シャルダスは巻くだけで表層を攻略!20と14の使い方とは?

シャルダスはブルーブルーのシーバス用の表層攻略ブレードベイト。20と14の2サイズがあり、遠投性能の高さと巻くだけの簡単な操作が特徴です。各サイズと使い方を紹介します。


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

シャルダスについて

シャルダス シーバスフィッシング界の理論派こと村岡昌憲プロが立ち上げたブランド『ブルーブルー』のシーバス用ルアー『シャルダス』は、表層攻略用のブレードベイト。コンパクトながら圧倒的な遠投性能に加えて、デッドスローなただ巻きでブレードが猛烈にアピールします。

全長75ミリ・自重3/5オンス(18グラム)の『シャルダス20』と、全長60ミリ・自重1/2オンス(14グラム)のダウンサイズ版『シャルダス14』の2サイズがラインナップされており、釣り場のコンディションやプレッシャーによってサイズを変更することが可能となっているのも人気の秘密でしょう。

シャルダス20

シャルダス20
出展:ポイント
これまでのブレード系ルアーといえばディープレンジでの使用が一般的でしたが、ブルーブルーはシャローレンジでのブレードによるアピール力に注目。

遠投が求められるシャローゲームに対応するため、コンパクトボディながらブレードによる空気抵抗を極限に抑えて遠投性能を高め、30センチというシャローレンジを攻め込むために生み出されたのが『シャルダス20』です。

リトリーブを開始すると素早く浮き上がり、ブレードが引き起こす波動と鮮烈なシルエットがスレたシーバスの興味をそそります。メタリックやビビッドカラーのラインナップでナイトゲームでのアピール力も申し分なし。シャローゲームなので底を擦ることもなしの優秀なルアーなのです。

【シャルダス20のスペック】
長さ75ミリ
自重18グラム
フックフロント#6/リア#6(ダブルフック)
対応レンジ30センチ
ITEM
BlueBlue シャルダス 20
全長:75mm
自重:18g

ハイプレッシャーなメジャーフィールドで使用。周りが釣れない中、水面直下をスローにリーリングするとヒットを連発!!シャルダスすげー!某ビッグリバーでの出来事です。一人勝ちできました。本当にどうもありがとうございました。


シャルダス14

シャルダス14 シャルダス20のダウンサイジング版『シャルダス14』。全長60ミリのコンパクトなボディにも関わらず、シャルダス特有の遠投性能やシャローをデッドスローで引くことができるシャルダスの血統をそのまま受け継いだルアーです。

シャルダス14はシシャルダス20と比較すると浮力が弱く、レンジも50センチと若干深めをスイムさせることができます。

一定速度を超えると浮力が強くなりレンジを外れることがあったシャルダス20の弱点を克服したシャルダス14は、シャロー攻略用ブレードベイトの決定版と言えるでしょう。
【シャルダス14のスペック】
長さ60ミリ
自重14グラム
フックフロント#8/リア#8(トレブルフック)
対応レンジ50センチ
ITEM
BlueBlue シャルダス 14
全長:60mm
自重:14g

シャルダスの使い方

シャルダスで釣れたシーバス シャルダスの基本的な使い方は「ただ巻くだけ」。村岡プロが「小学生でも使えるルアー」と説明しているとおり、ただ巻くだけでブレードが起こす波動によってスレたシーバスの食い気を刺激する猛烈なアピール力を発揮します。

従来のブレード系ルアーはメタル素材のものが多く、シャローでアピールするには早巻きするしかありませんでした。

シャルダスは、リトリーブを開始するとファットボディが水の抵抗を受けることで素早く浮き上がるため、シャローレンジをスローに、ただ巻くだけでハイアピールに攻略することが可能になっています。

シャルダスで表層を攻略!

シャルダス シーバスフィッシングの一つの課題である「表層攻略」。

これまでブレードベイトといえばある程度のディープレンジで威力を発揮してきましたが、シャルダスは「シャローでスローに使えるブレードベイト」という新たな選択肢となり、あなたの釣果を上げるリーサルウェポンとしてタックルボックスに忍ばせてみてはいかがでしょうか!

紹介されたアイテム

BlueBlue シャルダス 20
BlueBlue シャルダス 14
シャルダス
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!