【レオブリッツ】小さいのにトルクフル!ハイパワーな電動リールとは

2019/04/25 更新

レオブリッツは、ダイワが発売するハイパワー・ハイパフォーマンスの電動リール。コンパクトなボディながらも、充実のスペックに気になられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はダイワのレオブリッツシリーズをご紹介いたします。


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

レオブリッツについて

ダイワならではのノウハウと、テクノロジーを詰め込んだ快適JOG電動リール「レオブリッツ」。手巻きリールのようなコンパクトさに、電動ならではのパワーとスピードを併せ持つ、ハイコストパフォーマンスの電動リールです。ダイワが誇るテクノロジーが、レオブリッツには惜しみなく投入されています。

レオブリッツの特徴

■JOGレバー
レオブリッツの特徴の画像
出典:Amazon
従来は本体右上にあったパワーレバーをセンターに配置し、ジョグダイヤルを採用。親指で簡単に操作ができます。クラッチのオン・オフや、タナを切る・タナを取り直す、合わせる、巻き上げる、といった様々な基本動作が、親指1本で可能です。
■ブリッツモーター
レオブリッツのブリッツモーターの画像
出典:Amazon
ハイパワーブラシモーターを採用することにより、瞬時に動力をギアに伝達することが可能に。タイミングを逃すことなく、アングラーの思うままに巻き上げを行うことができます。
■ATD
ATDの画像
出典:Amazon
オートマチックドラグシステム(ATD)とは、魚の引きに合わせてスムーズに作動し、滑らかに変化しながら効き続けるドラグシステム。「糸切れ防止装置」の機能を越え、速く、そしてバラさないためのドラグです。
■アルミラウンドノブ
アルミラウンドノブの画像
出典:Amazon
高級感あるアルミラウンドノブは、しっかりと握り込むことのできる丸型形状のハンドルノブで、疲れにくく、大型魚相手でも安定した巻き上げ力を生み出します。金属製なので、コマセなどの汚れを落としやすい点も魅力ですね。
※レオブリッツ300J/500Jに標準装備されています。

レオブリッツ 150J/150J-L

150J/150J-Lは、ナイロン3号で200メートル巻くことのできるスペックです。シリーズ最小のコンパクトさですが、そこに秘められたスピードとパワーはなかなかのものです。水深100メートル程度までの近海フィールドで、マダイやヒラメを狙ったタイラバやテンヤ、その他、カレイなどのエサ釣りに適しています。

150J

コンパクトボディに秘められた、ハイスピード、ハイパワー!!
ITEM
ダイワ レオブリッツ 150J
ギア比:4.8:1
最大ドラグ力:7kg
自重:455g
ブライトライン糸巻量(号ーm):2-200 / 3-150
ナイロンライン糸巻量(号ーm):3-200 / 4-140

この間、使ってみて、かなりよかったです。グルクン釣りで使い、手返しが早く、なんと言っても、ジョグですね


150J-L

コンパクトボディに秘められた、ハイスピード、ハイパワー!左ハンドルバージョンです!!
ITEM
ダイワ レオブリッツ 150J−L
ギア比:4.8:1
最大ドラグ力:7kg
自重:455g
ブライトライン糸巻量(号ーm):2-200 / 3-150
ナイロンライン糸巻量(号ーm):3-200 / 4-140

イカ専用に電動リールが欲しくてこの商品を選びました。まだ使用していませんが今から楽しみです。


レオブリッツ 200J/J-L

200J/J-Lは、ナイロン3号で250メートル、4号で170メートル巻くことのできるスペックです。水深100メートル超までの近海フィールドにおいて、タイラバやテンヤ、エサ釣りに適しています。

200J

電動ライトゲームの決定版! コンパクトボディながらハイパワー!!
ITEM
ダイワ レオブリッツ 200J
ギア比:4.8:1
最大ドラグ力:8kg
自重:450g
ブライトライン糸巻量(号ーm):2-300 / 3-200
ナイロンライン糸巻量(号ーm):3-250 / 4-170

200J-L

電動ライトゲームの決定版!左ハンドルも登場!!
ITEM
ダイワ レオブリッツ 200J-L
ギア比:4.8:1
最大ドラグ力:8kg
自重:450g
ブライトライン糸巻量(号ーm):2-300 / 3-200
ナイロンライン糸巻量(号ーm):3-250 / 4-170

レオブリッツ300J

コンパクトボディながら、十分なラインキャパシティを持ったレオブリッツ 300J。ナイロン3号を400メートル巻くことのできるスペックです。近海はもちろん、200~250メートル程度の中深海フィールでも活躍。アカムツ、クロムツ、アマダイなど、ターゲットも広がります。

300J

コンパクトで十分なラインキャパ! アルミラウンドノブ標準搭載!!
ITEM
ダイワ レオブリッツ 300J
ギア比:4.4:1
最大ドラグ力:10kg
自重:545g
ブライトライン糸巻量(号ーm):3-400 / 4-300

