて

マルアジ
出典:PIXTA
アジ(鯵)といえば、防波堤や漁港でのアジングやファミリーで楽しむサビキ釣りの対象魚として広く知られる魚。もう「アジとは?」などという説明は不要のメジャーな魚ですが、みなさんが釣っているアジ、実は同じように見えて種類の違うアジがいるということは知っていましたか?

沿岸沿いで釣れるアジには『マアジ』と『マルアジ』の2種類が存在しています。見た目は非常によく似ていますが、マアジは『アジ科マアジ属』でマルアジは『アジ科ムロアジ属』に分類されており、仲間分けすると別の魚なのです。

マルアジの分布・生息域

マルアジは北は青森県から南は沖縄まで、ほぼ日本全国で見かけることができます。内湾の沿岸沿いからやや沖合に生息しており、つまりは「岸から釣れる程度の沿岸沿い」に生息していると考えて間違いありません。

ムロアジは主に外洋に面した沿岸周辺に生息していますが、マルアジの生息域はマアジとほぼ同じです。

どう違う?マルアジとマアジの見分け方

マアジとマルアジの違い マアジとマルアジは、外見上は非常によく似ていますが、見分けるためのいくつかのポイントがあります。

(1)シルエット
マルアジはマアジと比べると若干細長い形をしています。ムロアジが細長いシルエットであることを考えると、マルアジがムロアジ属の魚であることが納得できます。

(2)体型
正面から比較したり包丁で切って断面を見比べたりすると分かりますが、マルアジはマアジと比べて丸みを帯び肉厚です。これが『マルアジ』と呼ばれる由縁だと言われています。

(3)体色、ゼイゴの位置
マルアジは地方によっては『青アジ』と呼ばれており、マアジよりもやや青緑がかった体色を持っています。また、胸びれの先端と体側にある硬い『ゼンゴ(ゼイゴとも)』が始まる位置が離れているのもマルアジの特徴です。

尾びれの手前のヒレがポイント

マアジとマルアジを見分ける一番簡単な方法は「尾びれの手前のヒレ」です。マルアジには尾びれの手前、体高が最も細くなっているあたりに『小離びれ』と呼ばれる小さなヒレがあります。シルエットや体型などは個体差によっては差がない場合もありますが、小離びれがあれば間違いなくマルアジです。

マルアジの釣り方

マルアジ
出典:PIXTA
マルアジの釣り方は、基本的にマアジ狙いの釣り方と全く同じです。ほかの魚を狙っている最中に外道としてヒットしマルアジてしまうほどですから、特に難しさはありません。防波堤・岸壁・船釣り、どの状況からでもオールシーズンでマルアジを狙うことができるので、ぜひ積極的に狙ってみましょう。

マルアジ狙いの仕掛けの基本はサビキ釣り・カゴ釣り。数釣りなら圧倒的にこちらが優位ですが、プラグやワームを使ったアジングも楽しめるので、ルアー釣り派の方もぜひマルアジを狙ってみましょう。

サビキ釣り

サビキの仕掛け出典:ダイワ
マルアジを狙うのに最もメジャーで手軽な仕掛けといえばサビキ釣り。サビキ用のハリスにカゴをぶら下げて、カゴの中にオキアミやコマセなどのまき餌を詰めて落とし込むだけです。あっという間に仕掛けの周囲に魚が集まり、サビキ針にマルアジがヒットします。防波堤や港での落とし込みにはサビキ釣りがベストですね。

カゴ釣り

遠投カゴ釣りのタックル
出典:ダイワ
足元の魚影が薄い時はカゴ釣り仕掛けで少し沖目に投げてみましょう。カゴ釣りは遠投して着水した地点からカゴに詰めたまき餌が出るので、青物釣りなどではメジャーな仕掛けですが、足元に寄ってこない良型のマルアジを狙うこともできます。

投げサビキ

サビキ仕掛け 数釣り可能で釣果があがるサビキ釣りは、防波堤や船からの落とし込みが基本。ところがサビキ釣りの仕掛けでは陸から30m以上の沖を回遊するマルアジを狙うことができません。そこで活躍するのが投げサビキです。

サビキの仕掛けに遊動式のウキをセットして飛距離を伸ばす投げサビキなら、陸から少し離れた沖目を回遊するマルアジを狙うことができます。

マルアジの美味しい食べ方

マルアジ マルアジは、年間を通じて味が安定しているマアジと比較して「美味しくない」と評価されることがあり、スーパーの鮮魚コーナーなどでは叩き売り同然の値段で売られていることがあります。

ところが、マアジの味がやや落ちる秋から春の寒い時期に旬を迎えるマルアジは、マアジと比べるとやや血合いが大きいものの、しっかりと脂が乗った上に肉厚。旬を見定めればマアジよりもマルアジのほうが美味という人も少なくありません。

旬の時期にはぜひ味わって頂きたいマルアジの食べ方を紹介しましょう。

刺身

アジの刺身
出典:PIXTA
マルアジはマアジと比べると肉厚。やや血合いは大きめですが、マルアジの旬である秋から冬の間はマアジよりも脂がのっていて美味です。市販であれば鮮度が高いものを選ぶ必要がありますが、釣りたてのものなら味は保証付きです。良型であればぜひおすすめの食べ方です。

なめろう

アジのたたき
出典:PIXTA
青魚が生臭く感じるという方におすすめなのが房総半島周辺の郷土料理であるなめろうです。マルアジを3枚におろし、醤油・味噌・ショウガやシソなどの薬味と一緒に包丁で細かく叩くとなめろうの出来上がり。そのまま食べればおつまみに、ご飯に乗せれば何杯でも食べられる逸品です。

塩焼き

塩焼き
出典:PIXTA ※画像はイメージです
旬の時期のマルアジは脂がのって肉厚なので塩焼きにするとホクホクとした食感が楽しめます。冬場にはマアジよりもマルアジを好んで食べる方もいるほどです。塩焼きにする時は、塩を振って数時間は密閉し塩をなじませるとより美味しく焼き上がるので、ぜひ試してください。

フライ

アジフライ
出典:PIXTA
身の色合いからマアジを赤アジ・マルアジを青アジと呼ぶ地方があるように、マルアジは身がやや青黒いものがあり、見た目が悪く感じられることがあります。

マルアジの見た目が気になる方は、塩コショウ・小麦粉・溶き卵・パン粉をつけて油で揚げてアジフライにしましょう。特にマルアジのフライは皮目に独特の風味があって美味です。

マルアジの違いが見分けられれば釣り玄人?!

マルアジ 釣り方は全く同じマアジとマルアジですが、見分け方を知っていると釣り場でヒーローになれるかもしれません。また、違いを理解していればさらに美味しく食べる事ができます。

釣り場でアジが釣れたら、マルアジなのかマアジなのかまずは見分けてみるのも面白いですね!

マルアジ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!