八郎潟のバス釣り!おかっぱり実績スポットと有効なルアーって?

東北を代表するフィールド八郎潟。その人気は日本中からバスアングラーが訪れるほどです。今回はおかっぱりスポットを中心に、ハチロー水系で使いやすいルアーも併せてご紹介いたします。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

八郎潟とは

八郎潟の画像
出典:PIXTA
八郎潟とは、秋田県男鹿半島にある湖。八郎潟調整池、東部承水路、西部承水路の三つの水域に分かれています。以前は琵琶湖に次ぐ大きさを誇っていましたが、埋め立てを行ったことにより水域は減少してしまいました。ショアラインの長さは、現在でも日本最高クラスのフィールド規模です。

八郎潟のオカッパリは東部がおすすめ!

オカッパリで行くなら、東部承水路がおすすめです。足元が護岸で整備されている場所が多く、西部承水路に比べて足場がいいためです。護岸の沖側に広がるハードボトム(ゴロタ石)を、テンポよく探ることが、バスをキャッチする近道となります。

八郎潟の主なストラクチャー

八郎潟は典型的なシャローフラットレイク(地形に変化が少なく、水深が浅い)。岸際に点在するストラクチャーを釣ることが、王道の攻め方です。ここでは、代表的な三つのストラクチャーについて解説します。

アシ際を手返し良く探ろう

八郎潟の葦の画像
出典:PIXTA
八郎潟の岸際は、そのほとんどをアシで覆われています。しかし、どこにでもバスがいるわけではありません。「凹みなのか、出っ張りなのか?」「際にいるのか、少し離れたブレイクにいるのか?」など…当日の魚のポジションを、見極める必要があります。

ゴロタ場はフィーディングエリア

ゴロタ石は、八郎潟の代名詞的ストラクチャー。アシと同じく広大に広がっているため、クランクベイトや、スピナーベイトでテンポよく探りましょう。バスの活性が高い、朝夕のマズメ時にはトップウォーターで表層を探ってみるのもおすすめです。

水門・橋脚も見逃さずにチェック

アシやゴロタ石を攻略することが、八郎潟ではメインの釣り方。それゆえに、アングラーからのプレッシャーが高いことも事実です。そんな時は、水門や橋脚などの「人工ストラクチャー」も忘れずに探ってみましょう。水が動いている水門周りは、濁りが入った時などに有望なスポットです。

八郎潟のおかっぱりスポット

八郎潟のバスの画像
出典:PIXTA
八郎潟でおかっぱりが楽しめる場所をご紹介します。岸からエントリーできる場所が少ないため、流入河川や、橋脚、水門周りをメインに攻めてみましょう。くれぐれも、周辺住民の迷惑にならないよう、駐車場所には気をつけてください!

馬場目川河口


馬場目川は、アシとゴロタ石が広がるポイント。河口域は川から流れてくるエサとなるベイトが集まりやすく、格好のフィーディングスポットとなります。スピナーベイトやクランクベイト、トップウォーターなどを駆使して、効率よくバスをキャッチしましょう。

妹川河口


流れの効いた妹川河口域。水深の変化があり、バスの回遊エリアとなっています。隣を流れる「豊川」までの護岸が、主なストラクチャーです。ここでも馬場目川と同じく、ファーストムービング系ルアーが活躍します。

豊川河口


八郎潟の中でも、比較的水深の深いエリアと言える豊川河口。足元から水深2~3メートル、緩やかなブレイクを形成してます。岸と並行にキャストを繰り返し、手早く探りましょう。

天王東排水場


天王東排水場は、ボトムの地形変化に富んだポイント。水深1~3メートルと起伏があり、目に見えないゴロタ石やテトラなどにバスが潜んでいます。シャロー側はバスのスポーニングエリアになっているため、春に実績の高いエリアです。

八郎潟で有効なルアー

八郎潟で実績の高いルアーをご紹介!広大に広がるリップラップや、アシを攻略するためには、ファーストムービングルアーが欠かせません。また、ここぞというスポットはワームを使い、じっくりと攻めてみましょう。

クランクベイト

クランクベイトは八郎潟のストラクチャーと相性のいいルアーです。ゴロタ石などの障害物を、リップと浮力で回避します。中層を泳がせたり、ボトムノッキングをさせたりと、使い方の幅が広いのも魅力。魚のレンジに合わせ、最適なモデルをチョイスしましょう!

■高い基本性能で人気のクランクベイト
ITEM
OSP ブリッツ MR
全長:51.5mm
自重:9.5g

スピナーベイト

ウィードレス性能の高いスピナーベイトは、アシ際を攻略するのに最適なルアー。引くレンジを自由に調整できるため、幅広い水深にマッチします。クランクベイトとうまく使い分けることで、様々なストラクチャーを攻略できます。

■スピナーベイトの王道
ITEM
ノリーズ クリスタルS シャローロール
自重:10g

スピナベの中でも魚に気づかせてバイトさせる力が強いです。マッディシャローでここがスピナベの出しどころと思ったらこいつを投げ倒すと何度も良い思いをしています。


フロッグ

八郎潟のアシ際をストレスなく攻略するなら、フロッグがおすすめです。ウィードレス性能が高く、込み入ったカバーにも投げることができます。根がかりを恐れず、タイトなアプローチでバスの水面バイトを誘いましょう!

■誰でもイージー・ドッグウォーク!
ITEM
ダイワ Dフロッグ
全長:60mm
自重:17g

年中水草びっしりの近所の野池で、みんなブロック投げたおすから超ハイプレッシャーですがこいつは見事食わせました。


高比重ワーム

高比重ワームのノーシンカーは、アシ際攻略のフォローベイトとしておすすめ。ゆらゆらと落ちる姿で、無防備なエビを演出します。とくにアフタースポーン(産卵後)で、魚が浅いレンジに浮いている時などに活躍するルアーです。

■バックスライド系の代名詞!超定番ワームです!
ITEM
ゲーリーヤマモト ファットイカ
サイズ:100mm

ファットイカはいつの季節でも非常に有効で愛用しています。


ストレートワーム(ネコリグ)

ネコリグは、食わせの最終手段として用意しておきましょう。八郎潟のストラクチャーと相性が良く、ウィードレスフックを使うことで、カバーに潜むバスを丁寧に誘うことができます。天候などの急激な変化があり、バイトが遠のいた時などに試してみたいルアーです。

■自発的に動く唯一無二のワーム
ITEM
OSP ドライブクローラー 4.5インチ

年末までに揚げた魚の8割がこいつのジグヘッドワッキーでした魚には何かたまらない魅力を発しているようです。



もっと楽しむならボートもおすすめ

ボートから釣っている画像
出典:PIXTA
いかがでしたでしょうか?今回はおかっぱりポイントをメインに取り上げてみました。岸からの釣りも魅力的ですが、ボートからアプローチすることで、さらにキャッチできるバスが増えるかもしれません。また、初めて挑む場合には、ガイドサービスを利用するのもおすすめです。みなさんも、パワフルなハチローバスとの駆け引きを楽しんでください!

八郎潟の画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
KAZUKI
KAZUKI

釣り大好き32才のKAZUKIです! 10才の頃のバスフィッシングブームに乗っかって釣りを始めました!ですので、キャリアは20年以上になる訳なのですが、僕の釣り人生は下手の横好きのど真ん中です!下手くそだって一生楽しむことのできる「釣り」の素晴らしさを頑張って伝えていきたいと思います!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!