初心者必見!エギングで持って行きたい道具まとめ

まだエギングをやったことがない初心者でも安心!エギングで使用する道具について紹介していきます。役に立つシーンからおすすめ商品までまとめました。エギングで役に立つ道具を手に入れてみませんか?


アイキャッチ画像出典:kawadeasobou.blog

エギングで必要な道具って?

青空のもとのエギング道具
出典:siamfishing
エギングはアオリイカを釣る際に扱いやすい道具が数多く開発されており、エギングを行う人も日本には多くいます。初心者でもはじめやすい一方でテクニックの奥も深く、幅広い層の釣り人がエギングを楽しんでいます。また釣るだけでなく家でおいしく食べることもできるので家に帰ってからも楽しめる満足度の高い釣りになるでしょう。
釣りをするからには釣果が気になるところ。初心者でも釣りやすく、扱いやすい道具の数々を紹介していきます。何を準備すればいいかわからないかたも参考にしてみてください!

エギングでの必需品

エギングロッド

エギング道具の代表ともいえるエギングロッド。数あるアイテムの中でもロッドは比較的高価なものなので初心者は安いロッドセットを選択するのもおすすめです。エギングロッドは他の釣りでも併用できることが多いので最初の一竿としても使用されることが多いです。
(ダイワ) ロッド エメラルダス
ITEM
(ダイワ) ロッド エメラルダス
最も一般的な3.5号を中心に、レングスをいかしたロングキャストやストロークの大きなジャークにも対応する軽量アウトガイドロッド。抜群の操作性はスレたイカにも有効。軽量かつハイバランスなブランクは一日シャクリ続けても疲れにくく快適なエギングを実現。
・全長:2.59m
・重量:120g
・エギサイズ:3.5号
(シマノ) ロッド セフィア X-チューン
ITEM
(シマノ) ロッド セフィア X-チューン
シマノエギングロッドの最高峰。軽量化と高感度化を徹底的に追求。軽量化がなし得たセミロングレングス採用。また、「スパイラルX」と「ハイパワーX」の採用により、全体のしなやかさと、非常に早いキャスト時の振動の収束を実現。
・全長:2.67m
・重量:108g
・エギサイズ:2.5~4号

エギングロッドの選び方や他のおすすめはこちら


エギングリール

エギングのリールを選ぶ上でとても重要なのが”軽さ”です。重量は釣り道具選びでよく注目されるポイントですがエギングリールでは特にこだわりたいところ。値段も重量に比例しているといっても過言ではないので予算を考えながら決めてみてください。
(アブガルシア) リール Cardinal STX2500SD
ITEM
(アブガルシア) リール Cardinal STX2500SD
人気のCardinal300シリーズが新シリーズで登場。本体スプールとは異なるカラーの替えアルミスプールを付属したハイバリューモデル
(プロマリン) リール トランサーエギ TO-2000
ITEM
(プロマリン) リール トランサーエギ TO-2000
基本性能を追求したPEライン付エギング専用モデル。

エギングリールの選び方や他のおすすめはこちら


エギングライン

実はエギング道具選びの中で一番こだわるべきとの呼び声高いエギングライン。ラインとリーダーは密接に関わり合っているのであわせて考えてみてください。飛距離や釣り人のストレスにも関わるエギングライン選び。軽視せず扱いやすいものを選ぶようにしましょう。
モーリス ライン エギングプレミアムPE 0.8号
ITEM
モーリス ライン エギングプレミアムPE 0.8号
NEWプレミアムPEの強度、感度と、フォーリングバイトマーキングシステムが刻々と変化するエギシーンに対応。視認性の高い独自のマーキングがアタリを取りやすくし、エギの飛距離も容易に把握出来ます。
ラパラ ライン ラピノヴァX マルチゲーム 0.8号 17.8lb 150m
ITEM
ラパラ ライン ラピノヴァX マルチゲーム 0.8号 17.8lb 150m
4ブレイデッド高性能PEライン。この価格でこの性能!

