筏釣りは魅力がいっぱい!基本的な釣り方と揃えておくべき道具

チヌ(黒鯛)釣りの中でも、ウキ釣りや落とし込み釣りと並んで人気なのが、筏(イカダ)やカセから狙う釣法です。繊細な穂先で小さなアタリを読み取る面白さが多くの釣り人を魅了しています。筏にはトイレが設備されているので、ファミリーや女性にも人気な釣りです。


アイキャッチ画像出典:シマノ

筏・かかり釣りとは

筏 釣りポイント出典:シマノ
筏(イカダ)とは、フロートと呼ばれる複数の浮力体の上に木材を組み、その上を歩けるようになっている釣り場を指します。ポイントによって様々ですが、約10名くらいが乗れる広さになっています。元々は真珠やカキの養殖棚に群がるチヌを釣り人に釣らせたことが始まりという説があります。専用の渡し船で筏に乗り、チヌを狙うのが筏釣りです。

筏釣りスポットとは

筏釣り スポット出典:シマノ
筏やカセのかかり釣りは、リアス式海岸の波静かな地形が適しています。日本屈指のエリアとして、紀伊半島三重県中~南部、日本海若狭湾全域があげられます。ポイントや渡し船屋が非常に多く、チヌの魚影も濃い事から掛かり釣りの聖地と呼ばれます。関東でも筏釣りはできます。千葉房総半島の勝山、富浦。神奈川県三浦半島の長井。静岡県清水港、沼津などがあげられます。また、四国や九州にもポイントは点在しております。

筏釣りの注意点

釣り船屋 画像出典:シマノ
筏釣りでは、同乗する方がいます。以下のことに注意しましょう。グループで筏釣りをする場合は他の筏に迷惑をかけるような、投げ釣りなどの釣法はやめましょう。
■筏の上は静かに歩きましょう
チヌはとても警戒心が強く、音に敏感な魚です。相乗りの方への配慮ももちろんですが、自分が釣るためにも静かに行動しましょう。
■同乗者にはあいさつを
相乗りの場合、先に乗っている方には必ずあいさつしましょう。
■自分の荷物を寄せる
まず筏に乗ったら自分の荷物を寄せましょう。同乗者の迷惑にならないよう、あちこちに置きっぱなしにはしないようにしましょう。
■小さい魚は海にリリースしましょう
筏釣りではフグ、ゴンズイ等、毒のある魚が釣れる事もあります。筏の上に放置する釣り人もいますが、周りの方に迷惑なので、絶対にやめましょう。
■筏の上で魚を捌かない
魚は船着き場で捌きましょう。筏の上で魚を捌くと血が海に流れ、釣れなくなります。
■ゴミ、残った餌は持ち帰りましょう
当たり前のことですが、ゴミや吸い殻は持ち帰りましょう。また、残った餌は海に撒いてしまうと釣れなくなる可能性があります。必ず持ち帰るようにしましょう。

筏・かかり釣りの魅力

筏のかかり釣りは、へらぶな釣りに通ずるような求道的なチヌ釣りであり、非常に奥深さのある釣りです。筏釣りをやったことがないという方に魅力をご紹介します。

筏のかかり釣りで釣れる魚

チヌをメインで狙うのが筏釣りですが、実は様々な種類の魚を釣る事が出来ます。カレイやヒラメ、メバル、カサゴ、サヨリ、キス、アオリイカ、スズキ、グレ等、多様な魚種が釣れます。また、水深があり、潮通しが良いポイントでは、マダイや石鯛、マトウダイが釣れる事もあります。

のんびりグループフィッシングができる

波止など、釣り人でごった返すポイントと違い、団体で行けば筏を貸切にできます。のんびりと自分のペースでできるのも筏釣りの魅力でしょう。キャンプ感覚で行くグループもあるようです。

船酔いする方も安心

筏は波静かな湾内に掛けられていますので、船酔いが心配な方にも安心です。女性や子供連れでも安心していけます。

比較的安価にできる

筏までは渡船でいきますが、料金は磯渡しよりも3000円前後と安価です。沖釣りよりもかなり安く楽しむことができます。

基本的な釣り方

筏のかかり釣りは、へらぶな釣りに通ずるような求道的なチヌ釣りであり、非常に奥深さのある釣りです。筏釣りをやったことがないという方に魅力をご紹介します。

筏釣りの仕掛け

筏釣り 仕掛け 画像出典:シマノ
筏のかかり釣りで使用するタックル、仕掛けの一例をご紹介します。仕掛けは至ってシンプルです。微妙なアタリを判別できるよう、穂先の柔らかい竿を選ぶことが重要です。

まずは魚を集める

まず重要なのはポイント作りです。エサを野球ボール大のダンゴに握りこんで5、6個投入します。潮の流れの下手側に向かって投入しましょう。

仕掛けの投入

筏釣り 仕掛け 投入出典:シマノ
リールのクラッチを切り、竿先は下に向けダンゴを静かに投入します。ダンゴが着底したら軽く道糸を張ったまま、ダンゴが割れるのを待ちます。ダンゴが割れると穂先のしなり具合が変わりますので、一つの目安にしましょう。

