【電車結び】PEとリーダーの結束方法!気になる強度は大丈夫?

初めてラインシステムを組まれる方にオススメな電車結び。エギングやアジング・メバリングなどのソルトゲームにもオススメです。ここでは、初めて電車結びに挑戦される方にも解りやすく解説していきます。


アイキャッチ画像制作:asasei

電車結びについて

電車結びの画像
提供:asasei
電車結びは別名ダブルユニノットとも呼ばれる、異なる2つのラインを結節する場合に用いられる基本的な結び方です。ラインの結節方法は多数ありますが、初心者にわかりやすいユニノットを繰り返すというわかりやすさで、釣り初心者ならまず覚えたい結び方です。エサ釣りからルアーフィッシングまで幅広く使え、ラインが高切れした場合の応急的な結節方法としてマスターしておくと便利ですよ。

電車結びの強度

電車結びの強度の画像
提供:asasei
電車結びは強度的にどうなのでしょうか。比較のためにFGノットと比べてみましょう。印象としていかがでしょうか。上の電車結びは名前のように、ラインを「連結」している感じですね。下のFGノットはいかがでしょう。ラインを「編み込む」感じに見えませんか。「連結」だと結節部にテンションが集中しますが、「編み込み」だと結節部を締めるという形でテンションを分散させると考えられます。よってFGノットの方が強度が強いようです。

電車結びのダブルライン

電車結びのダブルラインの画像
提供:asasei
電車結びは最初に2つのラインを並行にするノーマルな方法と、2つのラインをループ、そこから電車結びする方法があります。後者をダブルラインといい、電車結びのダブルラインを、電車結び(改)などと言います。ラインを2重にして強度が増すイメージですが、メリットは強度が増すのではなく、結び易くなるぐらいです。

電車結びの結び方

電車結びはナイロンライン同士の結節や、フロロライン同士、またはナイロンラインとフロロラインを結ぶ場合は有効な方法です。ナイロンラインやフロロラインは急激にテンションがかかってもある程度の伸びがあり、一点に力が集中しやすい電車結びの弱点をある程度カバーできるからです。まずは現地で使いやすく、時合いなのに急なライン破断ですぐ復旧したい場合は、電車結びをマスターしておくと役立ちます。

電車結びの結び方 画像解説!

電車結びは釣り初心者なら知っておいて損はない基本的な結び方です。では、その手順を確認していきましょう。
手順1.
電車結びの手順1の画像提供:asasei
まず、結びたいラインの端糸を並行に揃えます。
手順2.
電車結びの手順2の画像提供:asasei
次に一方のラインでループを作り、その先端をくぐらせます。
手順3.
電車結びの手順3の画像提供:asasei
さらに数回くぐらせます。合計で3回程度でいいでしょう。
手順4.
電車結びの手順4の画像提供:asasei
もう一つのラインについても同じ事をします。簡単ですね。

手順5
電車結びの手順4の画像提供:asasei
各ラインの端糸を最初はゆるく、ゆっくり引っ張っていきます。こうすることでループがだんだん小さくなっていきます。
*ワンポイントアドバイス!!
一気に引っ張るのはNG!
手順6.
電車結びの手順6の画像提供:asasei
ある程度ループが小さくなったら、各ライン先端を元ラインと平行になるようにもっていき、端糸と元ラインを同時に、最初はゆっくりと徐々に力を加えて引っ張っていきます。こうすることでループによってできたコブが接近していきます。
*ワンポイントアドバイス!!
ナイロンラインなど熱に弱いラインの結節の際は、水を付けて湿らせておく方がいいでしょう。熱による強度低下をある程度防止できます。
手順7.
電車結びの手順7の画像提供:asasei
ループによってできたコブが電車の連結部のジョイントのような形で近接する上の写真のような形になればOKです。最後の仕上げにきつくテンションをかけます。
手順8.
電車結びの手順8の画像提供:asasei
端糸について余分な部分をカットして完成です。

電車結びをマスターしよう!

釣り糸を結んでいる画像
出典:PIXTA
電車結びは初心者にわかりやすく、現地でも作業が容易なライン結節方法の一つです。PEラインとフロロラインを結ぶ場合はFGノットなど摩擦系ノットに分がありますが、ナイロンラインやフロロラインをメインとする釣り人には簡便さでオススメできます。同種のライン同士を結ぶ方法としてマスターしておくといでしょう。

電車結びの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード