ランガンの意味とは?ポイント移動を快適にするアイテム9選!

積極的にポイントを移動し、魚と出会う確立を上げるランガンスタイル。今回はランガンを快適にする便利なフィッシングギアを厳選してご紹介します!


アイキャッチ画像出典:pixabay

ランガン(RUN&GUN)とは

ランガンする釣り人
出典:pixabay
ランガンとはランアンドガン(RUN&GUN)の略称で、ルアーフィシングのスタイルを指す言葉です。釣りは一箇所に留まってひたすら魚のアタリを待つだけでなく、自らの足を使って積極的に移動したり、キャストする回数を増やす事で魚と出会う確立を上げていくランガンスタイルが存在します。RUNとは次々とポイントを移動していく様からつけられ、GUNとはキャストをまるで銃のように撃って行く様からつけられたと言われています。

ランガンはボートシーンでも

ランガン
ランガンは岸釣り用語として捉えている方もいますが、決して岸釣りだけの用語ではなく、アメリカのバストーナメントなど、バスボートを使って大きな湖のポイントを次々と移動しバスを探していく際にも使われます。

ランガンの装備

ラン&ガンの釣り人
出典:pixabay
ランガンは機動性が命です。かさばる荷物を持っての移動は釣りの効率を悪くするだけでなく、ポイントを移動する事すら億劫にしてしまいます。ここでは岸釣りのランガンスタイルで活躍する、様々な装備をご紹介いたします!

バッグ

ランガンバック
出典:Amazon
ランガンのバックは、ヒップバック(ウエストバック)タイプかショルダータイプがオススメです。リュックタイプは体への密着性が高いですが、ルアーの結び変え時などいちいちバックを下ろさなくてはいけません。両タイプは前面にバックを移動し、中身の取り出しが可能です。
アブ・ガルシア ワンショルダーバッグ2
ITEM
アブ・ガルシア ワンショルダーバッグ2
サイズ(cm):24×27×10
色々なフィッシングバッグを見ましたがこれが一番いいと思い購入しました。使用してみて予想通り使いやすかったです。ルアー釣りをメインにやる私には正直安物のバックでもいいと思っていましたがフィッシングバッグが欲しくなった一番の理由は竿立てがついていることです。色々なメーカーのバッグを見て、このバッグは竿立ての竿を支える部分がおよそ10センチぐらいあります。実はこれが一番大事で、竿をさすと自立しくれるので手を離せます。 出典:Amazon

シマノ Sephia エギングショルダーバッグXT BS-211K ブラック
ITEM
シマノ Sephia エギングショルダーバッグXT BS-211K ブラック
サイズ(cm):12×27×18
ランガンに最適!届いた時は『大きい…?』と思ってましたが、これだけ多機能でこのサイズはコンパクトと言えるでしょう。エギに必要な全てを詰め込める逸品です。中にある専用のエギケースは取り外しが可能で自分は大きい方を外しヤマシタのエギケースを2つ入れて使ってます。小物も入れるスペースもあるし何よりウエストの固定と、ショルダーのバンドが付いてるのがいいですね。 出典:Amazon

ダイワ D ヒップバッグ
ITEM
ダイワ D ヒップバッグ
サイズ(cm):16×34×23
色んなバッグ見比べてこれにしましたが…大正解でした!使いやすいし大容量。色んな釣りに使えて汎用性抜群。使ってていいなぁと思うのはメインの開閉時、体側から外側に蓋が開けるところ。これは感動。いままでのは開閉時の蓋の部分は体側に開くので片手で蓋を抑えて片手でゴソゴソと道具を取り出してましたが、これは蓋が腰と反対側にいくので両手で作業できます。 出典:Amazon

Love Soul Dream ヒップバッグチューンド
ITEM
Love Soul Dream ヒップバッグチューンド
以前使ってたバックが壊れて、荷物が結構入ってロッドホルダーが付いてるバックを探してて、これに決めました。満足していますが、ある程度重い荷物入れるとずれて下がってきます。 出典:Amazon

タモ・ネット関連アイテム

堤防など足場の高いエリアでの釣りにタモは欠かせません。ですがタモが一つ増えるだけで機動性は大きく落ちてしまいます。ここではタモの携帯性を上げるアイテムをご紹介します。
■タモホルダー
ランガンスタイルのグッズ タモホルダーをベルトの隙間に入れることで、写真のようにタモを携行する事が出来ます。ランディング時も上に引き抜くだけなので、素早いランディングが可能です。
ITEM
取付位置対応直径:29.9~35.3mm
質感、見た目、使い易さ、すべて満足してます。ランガンスタイルには、欠かせません。 出典:Amazon

