水中カメラは外遊びも安心!防水性能、シーンで選ぶ13選

水中カメラは防水性能に優れており、水辺でのアクティビティはもちろん、キャンプ・登山といったアウトドアでも活躍します。色々なメーカーから、おすすめの水中カメラを13機種選んだので、用途に合う機種を探してみませんか?


水中カメラ、本当に必要?

ダイビングや釣りでの水中撮影をはじめ、プールやビーチでの撮影、キャンプや登山でも安心して使用できるのが、水中カメラです。様々なメーカーから防水仕様のカメラが発売されているので、ご自身の用途にあったカメラを選びましょう。

そもそも水中カメラは必要?

水中での撮影といった、確実にカメラが濡れるシーンならともかく、プールやビーチなどで「濡れるのを防ぎたい」場合は、防水仕様のカメラは不要かもしれません。何故なら、わざわざ数万円もするカメラを買わなくとも、必要な機能を満たす製品があるからです。

コンパクトデジカメ用防水ハウジングを使う

防水ハウジングとは、カメラ用の防水ハードカバーです。値が張り、製品ごとに専用の機種が多く使い回しができないデメリットがありますが、ある程度高性能なコンパクトデジカメが手元にあるなら、検討してみる余地はあるかもしれません。

また、水中カメラと防水ハウジングを併用し、更に防水性能を高めている方もいるようです(ベテランのダイバーなど)。

スマホ用防水ケースを使う

近年のスマートフォンのカメラは非常に高性能なので、普段から使っている方も多いのではないでしょうか。あまりお金をかけたくない、もしくは画質などにそこまでのこだわりが無い場合は、スマホ用の防水ケースを検討してみてはいかがでしょうか。濡れるのを防ぐ、くらいの用途であれば十分なはずです。

水中カメラを選ぶ時にチェックしたいポイント

各メーカーの製品を比較する際、比較対象になるであろうポイントを挙げていきます。取り扱いに関する注意点についてもご説明します。

防水性能

カメラごとに耐えられる水圧の上限が異なっています。この水圧を超えると、カメラ内部に水が浸入してしまい、故障の原因となります。防水保護等級や、水深○mまでOKという目安で確認しましょう。

画素数

画素数が高いほど、きめ細やかな写真になります(画素数が高い=高画質とは必ずしも言い切れないので注意)。最近のカメラは高画素化が十分に進んでいるので、あまりに少なすぎない限り、目に見えた違いが出てくることはまずありません。

F値

F値はレンズの絞りにまつわる数値で、F値を変えるとピントが合って見える範囲も変わります。F値を大きくすると、絞りが絞られてレンズを通る光が少なくなり、F値を小さくすると、絞りが開かれてレンズを通る光が多くなります。

そのため暗い場所(深い場所など)には、開放F値が小さい(明るく撮影できる)カメラの方が、比較的きれいな写真を撮影できるはずです。

焦点距離

レンズから焦点までの距離を表します(25-100mmというように表示されます)。焦点距離の最小値が小さいほど1枚の写真に広い範囲を収めることができ、最大値が大きいほど望遠機能に優れたレンズということになります。

センサーサイズ

レンズから入った光を受け取る部分が、センサーと呼ばれるパーツです。一般的に、センサーサイズが大きなカメラほど高精度できめ細やかな写真が撮れる傾向になっています。

光学ズーム

光学ズームのイメージ画像
デジタルズームのイメージ画像
デジカメのズームには、光学ズーム(望遠鏡のようにレンズで映像を拡大する)とデジタルズーム(コンピューターが画像処理で拡大しているだけ)の2種類があります。

一般的に、デジカメは光学ズームとデジタルズームを組み合わせて使っており、光学ズーム倍率の高いカメラほど高倍率の際により鮮明な写真を撮影できます

その他の機能

カメラによって付随する機能は様々なので、使いやすいものを選びましょう。下記にいくつかの機能を挙げてみました。

【Wi-fi】
Wi-fiを介することで、手持ちのスマホに直接写真を転送したり、遠隔でのシャッター操作が可能になります。
【GPS】
GPS機能があると、撮影した写真に撮影位置情報を残すことができます。どこで写真を撮影したか記録したい場合、便利な機能です。
【手ブレ補正】
ズームの時、暗い場所での撮影に生じやすい手ブレを低減してくれます。手ブレ補正には大きく2つの方式があり、電子式と光学式に分類できます。一般的に、光学式の方が電子式よりも手ブレ補正の効果が高くなっています。

