ダイワのおすすめクーラボックス14選!釣りでも活躍間違いなし!

ダイワのクーラーボックスのおすすめをご紹介!大きさやタイプが豊富なので自分の釣りスタイルにあったものを見つけやすく、最大手の釣具メーカーということもあり安心して使用することができます。口コミやスペック、解説つきなのできっとあなたの求めるクーラーボックスが見つかるはずです!


アイキャッチ画像出典:daiwa

クーラーボックスは釣りでも大活躍!

ダイワのクーラーボックス出典:上州屋
キャンプやバーベキューと様々なアウトドアで大活躍のクーラーボックス。もちろん釣りでもその用途が様々です。魚を保存するのはもちろんのこと、炎天下の釣りでは冷たい飲み物や冷やしたタオル、氷は重宝します。またクーラーボックスにロッドスタンドやほかの釣具を付けたりステッカーを貼り付けたりと同じクーラーボックスでも釣り人によって見た目は色々。性能や大きさによって使い勝手は大きく変わってきますので、しっかりと選ぶようにしましょう。

ダイワのクーラーボックスは何が違う?

daiwaのロゴ出典:daiwa
大規模釣具メーカーとして日本に君臨し続けるダイワ(Daiwa)。ダイワのクーラーボックスはデザイン性は当然のことながら年々、その保冷力が高まってきています。また、種類が豊富であるため、自分にあった容量、重量のものを選択しやすいのも魅力的。釣りにはかかせないクーラーボックスだからこそ安心のメーカーダイワの製品を使用する釣り人も多くいます。

ダイワのおすすめクーラーボックス紹介!

ダイワ クーラーボックス クールラインII GU GU1300
ITEM
ダイワ クーラーボックス クールラインII GU GU1300
リーズナブルで高機能な万能タイプ!! ・ノンフロンHPウレタン断熱材使用で保冷力約70%アップ(当社同型比)を実現。上ブタが外せて洗いやすいフリージョイント。持ち運びに便利な軽量タイプ。釣った魚を入れるときなどに便利な投入口付き

・自重:3.2kg
・容量:13L
・内寸(cm):17×33×24.5
・外寸(cm):27×45.5×31

主にサーフのキス釣りに使う為に購入しました。重さは、3kgと軽くこまめな移動は苦になりませんし保冷力も大変優れていますので魚の鮮度を保ってくれます。デザインも良くお勧めな商品です。(出典:amazon)

ダイワ クーラーボックス クールライン S600X
ITEM
ダイワ クーラーボックス クールライン S600X
ワカサギや波止での小物釣りなど、様々なシーンで活躍するコンパクトクーラー。上ブタが外せて洗いやすいフリージョイント(クールラインS600X、S800X)、冷気を逃がしにくい便利な投入口付き。

・自重:1.5kg
・容量:6L
・内寸(cm):15×23×17
・外寸(cm):23×31×23

小さくって持ち運びが便利です。保冷力もこの時期の日中で1日中釣りしてても角氷が半分ぐらいしか溶けていないのにビックリ!
蓋も外せてメンテも楽です♪(出典:amazon)


ダイワ クーラーボックス プロバイザー ZSS 2700
ITEM
ダイワ クーラーボックス プロバイザー ZSS 2700
ワンタッチで開く!!軽量・コンパクトなプロバイザー。 クーラー本体に練り込んだ消臭剤が生魚臭成分を反応させ、持続性が高い化学的消臭機能。新構造ワンプッシュロック方式。開け閉めがワンタッチででき、入れ食い時の魚投入がスムーズ。

・容量:27L
・自重:6.7kg
・内寸(cm):25×43×25.5
・外寸(cm):36×57.5×32.5

夏場のフィッシングに最適!消臭効果でこれからの運動会シーズンにも活躍間違いなしです。
魚も仮死状態で持ち帰ってお刺身に!高価ですが一生物です。(出典:amazon)

ダイワ クーラーボックス プロバイザー SU-2100X
ITEM
ダイワ クーラーボックス プロバイザー SU-2100X
水栓は、新方式で手を濡らさず簡単開け閉めが可能。肩ベルトは、取り外し取り付けが簡単

・自重:4.4kg
・容量:21L
・内寸(cm):23.5×36×24
・外寸(cm):35×50×32

車の後部座席へ置いてます。運転席側、後列目側、どちらからも開くのでとても使いやすいです。アウトドアにも持ち運びできて、下からの熱にも対応できているので、かなり満足しています。もっと過酷な環境での使用を試して見たくなる商品です。(出典:amazon)

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
ITEM
ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
高保冷力・多機能のダイワクーラー。片方のフタを開けると反対側が自動的にジョイントロック。フタが取り外せるから丸洗いも簡単。便利なトレー付き。

・自重:5.7kg
・容量:26L
・内寸(cm):21.0×39.0×30.5
・外寸(cm):32.5×51.5×39.5

今までのクーラー(10リットルサイズ)よりもダントツに保冷力有り!1日中車の中に入れてても保冷剤が余り溶けてない。
それに、車のラゲッジスペース(RP3ステップワゴン)にすっぽりサイズ。(出典:amazon)

ダイワ クーラーボックス ライトトランク4 GU3000RJ
ITEM
ダイワ クーラーボックス ライトトランク4 GU3000RJ
容量&高保冷力、さらに極限までの軽量化を図ったクーラーボックス釣りはもちろん、様々なアウトドアレジャーシーンで活躍

・自重:4.8kg
・容量:30L
・内寸(cm):23×52.5×24.5
・外寸(cm):33.5×67×34.5

ダイワのもっと大きいトランク大将のシリーズをすでに持っていて、保冷力は気に入ってるので今回はサブとして購入しました。シマノの同じ価格帯&サイズのは保冷力がイマイチのレビューを色々なサイトで見かけたんでダイワにしました。釣りをされる方へやっぱりダイワの方がお勧めですよ♪(出典:amazon)

ダイワ クーラーボックス トランク大将 SU-4000X
ITEM
ダイワ クーラーボックス トランク大将 SU-4000X
上ブタが分かれる!大物がスッポリ!! 遠征にも最適なシリーズ ”ワイド&ロー”大型専用ロングボディ 。上ブタが2つに分かれ、魚の出し入れなど使い勝手はバツグン!自動ジョイントロックの両開きブタは取り外し簡単で水洗いもらくらく。

・自重:8.6kg
・容量:40L
・内寸(cm):28.5×59.5×23
・外寸(cm):37.5×72×33.5

意外と軽く、使い勝手がよい。
蓋が半分づつ開閉できるタイプを探していました。(出典:amazon)

ダイワ クーラーボックス NSシンクートランク大将II 4300WD
ITEM
ダイワ クーラーボックス NSシンクートランク大将II 4300WD
真空断熱で保冷力約2倍!(当社同型比)真空2面パネル+HPウレタン。 環境にやさしいノンフロン。船や磯場でもしっかり安定!滑り止めラバー付き 底面に滑り止めラバー「ふんばるマン」付き。35リッターは4ヶ所、43リッターは6ヶ所に装備。グリップ力が大幅にアップします。

・自重:7.3kg
・容量:40L
・内寸(cm):24×66×24
・外寸(cm):35×76×32

ロングセラーで多くの釣り人に使用されているという実績もあります。
これで真夏の暑い中での釣行でも安心だし、もしも間違って大真鯛やワラサが釣れても大丈夫だと思います。(出典:amaazon)

ダイワ クーラーボックス PVトランク GU3500
ITEM
ダイワ クーラーボックス PVトランク GU3500
たくさんの魚や中~大型魚が釣れる釣り、あるいは暑い季節のアウトドアレジャーでは大容量でしっかりした保冷力を持ったクーラーボックスが不可欠。高い保冷力で定評のある「プロバイザー」シリーズの35リットルモデルはまさにそんな用途にうってつけ。

・自重:6.4kg
・容量:35L
・内寸(cm):24×55×25
・外寸(cm):32.5×71.5×33

釣り帰りのクーラーが重いので車付きのものがほしかったので購入。でこぼこ道でも楽に弾くことができました。大きさも程よくほとんどの中小物が収まった。(出典:amazon)


ダイワ クーラーボックス スノーライン S300X
ITEM
ダイワ クーラーボックス スノーライン S300X
ワカサギや波止での小物釣りなど、様々なシーンで活躍するコンパクトクーラー ・冷気を逃がしにくい便利な投入口付き

・自重:0.8kg
・容量:2.9L
・内寸(cm):9×17.5×20
・外寸(cm):13×22×26

縦長の小型クーラーボックスはコレだけかと
小型縦長なので自転車のカゴにも入るし電車で気楽にハゼ釣り行くのに便利(出典:amazon)

ダイワ CLアルファ GU1000X LS
ITEM
ダイワ CLアルファ GU1000X LS
使い勝手が良い、両開き上蓋!洗うときも外せて楽々開閉が楽なワンアクションフロントロック500mlペットボトル(8本)が縦置き可能!