ジョグの反応が良すぎる。リールはサミングする癖がついていたので、意図せぬときにジョグパワーレバーのスイッチが入ります。まぁ、自分の癖を直せばいいことなので・・・・電動リールとしては機能、重量等期待どおりでした。



レオブリッツ 400/S400

クラスを超えたハイパワー&ハイスピードを実現。低重心設計のボディにより、手持ちライトタックルがより快適に! マグマックスモーターにより大型魚にも負けないタフさとパワーを実現しつつ、繊細な出力調整が可能に。マグマイト構造ではモーター駆動効率アップによりさらなるパワーとスピードアップを実現しました。
※400シリーズはジョグレバーはありません。

400

よりパワフルかつ攻撃的に! ハイスペック・ハイパフォーマンスモデルが登場!!
ITEM
ダイワ レオブリッツ 400
ギア比:4.4:1
最大ドラグ力:12kg
自重:665g
ブライトライン糸巻量(号ーm):3-500 / 4-400 / 5-300 / 6-230
ナイロンライン糸巻量(号ーm):5-400 / 6-300 / 7-250

レオプリッツ400を使ってみて、不満な所はほとんどありません。使い勝手はジョグでないので、誤操作がほとんどありません。ジョグはつい指が当たりトラブルが多くあえて選ばなかったのですが、正解でした。


S400

基本性能充実の万能400サイズ! 周年使えるPE専用リールです!!
ITEM
ダイワ レオブリッツ S400
ギア比:3.6:1
最大ドラグ力:10kg
自重:550g
ブライトライン糸巻量(号ーm):4-350 / 5-300

パワーは必要十分。ラインキャパもOK。音も昔のダイワリールに比べれば煩くは無いので満足しています。ハンドルもT字型ではなく、なおかつレベルワインド滑らかに可動。この価格帯の電動リールだとダントツトップだと思う。


レオブリッツ 500J/S500/S500J

大型青物、マダイ、クロダイなどパワーを必要とされるターゲットまで見据えた500サイズ。どんな相手でも、絶大な安心感を持って戦うことのできる武器となります。アジやイカから、パワー自慢の青物、そして中深海のキンメ、ムツなど、幅広いターゲットを狙うことができる、オールマイティに使えるサイズです。

500J

怒涛のパワーを備えた500サイズ! パワー自慢のアイテムです!!
ITEM
ダイワ レオブリッツ 500J
ギア比:3.7:1
最大ドラグ力:15kg
自重:805g
ブライトライン糸巻量(号ーm):4-500 / 5-400 / 6-300
ナイロンライン糸巻量(号ーm):6-350 / 7-300 / 8-250

5回ほどマイカ釣りで使用しました。とても軽やかで、かつ、パワフルです。とても気に入ってます。


S500

ハイパフォーマンスの500サイズ! フカセ釣りにも対応します!!
ITEM
ダイワ レオブリッツ S500
ギア比:2.8:1
最大ドラグ力:10kg
自重:740g
ブライトライン糸巻量(号ーm):5-350 / 6-300
ナイロンライン糸巻量(号ーm):6-330 / 7-300

リールは軽くシンプルで使いやすいデザインですね。これからの釣り釣果が楽しみですね!


S500J

怒涛のパワーを兼ね備えたハイパフォーマンスの500サイズ! あらゆるターゲットが狙います!!
ITEM
ダイワ レオブリッツ S500J
ギア比:3.7:1
最大ドラグ力:15kg
自重:795g
ブライトライン糸巻量(号ーm):4-500 / 5-400 / 6-300
ナイロンライン糸巻量(号ーm):6-350 / 7-300 / 8-250

中深海で使用しましたが(PE2号900メートル巻きました)やはりパワーはありますね!


ハイパフォーマンス電動リール【レオブリッツ】で、快適な釣りを!

海釣りの画像 電動リールの基本性能を充実しつつ、コンパクトでありながらハイスピード&ハイパワーを実現! さらに、フカセなど繊細な釣りまで楽しむことができる機能も搭載! 片手で扱うことのできるリールなので、手持ちライトタックルで、快適に釣りを楽しむことができるアイテムとなっています。ラインナップも豊富なので、ぜひ一つ、押さえておきたいアイテムです。

▼おススメの電動リール特集!

    紹介されたアイテム

    ダイワ レオブリッツ 150J
    ダイワ レオブリッツ 150J−L
    ダイワ レオブリッツ 200J
    ダイワ レオブリッツ 200J-L
    ダイワ レオブリッツ 300J
    ダイワ レオブリッツ 400
    ダイワ レオブリッツ S400
    ダイワ レオブリッツ 500J
    ダイワ レオブリッツ S500
    ダイワ レオブリッツ S500J
    \ この記事の感想を教えてください /
    GOOD! BAD
    レオブリッツの画像
    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    グランダー三平

    三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!