それ以外にも自撮りしやすい180度回転する液晶を備えたものなど、各メーカー+αの部分も充実しています。

取り扱いに関する注意点

防水性能を備えたカメラでも、正しい使い方をしないと浸水し、故障の原因となります。使用する際には以下の点に注意しましょう。

【全てのロックをしっかり閉じる】
カメラによってはロック箇所が複数あることもあります。水中で使う際には必ず全てのロックを閉じましょう。
【パッキン部に砂粒やゴミが詰まっていないか】
細かい砂粒やゴミのせいで完全に密封されず、少しずつ浸水し、内部の腐食の原因になることも。使用後にはしっかりと汚れを洗い流しましょう。
【パッキンが消耗していないか】
パッキンは1年ほどで交換が必要となります。古いと浸水の原因となり得ますので、心配な方はメーカーに相談してみましょう。


ダイビングでも使える水中カメラ3選

インストラクターがつき、初めての人も参加できる「体験ダイビング」では最大水深12m。その後、エントリーレベルのCカードを取得したダイバーの場合で最大水深18mと考え、それに対応可能なスペックのカメラを選びました。

ニコン COOLPIX AW130

防水30mに加え、耐衝撃2.1m・耐寒-10℃・防塵性能を備えた高耐久ボディーが特徴の水中カメラ。季節や場所を問わず使え、Wi-fiやGPSといった機能も充実しています。
ニコン COOLPIX AW130
ITEM
ニコン COOLPIX AW130
防水性能:30m
画素数:1,605万
F値:F2.8-F4.9
焦点距離:24-120mm
センサーサイズ:1/2.3
光学ズーム:5倍
手ブレ補正:光学式/電子式
動画:○
GPS:○
Wi-fi:○
重量:221g
カラー:全5色
今年8月、パラオへダイビング旅行に行った際に、サブカメラとして持っていきました。
最大水深28m、平均水深20m程度で使用しましたが、水没の心配が無かっただけでなく、水中モードで美しいブルーを再現(添付写真)してくれました。
水中ストロボや、水中LEDライトと併用したほうが良いですが、サブカメラのつもりが、まさかここまで写るとは期待してなかったため、メインカメラも、タジタジの実力を発揮してくれました。 出典:amazon

キヤノン PowerShot D30

普段使いにも問題ないデザインながら、防水・防寒・耐衝撃性能を備えたカメラ。比較的リーズナブルな価格も魅力で、初めての水中カメラにもおすすめです。
Canon デジタルカメラ Power Shot D30 光学5倍ズーム PSD30
ITEM
Canon デジタルカメラ Power Shot D30 光学5倍ズーム PSD30
防水性能:25m
画素数:1,210万
F値:F3.9-F4.8
焦点距離:28-140mm
センサーサイズ:1/2.3
光学ズーム:5倍
手ブレ補正:光学式
動画:○
GPS:○
Wi-fi:×
重量:218g
防水プロテクターの準備・ケアが不要になり、最高です。最深23mでしたが、全く問題ありませんでした。グローブをしていても、操作はスムーズでした。画質も鮮明で非常に気に入りました。シリコンカバーは、装着した方が無難です。これから購入を予定している人にはお勧めです。 出典:amazon

富士フイルム FinePix XP120

人気のFinePix XPシリーズの2017年モデル。前モデルのXP90と同様、安価ながらバランスの良い機種です。外観の変化はほぼありませんが、防水性能は前モデルの15mから20mへ改善されています。
富士フイルム FinePix XP120
ITEM
富士フイルム FinePix XP120
防水性能:20m
画素数:1,640万
F値:F3.9-F4.9
焦点距離:28-140mm
センサーサイズ:1/2.3
光学ズーム:5倍
手ブレ補正:光学式
動画:○
GPS:×
Wi-fi:○
重量:186g
カラー:全3色
タイのビーチリゾートへ旅行に行くので、購入しました。
最近はスマホも防水対応機種が増え、自分のスマホも京セラのトルクなので問題ないのですが、万が一のことを考えると、デジカメの方が信頼性が高いです。
使った感想ですが、短い期間でしたので撮影モードはAUTO以外使用しませんでしたので、機能については何もコメントできませんが、防水機能は問題ありませんでした。
ただし、シャッターボタンの隙間に細かい砂が入り込み、ボタンの半押しが出来なくなりました。
洗えば直りますが
出典:amazon

釣りやレジャーにおすすめな水中カメラ9選

水面下の映像を残せるカメラや、水辺でも気にせず使えるカメラをピックアップ!

