からまん棒ってどんな役割があるの?仕掛けを図解で解説!

【からまん棒】は釣りの仕掛けに使うアイテムで、主にウキ釣りで使われます。からまん棒の役割って?と思った方は必見!今回はからまん棒の役割と使い方、おすすめの商品をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:Amazon

そもそもからまん棒って何?

ウキフカセ釣りの仕掛けに使うからまん棒 ウキ釣りでよく使われるからまん棒。その名前の通り「からまん=絡まない」、仕掛けを絡まないようにするアイテムです。機能は非常にシンプルで、簡単に言うと、ウキのストッパーです。これを付ける事により、仕掛けの絡みが大きく軽減します。小さいけれども、とても大きな役割を果たすアイテムなのです。

からまん棒の役割とは

からまん棒の役割はどんなものがあるでしょうか?例えば、透明度が高いポイントでメジナを狙う場合、明るい色のからまん棒でウキより先に仕掛けの動きを把握し、アタリを取るという上級テクニックもあります。このように仕掛けの重要な要素であるからまん棒ですが、ここではその代表的な役割をご説明します。

仕掛けとの絡み防止

絡みを防止するからまん棒 からまん棒はウキのストッパーです。このストッパーがない場合、仕掛けを投入した時や水中での沈下の際に、ウキが仕掛けに接触して絡まってしまう可能性が非常に高くなります。遠投の場合はなおさらです。そこで、からまん棒の出番です。ウキと仕掛けとの接触が避けられますので、仕掛けの絡みが大きく軽減されます。

ウキ止めとして

ウキ止めとしての役割を持つからまん棒 からまん棒のもうひとつの代表的な役割は、ウキ止めとしての機能です。からまん棒はウキ下に付けますので、万が一仕掛けが切れてしまった場合でも、ウキがそこで止まって、流されてしまうことが少なくなります。根がかりなどによるウキのロストもなるべく回避することができます。

からまん棒を使った仕掛け

からまん棒を使用した仕掛けのイラスト
出典:Amazon
からまん棒は、主に絡みやすい棒ウキ仕掛けの際に使われます。付け方はとても簡単!道糸に、まずはウキ用スイベルを通し、次にからまん棒のゴム2つを通します。仕掛けができたら、ウキをセットして、からまん棒の棒をゴムに通すだけです。ウキのトップがスイベルに届かない位置にからまん棒をセットするとよいでしょう。

おすすめのからまん棒

からまん棒は絡み防止でもあり、仕掛けの場所を確認できるアイテムでもあります。そのため、黄色や赤、オレンジなど視認性の高いカラーが好んで使われます。またゴムにも色々と工夫が施され、潮を受けることで沈みやすい形状、あるいは抵抗をなくして自然に沈む形状など、仕掛けの潮への馴染ませ方にも変化を与える事ができます。
元祖!フカセ釣り専用のからまん棒!!
ITEM
釣研 からまん棒

釣り時に使用してとてもとても便利で気に入りました。他の方にも推薦します。


水面下での視認性に優れ、ラインへのダメージも軽減!
ITEM
釣武者 ムーブストッパー(からまん棒)

二段ウキ仕掛けに便利なロングタイプ!
ITEM
釣研 フカセからまん棒ロング

絡まん坊としては良いと思いますブランドメーカーなんで安心して使えます。


からまん棒を爪楊枝で代用

爪楊枝で代用したからまん棒
提供:T-demachi
糸を多少傷つけてしまうのがネックですが、ゴム管と爪楊枝でからまん棒の代用が可能です。ゴム管を短く切って、爪楊枝を適当な長さで折って差し込むだけです。急な釣行でからまん棒を買いに行けないときなどは便利です。ゴム管と爪楊枝を常に携行しておくと、釣り場でからまん棒の持ち合わせがない時など、とても重宝しますよ。
ITEM
ダイトウブク アメ色ゴム管

からまん棒を使ってウキ釣りを快適に

釣り人
出典:pixabay
仕掛けが絡むと時間を取られ、大事な時合いを逃しかねません。からまん棒を使って、快適なウキ釣りを楽しみましょう。特にウキフカセでは、からまん棒の選択が釣果を左右する事すらあります。小さいけれど、大きな活躍をするアイテムです。からまん棒をさりげなく使いこなして、上級者に一歩近づきたいですね!

釣研のからまん棒
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!