ボラはどんな魚?釣り人の嫌われ者が実は美味!?その調理方法とは

ボラは釣りで外道とされてしまう代表魚。釣れても臭くて食べれないことが、嫌われる原因でしょうか…。今回はボラがどの様な魚であるか、人気の料理などもご紹介します。


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

ボラについて

ボラの魚体の画像
出典:PIXTA
ボラは、ボラ目ボラ科に属する魚。全長平均は50センチ前後で、最大で80センチ以上まで成長。水の汚染に強い体質であり、海水域から淡水域まで姿を見ることができます。
ボラの群れの画像
出典:PIXTA
魚体の特徴は細長く、断面は頭部で背中側が平たい逆三角形、尾部では紡錘形をしています。食性は雑食。水底に積もった着藻類を主な餌とし、吸いこむ摂食形態をしています。

ボラの生態

ボラの生態の画像
出典:PIXTA
暖かい海域を好み、熱帯・温帯に分布するボラは、ほぼ世界中の河口や内湾の汽水域に生息(幼魚は群れで淡水域まで遡上)しています。日本では北海道以南、黒潮の影響を受ける海域でその姿を見ることが出来ます。

ボラがジャンプする理由は?

ボラは水面近くを群れで泳ぎ回り、水面上を体長の2~3倍もの高さでジャンプする習性が知られています。外敵や物音に驚いたりであるとか、体についた寄生虫を落とすためであるなど、様々な説が唱えられてますが、ボラがジャンプする原因はいまだにはっきりとは解明されていません。

ボラは出世魚

ボラの幼魚の画像
出典:PIXTA
ボラは、スズキやブリなどと同様に出世魚。地域によって呼び名は変わりますが、関東では「オボコ → イナッコ → スバシリ → イナ → ボラ → トド。」関西では「ハク → オボコ → スバシリ → イナ → ボラ → トド」の順に成長。ボラは大きくなるにつれて名前が変わりますが、最終的には「ボラ」ではなく「トド」になります。

ボラの地方名(方言)

日本の沿岸であれば北海道を除いたほぼすべての地域で見る事が出来るボラは、各地で様々な呼び名が付いています。

イセゴイ(関西地方)、ナタネボラ(愛媛県)、マボラ(広島県)、ツクラ(沖縄県)、クチメ、メジロ、エブナ、ハク、マクチ、クロメ、シロメなどです。

ボラが嫌われてしまう理由

嫌いをイメージする画像
出典:PIXTA
ボラが「釣れても嬉しくない。」と思っている方も多いのではないでしょうか? 本来ボラは高級魚として重要な食料源でありましたが、高度経済成長期の水質汚染などによって泥臭い魚というイメージがつき現在では市場にはあまり出回らない魚になってしまったのです。
綺麗な海の画像
出典:PIXTA
悪いイメージがついて中々口にすることがないボラですが、東海以南では食用として親しまれ、狙って釣る人もいます。水質のいい海で釣れたボラはイメージを払拭するほどの脂が乗り美味で刺身は絶品です!

ボラの人気料理

ボラ料理の画像
出典:PIXTA
一昔前には高級魚としても取引されていたボラ。ここでは美味しく食べるためのレシピをご紹介! 水質の綺麗なところに生息しているボラは刺身でも味わうことができます。子持ちのボラは「カラスミ」がオススメ! 国産のものになると150グラムで1万円以上の高級品も自宅で作れてしまうので是非チャレンジしてみてください!

ボラの旬はずばり冬!

水質のいい環境で漁獲されたボラであれば美味しく食べられるということは、沿岸部より外海のボラの方がより美味しいと解釈して間違いないでしょう。さらに冬場のボラは体中に脂を蓄えており、その味は鯛やヒラメを凌ぐとまで言われるほどの絶品。

美味しいボラは「外海で獲れた寒ボラ」と覚えておくと良いでしょう。

ボラのお刺身

ボラの刺身の画像
出典:PIXTA(画像はイメージです。)
上質な脂がのった冬のボラ「寒ボラ」は刺身がオススメ! 臭みは少ないですが、気になる場合は、コチュジャン酢などのタレを付けて食べると美味しく食べることが出来ます。

楽天レシピ:ボラの昆布〆 レシピ・作り方

ボラのから揚げ

ボラのから揚げの画像
出典:PIXTA(画像はイメージです。)
歯ごたえのある白身は、唐揚げもオススメ! 生姜を入れることで香りのいい美味しい唐揚げに仕上がります。

楽天レシピ:ボラのから揚げ レシピ・作り方

ボラの味噌汁

ボラの味噌汁の画像
出典:PIXTA(画像はイメージです。)
たくさん釣れたらボラのアラと贅沢に身も使った味噌汁! ボラだけでもいいのですが、お好みの野菜などを入れるとさらに美味しく頂けます。

楽天レシピ:ボラの味噌汁 レシピ・作り方

ボラのカラスミ

ボラのからすみの画像
出典:PIXTA
カラスミを通販などで買うと外国産で1箱3000円~5000円、国産魚卵で1箱1万円以上とかなりの高級品です。子持ちのボラを手にされて際は、是非調理してみてください!

楽天レシピ:高級珍味(ボラのカラスミ)の作り方 レシピ・作り方

ボラが釣れたらリリースせずに食べてみよう!

ボラ釣りの画像 ボラが釣れたらすかさずリリースをしている釣り人も多いでしょうが、実は高級魚とされている美味な魚なのです。水質によっては臭みがありますが、冬場は最も脂がのった良い身になります。ボラが釣れたらリリースではなくガッツポーズ!? 次の週末には外道のボラが、主役に変わるのではないでしょうか。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!