→エギングラインの選び方や他のおすすめはこちら


エギ(餌木)

近年のエギング人気に伴い、エギの種類も豊富になってきています。釣り道具としてエギを数多く集めている人も多く、初心者でも手を出しやすい価格帯となっているためぜひお気に入りのエギを見つけてみてください!
タカミヤ ルアー エギ エギボンバー 夜光 ピンク 2.5号
ITEM
タカミヤ ルアー エギ エギボンバー 夜光 ピンク 2.5号
掛かればがっちり逃がさない独自の全傘二段仕様。消耗品としてのエギには嬉しいお手頃価格。
エコギア ルアー エギ ダートマックス 3.5号D24CR 6731
ITEM
エコギア ルアー エギ ダートマックス 3.5号D24CR 6731
従来のエギとは全く異なる次元のダートアクションを生む「エギリーダートマックス」。今まで常識とされてきた先端部のラインアイを上方に配置したことで、軽いジャークで簡単にその特異なダートを発生。同時にフォール姿勢の安定や、根掛かりの減少といったメリットも手に入れました。

エギの選び方や他のおすすめはこちら


エギングにあったら便利な道具たち

タモ・ギャフ

釣ったアオリイカを取り入れる際に利用するタモ・ギャフ。特に初心者には簡単に取り込めるのは魅力的です。せっかくヒットさせた獲物を取り逃がさないように必要に応じて使えると便利です。
TOISTAX ワンタッチネット 玉網 伸縮 1.65m T-122
ITEM
TOISTAX ワンタッチネット 玉網 伸縮 1.65m T-122
コンパクトに収納できるので、海・山・川・池など、どこにでも携帯に便利です。
ベルモント MR-058 スーパースクイッドギャフ4000
ITEM
ベルモント MR-058 スーパースクイッドギャフ4000
エギンガー必携。携帯に便利な超コンパクト使用振出式4mイカ専用ギャフ。

ギャフの選び方や他のおすすめはこちら


イカ絞めピック

釣ったイカをおいしく食べたいのならぜひ使用したいイカ絞めピック。釣ってすぐにイカの眉間あたりを刺すことで新鮮な味を楽しむことができる道具となっています。特に初心者でリリースするのではなく家で食べる際にはおすすめです。
(ダイワ) エメラルダス イカシメCP
ITEM
(ダイワ) エメラルダス イカシメCP
先端形状を2点にすることで、滑りにくく、急所を確実に貫くことが可能。釣れたらすばやくシメることで、身の透明感が長続きし、味や歯ごたえもワンランクアップ。エメラルダスロゴ入りケースつき。
(シマノ) スライドイカシメ CT-202I
ITEM
(シマノ) スライドイカシメ CT-202I

クーラーボックス

エギングだけでなくほかの釣りでもよく利用されるクーラーボックス。イカや魚を家に持ち帰るなら必須いっても過言ではない道具です。
(イグルー) クーラーボックス MARINE ULTRA
ITEM
(イグルー) クーラーボックス MARINE ULTRA
多くの釣り人から愛され続けているイグルーの定番クーラーボックスです。抜群の保冷力で新鮮に保ちます。
(シマノ) クーラーボックス スペーザ ライト
ITEM
(シマノ) クーラーボックス スペーザ ライト
軽量ながらもその丈夫さには折り紙つき!釣りでの思わぬ衝撃にも安心。横長タイプのクーラーボックスです。

クーラーボックスの選び方や他のおすすめはこちら


手袋

冬の寒いときに役立つのはもちろんですが、しゃくりのあるエギングにおいてグリップ力は重要なポイントとなります。意外と忘れがちな道具なのでエギングをする際にはぜひ使用を考えてみてください。
メジャークラフト チタングローブ ブラック MCTG-3
ITEM
メジャークラフト チタングローブ ブラック MCTG-3
チタンコーティングが施されており、寒い冬でも温かく釣りを楽しむことができるフィッシンググローブ。指の出し方も釣具が扱えるぎりぎりのサイズとなっており、防寒性があります。

シマノ オシア 3Dオフショアグローブ GL-225K ブラック
ITEM
シマノ オシア 3Dオフショアグローブ GL-225K ブラック
指にフィットするストレスフリーのフィッシンググローブです。保温性も十分!

手袋の選び方や他のおすすめはこちら

偏光サングラス
近年では昼間からエギングを行う人も出てきており、そんなときに役に立つ道具が偏光サングラスです。水面のぎらつきをおさえたり、目を保護してくれたりと機能性ばつぐんのアイテムです。
ダイワ TALEX 偏光グラス TLX 002 TRUEVIEW SPORTS 911481
ITEM
ダイワ TALEX 偏光グラス TLX 002 TRUEVIEW SPORTS 911481
釣りに対するDAIWAの経験とレンズを知るTALEXのこだわりが融合した偏光グラス。また、フレームデザインはBOSTONCLUBが設計。高品質・高機能なアイウエアで評価の高い当ブランドは、アングラーの「視る」という行為に改めて着目。

シマノ HG-078L フィッシンググラス PC
ITEM
シマノ HG-078L フィッシンググラス PC
レンズの横から侵入してくる光もカットしてくれるので、釣りに視界が集中できます。しっかりと乱反射を防いでくれるので疲れも軽減。

