ヒガンフグは高価で美味しい?カットウ釣りのタックルをチェック

日本各地に生息するヒガンフグ。トラフグに次ぐ高価なフグとして知られるヒガンフグですが、一部地域では食用を禁止する県もあります。今回はヒガンフグの毒性、釣り方、おすすめの食べ方をご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK 編集部

ヒガンフグとは

投げ釣りで釣ったヒガンフグ ヒガンフグはフグ目フグ科に属する魚です。高級なことで有名なトラフグに次ぐ高価なフグとされており、その味はとても美味なフグとしても知られています。

分布・生息域

穏やかな湾内 ヒガンフグは日本各地に生息しています。浅い岩礁帯や藻場に生息し、甲殻類などをエサとしています。そのため、ウキ釣りや投げ釣りで釣れてくることも多いフグです。特に関東の釣り人の間では「アカメフグ」と呼ばれます。
※標準和名で「アカメフグ」は別種で存在します。

特徴

船釣りで釣れたヒガンフグ ヒガンフグは最大で30センチ程度まで大きくなります。体色は黄や茶を帯びた褐色で、眼球部分は橙から赤色を帯びているのが特徴のヒガンフグ。他のフグと同じように水や空気を含んで体を大きく膨らませて、外敵から身を守ります。

生態

ヒガンフグは春の彼岸の時期になると、沿岸部の砂浜やゴロタ場で産卵を行います。この時期を過ぎた後の個体は味が落ちるため、時期によっては市場に出回る事が少なくなります。

ヒガンフグの毒性と部位

注意
出典:PIXTA
ヒガンフグは多くのフグと同様に毒性を持っています。この毒は、テトロドトキシンと言い、とても強い毒性を持っています。季節や個体によって差がありますが、素人では調理することが出来ません。テトロドトキシンは加熱しても分解されないので注意が必要です。

【注意!】フグを判別するのは素人では難しいので、必ずフグ調理師免許を有する人に判別してもらい、調理してもらいましょう。

ヒガンフグの部位

ヒガンフグは主に内臓に毒を持っています。肝臓と卵巣は猛毒、皮膚と腸は強毒、精巣は弱毒とされています。食べられるのは筋肉部分のみとなっています。

【注意!】岩手県、宮城県で漁獲された個体は毒性が強く食用不可に指定されています。

ヒガンフグの旬と価格とは

ヒガンフグは春の彼岸の頃に良く取れることが名前の由来とされています。旬は冬から春にかけてで、釣りのシーズンもその時期となります。10月から3月にかけて、浅い岩礁帯で専用仕掛けを使いエサで船から狙うのが一般的となっています。

トラフグの次に高価なヒガンフグ

ヒガンフグの味はトラフグにも引けを取らないほど美味しいと言われています。トラフグよりも比較的安価にその食味をを楽しめる為、下関をはじめ、各地で人気の高いフグです。

ヒガンフグのカットウ釣り

ヒガンフグのカットウ釣り カットウ釣りとは、エサに寄ってきた魚の体に針を引っ掛ける釣り方です。カットウ針という魚を引っ掛けることを目的とした大きな針が付いているのが特徴です。上手くエサに魚を寄せることと、寄ってきた魚を上手く針に引っ掛けるテクニックが必要となる釣り方です。

竿

ヒガンフグのカットウ釣りでは長さ1.8メートル程度までの竿を使うのがおすすめです。調子は先調子が良く、繊細なアタリを取りつつ、しっかりと力のある胴で針を引っ掛けることが出来る竿を選んで使ってみましょう。

しなやかな穂先のカットウ釣り専用ロッド
ITEM
ダイワ アナリスター カットウ H-145
全長:1.45m
自重:90g
継数:2本
仕舞寸法:77cm
錘負荷:25-30号


リール

リールは小型の両軸リールを使うのがおすすめです。ハンドル1回転あたりの巻き取りが多いもの(ハイギアモデル)がおすすめです。ラインはPEライン1号を基本としておくと大型がヒットした時でも安心です。

タナ取りスイッチが付いた低価格帯リール
ITEM
アブガルシア アンバサダー レッドマックス船
ギア比:7.1:1
自重:229g
最大ドラグ力:6.8kg
巻取り長さ:78cm
PE糸巻量(号-m):1-200

仕掛け

仕掛けはカットウ釣り専用のものを使います。カットウ釣り専用の仕掛けの特徴はオモリが上にあり、その下にカットウ針が付いていることです。オモリの部分に寄せるためのエサを付けるものが一般的です。好みによって食わせ針を付けるのも良いでしょう。

速く沈んで掛かり抜群の専用仕掛け
ITEM
ダイワ 快適カットウ仕掛けSS 25号 L

基本的な釣り方

ヒガンフグのカットウ釣りでは、アオヤギ等の貝餌を使用します。釣り方は、底まで仕掛けを沈めて、エサをヒガンフグに見つけてもらえるように竿を上下に動かして誘ってみましょう。フグのアタリは小さいので、小さなアタリをいかに取れるかが釣果を左右します。アワセは竿を持ち上げるように入れるのがコツとなります。

ヒガンフグの美味しい料理

ヒガンフグの身は透明感があり非常に美味しいものですが、テトロドトキシン毒性があるため、必ずフグ調理師免許を持つ方に捌いてもらいましょう。相乗り船の船長はフグ調理師免許を持っていることも多いので、対応できるかどうか確認してみましょう。

薄造り

ヒガンフグの薄造り ヒガンフグの本来の味を楽しめるのが薄造りです。釣ってから冷蔵庫で1日以上寝かせてから食べると甘味が増してより美味しく食べることが出来るのでおすすめです。

ちり鍋

ヒガンフグの身が適度にしまって食べられるのがちり鍋です。ヒガンフグの身のぶつ切りをわけぎと一緒に、昆布だしや酒、塩といったシンプルな味付けで煮込み、ポン酢で食べると絶品です。

味噌汁

SH3B0124
出典:釣具のポイント※画像はイメージです。
ヒガンフグはとても美味しい味わいが楽しめる味噌汁もおすすめです。昆布だしで水から煮出すと美味です。ぶつ切りにした身がプリプリで、良質な出汁も楽しめる一品です。

ヒガンフグを狙ってみよう!

ヒガンフグは、カットウ釣りという専用仕掛けを使っています。他のエサ釣りとはまた違ったテクニックが必要となり、掛ける楽しみが魅力です。自分で釣ったヒガンフグの味はさらに美味しさを増したものになるのではないでしょうか。ぜひ専用タックルでヒガンフグを狙って釣行してみてください。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!