オリンパス TG-4 Tough

オリンパスのタフシリーズの最高峰で、高画質・高性能なハイスペックカメラ(その分価格帯も高い)。明るいレンズを備え、RAW撮影(高画質かつ、ユーザーの望む色味の写真に調整が出来るデータ保存方法)に対応しているのも特長です。
オリンパス TG-4 Tough
ITEM
オリンパス TG-4 Tough
防水性能:15m
画素数:1,600万
F値:F2.0-F4.9
焦点距離:25-100mm
センサーサイズ:1/2.3
光学ズーム:4倍
手ブレ補正:光学式/電子式
動画:○
GPS:○
Wi-fi:○
重量247g
カラー:全2色
息子に貸しました。スノボに持っていき、落っことして(オイ)スノボに踏まれ、翌朝雪に顔を出しているところを発見、異常なし。モルジブに持っていき、防水プロテクターと共に砂浜に放置、アッチッチになったが無事。現地の人に、どこのメーカーだ、いくらで買える?と質問されたそうです。もちろん今も稼働中。 出典:amazon

オリンパス TG-870 Tough

回転式液晶、広角レンズ、フロントシャッターボタンなど、自撮りで活躍する機能を多く搭載した、オリンパスの人気水中カメラ。防水性能に優れたタイプにはあまりないタイプなので、自撮りする機会の多い方におすすめです。もちろん、カメラの性能自体もバランス良く仕上げられています。
オリンパス TG-870 Tough
ITEM
オリンパス TG-870 Tough
防水性能:15m
画素数:1,600万
F値:F3.5-F7.7
焦点距離:21-105mm
センサーサイズ:1/2.3
光学ズーム:5倍
手ブレ補正:光学式
動画:○
GPS:○
Wi-fi:○
重量221g
カラー:全2色
TG-4と比較すると、他の方が言っているように画質はあまり期待しない方いいかもしれないです。室内であればIphone6sの方が画質よくない?ってくらいですが、明るい外で使えば問題ないですし、使う用途が海等のアウトドアなので割り切った使い方をすればいいカメラだと思います。液晶モニターが可変するので自撮りもできるし遊び心あって楽しいですよ。wifiでスマホ転送も便利です。本体が軽いのもいいですねー。ガンガン使いたいと思います。 出典:amazon

リコー WG-5 GPS

無骨な外見通り頑丈なつくりで、2.2mの耐衝撃、-10℃の耐寒、100kgfの耐荷重を備えています。「デジタル顕微鏡モード」というユニークな機能もあり、小さなものも高精度なまま画面いっぱいに撮影することができます。
リコー WG-5 GPS
ITEM
リコー WG-5 GPS
防水性能:14m
画素数:1,600万
F値:F2.0-F4.9
焦点距離:25-100mm
センサーサイズ:1/2.3
光学ズーム:4倍
手ブレ補正:光学式/電子式
動画:○
GPS:○
Wi-fi:×
重量236g
カラー:全2色
画素数は申し分なく、とてもきれいに撮影できます。
建設現場でも使用できる優れものです。雨などの天候不良時は防水機能が役に立っています。
GPS搭載で、撮影時の画素数変更も種類が豊富です。
特にモード変更でCALSモードに設定すれば電源ONで常にCALSモードになっており、
確認もモニター画面の左上のヘルメットマークで、一発確認がOKです。 出典:amazon

リコー WG-40/WG-40W

WG-5 GPSと比べ安価ですが、単なる下位製品ほいうわけではなく仕様が異なっており、レンズが暗めになっている代わりに光学5倍ズームを搭載しています。WG-40WはWi-fi対応でスマホと連動でき、リモート撮影といった機能を備えています。もちろん「デジタル顕微鏡モード」も備えています。
リコー WG-40/WG-40W
ITEM
リコー WG-40/WG-40W
防水性能:14m
画素数:1,600万
F値:F3.5-F5.5
焦点距離:28-140mm
センサーサイズ:1/2.3
光学ズーム:5倍
手ブレ補正:電子式
動画:○
GPS:×
Wi-fi:○※WG-40Wのみ
重量:192g(WG-40)/194g(WG-40W)
カラー:全4色
仕事柄、水のあるところでも使用するのですが防水なので問題ありません。
レンズの部分もしっかりとしているので落としても大丈夫。