自重:2.4kg
容量:10L
内寸(cm):16.5×26×22
外寸(cm):25×37×29

半年ほど使っているが、保冷力は申し分ない。
ロッドスタンドも付いているのでお買い得。(出典:amazon)

ダイワ クーラーボックス ビッグトランク SU-8000
ITEM
ダイワ クーラーボックス ビッグトランク SU-8000
遠征・船(沖)釣り・大型レジャーの決定版!!80cmの青物が曲がらず入るビッグトランク!!

・自重:13.2kg
・容量:80L
・内寸(cm):32.5×79.5×27
・外寸(cm):44×93×40

キャンプやBBQなどアウトドア用として購入しました。冷却能力が高くて大容量なものを探していたらこれにたどり着きました。いかにも釣り道具というデザインのものを避けたかったのでとても気に入ってます。1泊キャンプでも飲み物がキンキンに冷えた状態をキープできるので最高です。(出典:amazon)

ダイワ シークールキャリー II GU2500
ITEM
ダイワ シークールキャリー II GU2500
釣り場まで荷物を持って移動する際、たくさんの荷物も楽に運べる便利なキャリーハンドル&キャスター付きのクーラーボックス。堤防や港での移動はもちろん、電車の改札口も余裕で通れるサイズ設計で電車釣行にも最適。

・容量:25L
・内寸(cm):15.0×38.5×31.0

このサイズでキャリー付きのクーラーを待ってました!
多少重い荷物もネットを使えば、上に乗っけて運べるのですごく重宝してます。(出典:amazon)

ダイワ クーラーボックス DAIWA SURF SU 1100X
ITEM
ダイワ クーラーボックス DAIWA SURF SU 1100X
便利機能満載!投げ釣り専用クーラー ・底面真空パネルとノンフロンHPウレタン断熱材で保冷力約2.3倍(当社同型比)

・自重:3.0kg
・容量:11L
・内寸(cm):16×31×21.5
・外寸(cm):26×42.5×28.5

保冷力は申し分なし。
大きい保冷剤は入らないので、買い換えの必要ありです。
キス釣りには充分です。(出典:amazon)

自分だけの釣りスタイルを楽しもう!

釣りで活躍するクーラーボックス出典:big-surf
クーラーボックスは大きいものから小さなものまで幅広いので自分の釣りスタイルによって分けると使い勝手がよくなります。ダイワ製のものは使用者も多く、信頼度も高いのでおすすめメーカーのひとつです。釣りで活躍間違いなしのひとつは持っておきたいクーラーボックス、しっかりと選ぶようにしましょう。

Trusty Cooler Box

信頼のクーラーボックス

紹介されたアイテム

ダイワ クーラーボックス クールラインII GU GU1300

ダイワ クーラーボックス クールラインII GU GU1300

¥10,800 税込

ダイワ クーラーボックス クールライン S600X

ダイワ クーラーボックス クールライン S600X

¥4,480 税込

ダイワ クーラーボックス プロバイザー ZSS 2700

ダイワ クーラーボックス プロバイザー ZSS 2700

¥36,401 税込

ダイワ クーラーボックス プロバイザー SU-2100X

ダイワ クーラーボックス プロバイザー SU-2100X

¥19,800 税込

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X

¥18,520 税込

ダイワ クーラーボックス ライトトランク4 GU3000RJ

ダイワ クーラーボックス ライトトランク4 GU3000RJ

¥13,800 税込

ダイワ クーラーボックス トランク大将 SU-4000X

ダイワ クーラーボックス トランク大将 SU-4000X

¥29,980 税込

ダイワ クーラーボックス NSシンクートランク大将II 4300WD

ダイワ クーラーボックス NSシンクートランク大将II 4300WD

¥24,850 税込

ダイワ クーラーボックス PVトランク GU3500

ダイワ クーラーボックス PVトランク GU3500

¥22,530 税込

ダイワ クーラーボックス スノーライン S300X

ダイワ クーラーボックス スノーライン S300X

¥3,369 税込

ダイワ CLアルファ GU1000X LS

ダイワ CLアルファ GU1000X LS

¥10,990 税込

ダイワ クーラーボックス ビッグトランク SU-8000

ダイワ クーラーボックス ビッグトランク SU-8000

¥42,471 税込

ダイワ シークールキャリー II GU2500

ダイワ シークールキャリー II GU2500

¥14,140 税込

ダイワ クーラーボックス DAIWA SURF SU 1100X

ダイワ クーラーボックス DAIWA SURF SU 1100X

¥26,800 税込

関連する記事

ダイワのクーラーボックス
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海釣りから川釣りまで幅広く釣りを愛す。釣りセットを持って全国を回るのが趣味。最近は自分で釣った魚を食べるために料理も研究中。自然と触れ合いながらフレッシュな記事を目指して執筆中。