アタリの取り方、合わせ方

筏釣り アタリの取り方 画像出典:シマノ
アタリを待つ間、あまり道糸を張りすぎないよう注意が必要です。小さな前アタリを感じたら、少し送り込みます。次にグッと抑え込まれたらチヌのアタリです。アワセは竿の尻を天に突き上げるような気持ちで行います。

サシエについて

黒鯛 サシエ 画像出典:シマノ
基本的には釣り場近くの釣具屋でダンゴ・エサを購入しますが、ボケ餌やアケミ貝などの活エサは入荷状況が変わるので、事前に予約をしておきましょう。頼んでおけば冷凍エサの解凍や、ダンゴエサを混ぜておいてもくれます。

ダンゴエサについて

ダンゴエサ 配合 チヌ出典:シマノ
ダンゴエサにはチヌを寄せる役割と、エサ取りを集めて活性を上げ、背後のチヌにスイッチを入れるという目的があります。上記イラストは配合例の一例です。配合例は釣具屋や釣り船屋で聞いてみるのも手です。

筏・かかり釣りタックルと便利グッズ

釣り グッズ 画像出典:PIXTA
筏のかかり釣りは比較的安価で始められる釣りです。タックルは専用のものも出ていますが、まずがご自身の釣りの延長線上で試してみても良いかもしれません。

筏釣りのタックル

筏 チヌ タックル 画像出典:シマノ
チヌの繊細なアタリ、ダンゴの様子を判断する上でかかり竿は穂先が非常に重要です。リールは糸よれの発生しづらい、タイコリールを用います。
シマノ セイハコウ AX H160
ITEM
シマノ セイハコウ AX H160
全長:1.60m
自重:117g
継数:2本
仕舞寸法:84.7㎝
実釣してきました。結果は、半日の釣りでチヌ3枚と餌取りくん(アジ・サバ・ふぐ・ソイ等々)と釣れました。アタリも鮮明でわかりやすく、魚に負けないパワーがあってとても良かったです。別メーカーさんのをAmazonさんで購入したものがありますが、色々な面で大きな差がありShimanoのSeihakouAX H160を買って大満足です。 出典:Amazon

シマノ 12 セイハコウSP 60 レッド
ITEM
シマノ 12 セイハコウSP 60 レッド
ギア比:3:6
自重:190g
最大ドラグ力:0.9㎏
最大巻上長:68㎝
フロロ糸巻量(号-m):2.5-100
大変使いやすくハンドルの大きさも丁度いい感じです。自分は浅場が多いので巻き取り量もグッドでした。 出典:Amazon

筏釣りの仕掛け

筏釣りでは道糸をそのまま使うので、仕掛けづくりも比較的簡単です。仕掛けに使用される道具をご紹介します。
モーリス バリバス 黒鯛スペシャル 筏かかり 1.7号 ナチュラル
ITEM
モーリス バリバス 黒鯛スペシャル 筏かかり 1.7号 ナチュラル

オーナー カット黒チヌ 1
ITEM
オーナー カット黒チヌ 1

カツイチ チヌ専用オモリ 黒
ITEM
カツイチ チヌ専用オモリ 黒

持って行くべき便利なグッズ

筏かかり釣りは1日10時間近くの釣りになります。あったら便利なグッズをご紹介します。
プロックス EM超段差クッション
ITEM
プロックス EM超段差クッション

ダイワ イソバッカン S40(J)
ITEM
ダイワ イソバッカン S40(J)

ダイワ クーラーボックス クールライン S-X
ITEM
ダイワ クーラーボックス クールライン S-X

筏・かかり釣りに行ってみよう!

チヌ 釣り 画像 水面出典:ダイワ
筏釣りは気軽に始められ、魅力がいっぱいある釣りです。同時に非常に奥が深く、のめり込んでしまう釣り人も多い釣りです。筏の上でゆっくりした時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

Attractive raft fishing

筏釣りは魅力がいっぱい!

紹介されたアイテム

シマノ セイハコウ AX H160

シマノ セイハコウ AX H160

¥24,359 税込

シマノ 12 セイハコウSP 60 レッド

シマノ 12 セイハコウSP 60 レッド

¥undefined 税込

モーリス バリバス 黒鯛スペシャル 筏かかり 1.7号 ナチュラル

モーリス バリバス 黒鯛スペシャル 筏かかり 1.7号 ナチュラル

¥1,458 税込

オーナー カット黒チヌ 1

オーナー カット黒チヌ 1

¥undefined 税込

カツイチ チヌ専用オモリ 黒

カツイチ チヌ専用オモリ 黒

¥undefined 税込

プロックス EM超段差クッション

プロックス EM超段差クッション

¥undefined 税込

ダイワ イソバッカン S40(J)

ダイワ イソバッカン S40(J)

¥undefined 税込

ダイワ クーラーボックス クールライン S-X

ダイワ クーラーボックス クールライン S-X

¥undefined 税込

黒鯛 筏 釣った 画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海釣りから川釣りまで幅広く釣りを愛す。釣りセットを持って全国を回るのが趣味。最近は自分で釣った魚を食べるために料理も研究中。自然と触れ合いながらフレッシュな記事を目指して執筆中。