→偏光サングラスの選び方と他のおすすめはこちら

ヘッドライト

エギングは夜に釣ることが主流となっているため暗闇を照らしてくれる道具は重要といえます。ヘッドライトは釣りだけでなくほかのアウトドアでも使いシーンが多いため一つ持っていても損はないアイテムではないでしょうか。特に初心者には安全のためにも持っておいて欲しい道具です。
ジェントス ヘッドウォーズ 999H
ITEM
ジェントス ヘッドウォーズ 999H
優れた明るさを実現した、ヘッドライト。サブLEDを無くしシンプルに、明るさはHi/Mid/Lowの切り替え可能。フォーカスコントロールを搭載し、スポット・ノーマルの範囲で照射面を調節可能
レッドレンザー ヘッドライ H7R.2
ITEM
レッドレンザー ヘッドライ H7R.2
バッテリーボックス上のダイヤルを回すと点灯時の明るさや、点滅時の点滅スピードを調整することができる。

ヘッドライトの選び方と他のおすすめはこちら


エギングの準備をしっかりしておこう!

アオリイカを持つ男性とエギング道具出典:youtube
釣りは魚を釣ることも楽しいですが自分で使用する道具にこだわるのも醍醐味の一つです。釣りスタイルは人それぞれなので自分ならではのものをさがしてみてください!

so many Style, so many Minds

釣りスタイルは十人十色

紹介されたアイテム

(ダイワ) ロッド エメラルダス

(ダイワ) ロッド エメラルダス

¥12,474 税込

(シマノ) ロッド セフィア X-チューン

(シマノ) ロッド セフィア X-チューン

¥40,867 税込

(アブガルシア) リール Cardinal STX2500SD

(アブガルシア) リール Cardinal STX2500SD

¥6,045 税込

(プロマリン) リール トランサーエギ TO-2000

(プロマリン) リール トランサーエギ TO-2000

¥1,885 税込

モーリス ライン エギングプレミアムPE 0.8号

モーリス ライン エギングプレミアムPE 0.8号

¥1,732 税込

ラパラ ライン ラピノヴァX マルチゲーム 0.8号 17.8lb 150m

ラパラ ライン ラピノヴァX マルチゲーム 0.8号 17.8lb 150m

¥1,398 税込

タカミヤ ルアー エギ エギボンバー 夜光 ピンク 2.5号

タカミヤ ルアー エギ エギボンバー 夜光 ピンク 2.5号

¥198 税込

エコギア ルアー エギ ダートマックス 3.5号D24CR 6731

エコギア ルアー エギ ダートマックス 3.5号D24CR 6731

¥1,180 税込

TOISTAX ワンタッチネット 玉網 伸縮 1.65m T-122

TOISTAX ワンタッチネット 玉網 伸縮 1.65m T-122

¥1,680 税込

ベルモント MR-058 スーパースクイッドギャフ4000

ベルモント MR-058 スーパースクイッドギャフ4000

¥5,200 税込

(ダイワ) エメラルダス イカシメCP

(ダイワ) エメラルダス イカシメCP

¥1,231 税込

(シマノ) スライドイカシメ CT-202I

(シマノ) スライドイカシメ CT-202I

¥892 税込

(イグルー) クーラーボックス MARINE ULTRA

(イグルー) クーラーボックス MARINE ULTRA

¥7,734 税込

(シマノ) クーラーボックス スペーザ ライト

(シマノ) クーラーボックス スペーザ ライト

¥14,391 税込

メジャークラフト チタングローブ ブラック MCTG-3

メジャークラフト チタングローブ ブラック MCTG-3

¥2,341 税込

シマノ オシア 3Dオフショアグローブ GL-225K ブラック

シマノ オシア 3Dオフショアグローブ GL-225K ブラック

¥2,957 税込

ダイワ TALEX 偏光グラス TLX 002 TRUEVIEW SPORTS 911481

ダイワ TALEX 偏光グラス TLX 002 TRUEVIEW SPORTS 911481

¥30,836 税込

シマノ HG-078L フィッシンググラス PC

シマノ HG-078L フィッシンググラス PC

¥4,425 税込

ジェントス ヘッドウォーズ 999H

ジェントス ヘッドウォーズ 999H

¥2,523 税込

レッドレンザー ヘッドライ H7R.2

レッドレンザー ヘッドライ H7R.2

¥6,470 税込


関連する記事

エギングで使用する道具
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海釣りから川釣りまで幅広く釣りを愛す。釣りセットを持って全国を回るのが趣味。最近は自分で釣った魚を食べるために料理も研究中。自然と触れ合いながらフレッシュな記事を目指して執筆中。