個人的に気に入ったのは、接写のピントがしっかりあうことです。
近すぎるとピントが合わないことがよくありますが、これは大丈夫。
1㎝モードがあるのですが、本当にクリアに、かつすぐにピントを合わせてくれます。
背面のボタンでこのモードに切り替えられるので使い勝手も良いです。 出典:amazon

ニコン COOLPIX W100

2016年末に発売されたCOOLPIX S33の後継にあたるモデル。「お子様にピッタリ」とメーカーが謳うだけあり、使いやすい簡易な設定メニューを搭載した丈夫なカメラです。スマホと接続すると、カメラで撮影した写真を「自動」で転送する珍しい機能を備えています。
ニコン COOLPIX W100
ITEM
ニコン COOLPIX W100
防水性能:10m
画素数:1,317万
F値:F3.3-F5.9
焦点距離:30-90mm
センサーサイズ:1/3.1
光学ズーム:3倍
手ブレ補正:電子式(動画のみ)
動画:○
GPS:×
Wi-fi:○
重量:177g
カラー:全3色
散歩がてらの撮影や子供に持たせるために購入しました。
画質はまぁ、求める方向性が違うと思いますのでこんなものかなと。Lサイズプリントなら十分じゃないでしょうか。
子供に持たせるので防水や落下耐性はもちろん、この値段で購入できるのはありがたいです。 出典:amazon

ゴープロ ウェアラブルカメラ HERO4 CHDHY-401-JP

小型で軽く、広角レンズで広い範囲を移せるウェアラブルカメラ。4Kなど超高画質なムービーが撮影でき、様々な使い方のできるマウントが用意されているのが特長です。静止画も撮影できますが、ズーム機能が無く、普通の三脚が使えないので、「写真を撮る」という用途ではなく「映像として残したい」方におすすめです。
ゴープロ ウェアラブルカメラ HERO4 CHDHY-401-JP
ITEM
ゴープロ ウェアラブルカメラ HERO4 CHDHY-401-JP
防水性能:40m(ハウジング有り)
重量:84g(ハウジング込みで147g)
高価格でありますので、友人との割り勘で購入しました。
登山・川下りなどで使用しましたが、通常のカメラでは撮影し得ないような躍動感あふれる動画を撮ることができました。
また、自転車・楽器に取り付けて撮影したりと用途は多岐にわたります。
ふとした時に、そうして録画した動画を見返してみると当時の楽しさが蘇ってくるほどです。
購入しない手は無いという商品はまさにこのGoProでしょう。 出典:amazon

パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A500

本体とカメラの2体型なので、映像を確認しながら撮影することができます。コンパクトかつ軽量で、付属のアクセサリーを使うと目線にかなり近い位置にカメラを持ってくることができます。
パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A500
ITEM
パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A500
防水性能:3m
重量:カメラ部/約31g(ケーブル除く)、本体部/約128g
とにかくコスパに優れたグッド商品!当方釣りの記録に使用してる関係上、長い時間の中での釣れた瞬間を撮るには、電源、撮影スイッチのオンオフがもう少し感度良くスピーディーに対応出来るモード設定でめあれば最高なんですが。
まぁ誤作動防止もありましょうし、難しいのですかね。
しかし、今やこのレベルのカメラが2万円台前半で購入出来るんですから、有難いことです。
また耐久性、防水性について、これからチェックしていきます。 出典:amazon

シマノ スポーツカメラ CM-1000

レンズのF値が2.0と低く、暗い所でもより明るく撮影することを可能にしたウェアラブルカメラ。軽量かつコンパクトな手のひらサイズなので、あらゆるスポーツシーンで活躍します。
シマノ スポーツカメラ CM-1000
ITEM
シマノ スポーツカメラ CM-1000
防水性能:10m
重量:86g(バッテリー及びレンズプロテクター含む)
GoProのサブ機に購入しましたが最近ではメインでよく使ってます。GoProのマウント類が使えるのは嬉しいですね
自転車に取り付けてもGoProより違和感なし
ブレも少なく薄暗い状況でも結構明るく映ってます
動画の綺麗さもGoProと比べても遜色なし

