ズボ釣りの画像

ズボ釣りって知ってる?チヌやスズキを効率よく狙うならコレ!

2022/10/20 更新

ズボ釣りは主に関西の海で人気の釣り方。スズキやチヌを狙うのに効果的で、初心者でも簡単に魚を手にすることができます。複数の竿で、それぞれ違う水深を狙うため、当日の魚の位置が把握しやすいのもメリット。読めばきっと、試したくなること間違いなしです!

目次

アイキャッチ出典:釣具のポイント

ズボ釣りとは

ズボ釣りの解説画像

制作:TSURI HACK編集部

ズボ釣りとは堤防で、複数の竿を並べておこなう釣り。関東では聞きなれない言葉ですが、大阪湾など関西の釣り場では盛んに行われています。長さを変えた仕掛けを、同時に投入できるため「効率のいい釣り」と例えられることがあります。

ズボ釣りの特徴

複数のタックルを用意し、それぞれ狙う水深を変えて釣るのが「ズボ釣り」の特徴。どのレンジ(水深)に魚がいるのかを、効率的に知ることができます。アタリが出るのを、のんびり待つだけではなく、こまめにエサを交換したりする必要があります。竿が多い分、忙しい釣りともいえるでしょう。

ズボ釣りはチヌやスズキに効果的

ズボ釣りのスズキの画像

ズボ釣りは、エサを求めて回遊している魚を待ち構える釣りです。スズキやチヌなどは、堤防際の周りをエサを探しながら回遊しています。特に大阪湾や東京湾などは足場が良く、垂直な堤防が多いのでズボ釣りに向いています。身近に環境の整った釣り場があれば、チェレンジしてみましょう。

ズボ釣りの竿やリール

ズボ釣りのタックルの画像

制作:TSURI HACK編集部

ズボ釣りは堤防際に仕掛けを落とすため、イカダ用の竿を使用します。リールは操作性のよいチヌ用の小型リールが良いでしょう。使い心地をそろえるため、なるべく同じタックルで揃えていただくのがおすすめです。

ズボ釣りの竿

1.6メートル~1.8メートルほどの短竿が向いています。大きな魚が掛かった場合は穂先を魚に向け、強烈な引きに対応しましょう。

ズボ釣りに適したシマノのイカダ竿

シマノ アドバンス イカダ 73-180

全長:1.8m
自重:105g
継数:2本
仕舞寸法:106.0cm
錘負荷:0-2号
適正ハリス:0.8-2.5号

ズボ釣りのリール

ズボ釣りは遠投をしない釣りです。そのため、仕掛けを「落とす・巻く」といった動作がスムーズな、両軸リールを選んでください。道糸は2.5号前後が使いやすいでしょう。

ズボ釣りにはチヌ用両軸リールがおすすめ!

シマノ チヌマチック 1000XT

ギア比:6.2
自重:200g
最大ドラグ力:0.6kg
巻取り長さ:58cm
フロロ糸巻量(lb-m):2-120/2.5-100/3-80

ズボ釣りのハリス(糸)

ハリスは1.5号から2号を使用。中通しオモリのストッパーから1ヒロ程度の長さを結びましょう。

ズボ釣りに最適なフロロカーボン!

東レ トヨフロン スーパーLハード

ズボ釣りの竿受け

ズボ釣りの竿受けは、1メートル間隔で竿を置けるものがおすすめです。1本1本を、独立して置けるモデルを選びましょう。

堤防からのズボ釣りに向いた竿受け


竿受けは釣り場によって向き・不向きがあります。詳細は下記リンクでご確認ください。

ズボ釣りで使うエサ

ズボ釣りではオキアミなどのエビ類を使います。付けエサだけでなく、撒き餌用のコマセも忘れずに持っていきましょう!

ズボ釣りの付けエサにはエビがおすすめ!

マルキュー くわせオキアミ スーパーハード


スズキ・チヌに有効!オキアミについての詳しく解説している記事です。

その他、ズボ釣りに役立つ記事はこちら!

ズボ釣りのコツ

ズボ釣りのタックルを用意しているところ

出典:PIXTA

ズボ釣りのポイントの選び方、釣り方のコツを紹介します。コンクリートでできた堤防にも1級のポイントがあり、竿を出す場所で釣果が変わることもあります。コツを覚えてから釣り場に向かいましょう。

ズボ釣りのポイント

■垂直護岸や防波堤から釣ろう
ズボ釣りは、堤防際のエサを求めてくる魚に効果的な釣法。港湾部の垂直護岸、防波堤からエントリーしましょう。
■垂直護岸の切れ目は一等地
垂直護岸・堤防の切れ目は1級ポイントです!時間に猶予があれば、前日に下見をしてポイントを定めておいてもいいでしょう。
■本流筋に流れ込む、支流を意識しよう
回遊魚のルートを意識することは、ズボ釣りにとって大切なことです。「本流に流れ込む支流筋」が回遊コースになっていることが多く、見つけたら必ずチェックしてみましょう。

ズボ釣りのセッティング

ズボ釣りのセッティングの画像

制作:TSURI HACK編集部

■並べる間隔は1メートルを目安に
竿を並べる間隔は1メートル前後がベスト。近すぎると、竿どうしの糸が絡むなどのトラブルに繋がります。間隔を空けすぎると、餌の付け替えなどで手間がかかってしまいます。適度な距離を見定めましょう。
■それぞれのタックルでタナ(水深)を変えよう
当日の魚のポジションを知るために、それぞれの竿で仕掛けのタナを変えてセッティングしましょう。反応のある水深を見極め、効率よく釣りを楽しむことができます。

ズボ釣りでチヌ・スズキを釣ってみよう!

ズボ釣りのスズキの画像

関西で盛んなズボ釣りは、「スズキ・チヌ釣りをとにかく沢山釣りたい!」というアングラーにおすすめな釣法です。初心者はもちろん、中・上級者アングラーの方も、その奥深さに夢中になってしまいますよ。お近くの堤防で、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?