■マグネットリリーサー
二重リングをタモの柄の部分に取り付け、カラビナをライフジャケットの背面やバッグのD管に取り付けることでタモを携帯します。使用時は強力(3.5キロ負荷)なマグネットでひっついている部分を切り離し使います。
アブガルシア マグネットリリーサー3.5
ITEM
アブガルシア マグネットリリーサー3.5
サイズ17mm×35mm
重量:38g
ランディングネットに使用。ザイン、使い勝手がいいですね。磁力も強く、ランガン中に落下の心配無し 出典:

■タモジョイント
玉の柄(ランディングポール)とネットの間に装着し、折りたたむ事が出来るアイテム。玉の柄が長いと、腰や背中で携行した時に邪魔になりますので、タモジョイントを使ことでタモをコンパクトにする事が可能です。
プロックス タモジョイント ブラック PX864K
ITEM
プロックス タモジョイント ブラック PX864K
ランガンの必需品。タモ背負ってランガンやっててヒットしてからでもワンタッチでロック解除出来るのでとても便利に使っています 出典:Amazon

■タモ
振り出し継ぎ数が多く、玉の柄(ランディングポール)が短くるタイプは携行時に便利なだけでなく、車での移動などで、収納の場所をとられたくない方にもオススメです。
プロマリン(PRO MARINE) ランガンランディングセット250
ITEM
プロマリン(PRO MARINE) ランガンランディングセット250
全長:2.5m
仕舞:39.5cm
枠サイズ:36cm
自重:278g
釣りに行くときは、心配性なのであれこれ詰め込みすぎて、車のトランクが大変な状況です。とくに以前は長い棒の網(ひっこめて2mくらい)を使っていましたので、邪魔でしたし、使用した後はトランクに入れたくないと思っていました。こんな状況を少しでも打破しようと、購入しました。正解でした。すっきりです。防波堤や身近な磯での使用であれば、長さも足りないと思わないです。 出典:Amazon

クーラー

携行には軽量なソフトクーラーなども良いですが、真夏などは保冷力のあるハードタイプが欲しいところです。ですがあまり大型だと持ち運びが大変ですので、容量10リットルあたりがオススメです。
ダイワ クーラーボックス クールラインα GU1000X ライトソルト
ITEM
ダイワ クーラーボックス クールラインα GU1000X ライトソルト
ランガンに持ってこいです♪主にエギングやアジング等の波止釣りに使用してます。ロッドホルダーやショルダーベルト等が付属で、なおかつ、発砲ウレタン仕様でこの価格は破格だと思います。大きさもコンパクトで非常にランガンスタイルの釣りに向いています。私はふんばるマンも一緒に購入して装着しましたが、装着してないプロバイザーと比較して絶対に必要だと思いましたので、是非同時購入をお勧めします。 出典:Amazon

ランガンはルアー釣りの基本

ランガンする
出典:pixabay
ゆっくりと腰を据えて、一箇所での粘りの釣りも楽しいですが、ルアー釣りはせっかちな人のほうが向いているとも言われます。自ら足で魚との出会いを求めていくこのランガンスタイル。アナタも始めてみては如何でしょうか?

RUN & GUN!
さあ、ランガンだ!

紹介されたアイテム

アブ・ガルシア ワンショルダーバッグ2

アブ・ガルシア ワンショルダーバッグ2

¥5,378 税込

シマノ Sephia エギングショルダーバッグXT BS-211K ブラック

シマノ Sephia エギングショルダーバッグXT BS-211K ブラック

¥9,647 税込

ダイワ D ヒップバッグ

ダイワ D ヒップバッグ

¥4,233 税込

Love Soul Dream ヒップバッグチューンド

Love Soul Dream ヒップバッグチューンド

¥5,813 税込

¥3,706 税込

アブガルシア マグネットリリーサー3.5

アブガルシア マグネットリリーサー3.5

¥1,432 税込

プロックス タモジョイント ブラック PX864K

プロックス タモジョイント ブラック PX864K

¥2,500 税込

プロマリン(PRO MARINE) ランガンランディングセット250

プロマリン(PRO MARINE) ランガンランディングセット250

¥3,888 税込

ダイワ クーラーボックス クールラインα GU1000X ライトソルト

ダイワ クーラーボックス クールラインα GU1000X ライトソルト

¥9,680 税込

gone-fishing-821909_960_720
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海釣りから川釣りまで幅広く釣りを愛す。釣りセットを持って全国を回るのが趣味。最近は自分で釣った魚を食べるために料理も研究中。自然と触れ合いながらフレッシュな記事を目指して執筆中。