もし知り合いにどっちを買うか相談されたらこちらの機種を進めると思います。 出典:amazon

ソニー アクションカム HDR-AS200VR(ライブビューリモコンキット)

ライブビューリモコンキットにより、手元で画角設定や録画のスタート/ストップ、上下反転やインターバル撮影といった設定の変更が可能となっています。特に評判なのが「手ブレ補正」の効果で、車に搭載しても路面状況やエンジンの振動によるブレを抑えてしまうほどだとか。
ソニー アクションカム HDR-AS200VR(ライブビューリモコンキット)
ITEM
ソニー アクションカム HDR-AS200VR(ライブビューリモコンキット)
防水性能:3m
重量:約93g(バッテリー含む)
少し重い、かさばるのを除けば現在最強ではないでしょうか。リモコンは最初からセットになっているほうがお得感があります。リモコンもシンプルでよいのですが、かなりごついので、女性のユーザーさんは店頭で試されてからのほうが良いかもしれません。 出典:amazon

安くて気軽に使える使い捨ての水中カメラ

とにかくお手軽に撮影をした方は、使い捨ての水中カメラがおすすめです。水中写真が手軽に楽しめます。

富士フイルム 水に強い写るんですNew Waterproof(27枚撮り)

水深10mまでの耐水性を備えた、防水カバー付きの写ルンです。水中はもちろん、ほこりの多い場所、雪の降っている中での撮影も可能です。
富士フイルム 水に強い写るんですNew Waterproof(27枚撮り)
ITEM
富士フイルム 水に強い写るんですNew Waterproof(27枚撮り)
防水性能:10m
重量:約170g
ハワイの海でたくさん撮りたいと思い購入しました。
軽くてビーチにも持って行きやすいし、海に入りながらもたくさん写真が撮れたので良かったです♪ 出典:amazon

水中カメラはレンタルもできる!?

水中で使える防水カメラのレンタルができるサービスがあるのはご存じですか?ネットで予約、宅配便で最短翌日に届きます。返却もコンビニや自宅からできるので、まずはお試ししてみてはいかがでしょうか。
Rentio

色々なシーンで使える水中カメラ

釣具と水中カメラ出典:dc.watch
最近の水中カメラは、防水機能だけでなく、防塵、耐衝撃性にも優れたタフなものがメインとなっているので、アウトドアでも気兼ねなく使うことができます。それでいてスッキリしたデザインのモデルも販売されているので、1台持っていると便利な「万能カメラ」とも言えるのではないでしょうか!

The World of Underwater

水面下の世界!

紹介されたアイテム

ニコン COOLPIX AW130

ニコン COOLPIX AW130

¥28,959 税込

Canon デジタルカメラ Power Shot D30 光学5倍ズーム PSD30

Canon デジタルカメラ Power Shot D30 光学5倍ズーム PSD30

¥34,344 税込

富士フイルム FinePix XP120

富士フイルム FinePix XP120

¥24,879 税込

オリンパス TG-4 Tough

オリンパス TG-4 Tough

¥46,146 税込

オリンパス TG-870 Tough

オリンパス TG-870 Tough

¥69,250 税込

リコー WG-5 GPS

リコー WG-5 GPS

¥48,910 税込

リコー WG-40/WG-40W

リコー WG-40/WG-40W

¥30,161 税込

ニコン COOLPIX W100

ニコン COOLPIX W100

¥13,830 税込

ゴープロ ウェアラブルカメラ HERO4 CHDHY-401-JP

ゴープロ ウェアラブルカメラ HERO4 CHDHY-401-JP

¥56,800 税込

パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A500

パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A500

¥24,420 税込

シマノ スポーツカメラ CM-1000

シマノ スポーツカメラ CM-1000

¥24,948 税込

ソニー アクションカム HDR-AS200VR(ライブビューリモコンキット)

ソニー アクションカム HDR-AS200VR(ライブビューリモコンキット)

¥28,980 税込

富士フイルム 水に強い写るんですNew Waterproof(27枚撮り)

富士フイルム 水に強い写るんですNew Waterproof(27枚撮り)

¥1,380 税込

canonの水中カメラ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう