ウッカリカサゴ!?名前の由来ってなに?釣っておいしく食べよう

ウッカリカサゴはカサゴとよく似た魚。カサゴは知っていても、この魚について聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか?気の抜けた名前からは想像できない、「しっかり」した味わいが特徴です。今回はウッカリカサゴの調理法、釣り方などについても紹介します。


アイキャッチ画像出典:釣り船たいし丸

ウッカリカサゴとは

ウッカリカサゴ
出典:PIXTA
ウッカリカサゴはカサゴ目メバル科に属する海水魚。カサゴととてもよく似ていますが、異なる種です。一般的には、カサゴと区別されずに流通していると言われています。ここではウッカリカサゴの特徴や生態についてご紹介します。

ウッカリカサゴの特徴

体長は30~40センチ、大きいものは50センチ以上の個体もいます。頭部が大きく、背・腹・尻ビレなどに鋭い棘があります。体色は水深によって橙から赤色、褐色など様々。体表には白い斑紋、周囲には暗色の縁取りがあります。

ウッカリカサゴの生態・生息域

日本では宮城県以南の東シナ海・瀬戸内・山陰などの、水深50~150メートルの岩礁域で生息しています。肉食性で、甲殻類・小魚などを大きな口で捕食します。体内で孵化するまで育てる卵胎生で、稚魚になってから産まれます。

ウッカリカサゴの名前の由来

ウッカリカサゴという面白い名前は、「カサゴとの違いに気がつかず、うっかりしていた」ことに由来します。魚類学者・安部宗明が和名を整理していたところ、カサゴとよく似たルックスのため、同じ種類だと勘違いしたそうです。地方では、カサゴより沖にいることから「オキガシラ」や「オキボッコ」とも呼ばれています。

ウッカリカサゴの旬はいつ?

年中通して美味しく食べることができる魚ですが、旬は秋から冬と言われています。

ウッカリカサゴとカサゴの違い

カサゴの模様の画像
出典:ダイワ(カサゴの模様)
体表の白い斑紋の周りに、暗色の縁取りがあるのが「ウッカリカサゴ」の特徴。カサゴの白い斑紋はぼやけており、縁取りがありません。また、ウッカリカサゴのほうが体長が大きく、深い水深を好みます。

ウッカリカサゴの料理

ウッカリカサゴは透明感のある白身で、適度に脂がのった美味しい魚。さまざまな味付けにマッチします。残ったアラからは美味しいダシもとれますので、無駄にすることなく味わうことができます。

ウッカリカサゴの味噌汁

ウッカリカサゴの味噌汁
出典:PIXTA
シンプルな味噌汁は、「アラのダシ」を余すことなく味わえる調理法。ひとたび頬張れば、奥深い香りが広がります。寒い冬などにいただきたい料理です。

ウッカリカサゴの刺身

ウッカリカサゴの刺身
出典:PIXTA
鮮度が良いウッカリカサゴは、お刺身でいただきましょう。淡白な身質は、皮をサッと炙ってもおいしくいただけます。皮を引き、昆布締めにすると、また違った味わいを楽しめます。

ウッカリカサゴの塩焼き

ウッカリカサゴの塩焼きの画像
出典:PIXTA
身離れが良いため、とても食べやすいウッカリカサゴの塩焼き。皮目に独特の風味があるため、塩焼きにすると頭まで美味しく食べることができます。

ウッカリカサゴの仕掛けと釣り方

ウッカリカサゴのタックルの画像
出典:ダイワ
ウッカリカサゴを釣るには、オニカサゴや、太刀魚を狙う際のタックルセッティングが使えます。使用する竿は2.1~2.7メートル前後で先調子、300番クラスの電動リールを組み合わせましょう。岩礁帯の底を探るように、オモリで底を軽く叩きながら釣るのが基本です。

■オニカサゴの釣り方について詳しく解説しています。

■ウッカリカサゴは鮮度落ちが早いため、釣ったら下処理をしましょう。

ウッカリカサゴを釣ってみよう!

ウッカリカサゴを釣っている画像 ウッカリカサゴとカサゴの見分けをつけるのは、なかなか難しそうです。見分けが付くようになったら、釣りの楽しさも増しますね!ぜひ特徴や違いを覚えて、ウッカリカサゴ釣りを楽しんでください。

ウッカリカサゴの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!