ブースターブレードは魔法のルアー!?ただ巻きで釣れる秘密とは

ブースターブレードはテールブレードが特徴的なバレーヒルのI字系ルアーです。55、77、130のサイズバリエーションごとの違いと、使い方や釣るためのポイント、使用するのに適したタックルをまとめて紹介します。


アイキャッチ出典:バスフィールド

ブースターブレードについて

ブースターブレード
ブースターブレードはバレーヒルのバス用ルアー。リップ無しのボディにトレブルフック、テールにはスイベルで接続されたブレードが装着され、特徴的な形状をしています。サイズは55ミリ、77ミリが現行モデルとしてラインナップ。過去には130ミリのサイズもリリースされていました。一見するとどう使うのか判断が難しく、特に関東エリアでは使っている人も少ないマイナーなルアーですが、実はただ巻きだけで釣れる魔法のようなルアーなのです。

ブースターブレード55

ブースターブレード55
出典:7PALMS
現行ラインナップの小さいほうのサイズがブースターブレード55です。全長55ミリ、自重5.7グラムのシンキングで、スピニングタックルで使用します。使い方は至ってシンプルで、投げて一定スピードで巻くだけ。所謂I字系に分類されるアクションでテールブレードが回転し、フラッシングと振動で魚にアピールします。一方ボディは実際のベイトフィッシュに近い食わせサイズで、寄せた魚に違和感を与えません。ヘッドのフラット面は水を受ける事で浮き上がりやボディのロールを抑え、現実の魚に近い存在感を生み出しています。
ITEM
バレーヒル ガイドプライド ブースターブレード55 01:エスケープシャイナー
全長:55㎜
自重:5.7g

ITEM
バレーヒル ガイドプライド ブースターブレード55 A01:ブーストギル
全長:55㎜
自重:5.7g

ITEM
バレーヒル ガイドプライド ブースターブレード55 P03:蓮菜ワカサギ
全長:55㎜
自重:5.7g


ブースターブレード77

ブースターブレード77
出典:7PALMS
全長77ミリ、自重9.5グラム、シンキングでMLクラスのベイトタックルでも扱えるサイズ。I字系のルアーとしてはやや大きめのサイズになりますが、ベイトフィッシュのサイズが大きいフィールドや、秋等の魚が散っている状況ではこちらのに分があります。基本アクションは55ミリと同じで、投げて一定スピードで巻くだけ。バスが小魚を追い回している時や、スピナーベイトやクランクベイト等通常の巻物ルアーではアピールが強すぎる、かと言ってワームじゃ魚に気づかれない・・・という状況で活躍するルアーです。
ITEM
バレーヒル ガイドプライド ブースターブレード77
全長:77㎜
自重:9.5g

ブースターブレード130

ブースターブレード130
出典:7PALMS
ブースターブレードの最大サイズ。全長130ミリ、自重16グラム、重心移動機構を採用しロングキャストも可能なモデルです。かなり大きいサイズのベイトフィッシュをバスが追い回している時や、広大なストレッチからバスを探すような釣りをするとき、リップ付きのルアーでは底を叩きすぎてしまう状況で威力を発揮します。メーカーでの生産が現在はストップしているため、ショップで新品を入手するのは難しいですが、ネットオークションや中古ショップに出回っている事がありますので、そちらをこまめにチェックすると良いでしょう。

ヤフーオークションでブースターブレード130を探す

ブースターブレードの使い方・タックル

ブースターブレード55

ブースターブレードの使い方

基本はただ巻きでOKです。リトリーブスピードはその時の状況を見てスローからファストまで試してみましょう。使いどころとしては、クリア~ステインの水質で、ウィード等の障害物の上を通るベイトフィッシュを演出すると良いでしょう。また、バスの活性が高い時は水面に飛び出す寸前の早巻きが効果的。早巻きでルアーのアクションが動きが崩れた瞬間にバスのスイッチが入り、追ってきたバスが一気にバイトしてくる事が多いそうです。

タックル

ブースターブレード55はスピニングタックルのL~MLクラス、77はスピニング、またはベイトフィネスやML程度のベイトタックルが適しています。最大サイズの130はM~MHクラスのベイトタックルがベストマッチでしょう。ブースターブレードは魚が突進するようにバイトしてくる事が多いため、特にベイトリールは巻き合わせがしやすいハイギアやエクストラハイギアがおすすめです。

ブースターブレードは魔法のルアー

ブースターブレード77 ブースターブレードは、投げて巻くだけのシンプルな操作で不思議なほど魚を連れてくる魔法のようなルアーです。また、琵琶湖で開発されたルアーであるため、西日本のアングラーにはある程度の知名度がありますが、一方で東日本では使っている人があまりいないルアーです。バス釣りにおいて、魚が知らないルアーを使うのは釣れるコツの一つでもあります。通っているフィールドでまだブースターブレードを使っている人がいなければ、爆釣のチャンスかもしれませんよ!

ブースターブレード77
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!