ヒラメの釣り方を解説!3つの習性とルアー・泳がせ釣りのコツ

ヒラメはサーフ、船からの釣り師に根強い人気を誇るターゲットです。フィッシュイーターであるヒラメはルアーや泳がせ釣りで狙うことができます。今回は、それぞれの釣り方のコツをご紹介します。大型のヒラメを狙ってみましょう!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

ヒラメの習性を理解しよう!

ヒラメの水中画像
出典:pixabay
座布団と揶揄されるほどの大型も存在し、最大全長1メートル以上、重さは5キロに達するヒラメ。ヒラメを狙う上で押さえておくべきヒラメの習性をご紹介します。

ヒラメはフィッシュイーター!

ヒラメはフィッシュイーター
出典:シマノ
ヒラメはフィッシュイーター(魚食性)の魚です。海では万能エサとされるイソメやゴカイ等の虫エサでは釣れる確率は極めて少ないので、ルアーや小魚の泳がせ釣りで狙いましょう。

意外と泳ぎが得意?!

飼育しているヒラメの画像
出典:PIXTA
ヒラメは砂に埋もれてじっとエサを待っている魚なので、泳ぎが苦手だと思われがちです。しかし、捕食の際のスピードは青物を凌ぐとも言われる程、俊敏な動きを見せる意外な一面を持っています。

食べるのが下手なヒラメ

ヒラメの口は小さい
出典:PIXTA
ヒラメは喰いつく時こそ俊敏ですが、飲み込むのが遅い魚です。船釣りでよく言われる「ヒラメ40」とは、ヒラメがエサを十分飲み込むまでの時間が40秒も要する事から言われています。

船から狙うヒラメの釣り方、泳がせ釣り

泳がせ釣りとは、生きているアジ等の小魚をエサにヒラメを誘う釣り方です。主に船からヒラメを狙う際におススメなのが泳がせ釣りです。

タックル

操作性が良く、食い込みの良さを両立させたグラスソリッド穂先を搭載!
ダイワ ライトヒラメX M-240
ITEM
ダイワ ライトヒラメX M-240
全長:2.40m
自重:125g
継数:2本
仕舞寸法:125cm
錘負荷:20-60号
ヒラメの実釣で使用しましたが、当たりが鮮明にわかるので、バラシが少なく釣果があがりました。又、穂先が細いわりに大型ヒラメにも対応でき満足しています。 出典:Amazon

水深カウンターを搭載した汎用性の高い船のスタンダードモデル!
ダイワ 15 ライトゲームX ICV 150H
ITEM
ダイワ 15 ライトゲームX ICV 150H
ギア比:6.3
最大ドラグ力:4kg
自重:265g
巻取り長さ:70cm
ブライト糸巻量(号-m):2-200/3-130
ナイロン糸巻量(号-m):3-160/4-120
海上釣堀で使用しました。青物相手にも十分に使用できました。軽くて違和感無く使えました。 出典:Amazon

仕掛け

サルカンがないチワワ式の仕掛けなので、ショートロッドでも安心!
ダイワ 快適ヒラメ 移動式仕掛 SS トリプル
ITEM
ダイワ 快適ヒラメ 移動式仕掛 SS トリプル
親針:13号
孫針:トリプルSS8号
サクサスフックは掛りが良い。トリプルフックも掛りはよいが少し伸びやすいように感じた。ちちわ連結は便利でした。 出典:Amazon

泳がせ釣りの基本的な釣り方

 
船からの泳がせ釣り
出典:ダイワ
ポイントについたら、活きの良いアジやイワシを付けて底まで沈めます。泳がせ釣りで狙うタナ(水深)は底から1メートル前後になります。マメに底ダチ(底を確認)することが重要になります。また、竿を操作する際は活き餌が弱らないように優しく操作しましょう。

泳がせ釣りの基礎知識はこちら!

泳がせ釣りで使用するエサ

泳がせ釣りで活き餌の付け方
出典:ダイワ
活きエサには、主にアジやイワシを用います。大きさは15~20センチ位が一般的で、船釣りの場合は船宿が用意してくることが多いので、事前に確認しましょう。活きエサを弱らせないよう、濡らした手で目を隠すように包み込むと暴れにくく、針を通しやすいです。

泳がせ釣りのアタリの取り方

ヒラメのアタリの取り方
出典:ダイワ
アタリがあってもすぐに合わせずに食い込むのを待つのがポイントです。ガツガツと感じる前アタリが出ても、まだヒラメはエサを咥えているだけです。しばらく待っていると大きく引き込まれるアタリが出たら合わせを入れましょう。

サーフからルアーで狙うヒラメの釣り方

ヒラメをシンキングペンシルで釣った画像
出典:ダイワ
ヒラメはルアーでも狙えます。主に防波堤やサーフ(砂浜)から狙うのが一般的です。

タックル

汎用性の高いシーバスロッドでサーフのヒラメ釣りもカバー!
ダイワ ラテオ 96ML・Q
ITEM
ダイワ ラテオ 96ML・Q
全長:2.89m
自重:140g
継数:2本
仕舞寸法:149cm
ルアー重量:7-35g
以前は5000円位で購入したロッドを使用していましたが断然使いやすいです。しなりも感度も良好です。友人のディア◯ーナとくらべてラテオの方が柔らかく感じました。こちらのラテオの印象が良すぎてロッドはすっかりダイワ派になりました。 出典:Amazon

広く探るにはハイギアモデルがおすすめ!
シマノ 15ストラディック 4000HGM
ITEM
シマノ 15ストラディック 4000HGM
ギア比:5.8
最大ドラグ力:7kg
自重:280g
巻取り長さ:93cm
ナイロン糸巻量(号-m):2.5-160/3-120
PE糸巻量(号-m):1.2-250/2-150
バイオマスターの購入と悩んでいるなら、こちらの方がいいでしょう。使用した感想ですが、ヌルッと回るような回転フィールに、軽さ、ステラとまではいかないですが、ツインパワー買うならストラデスク2つ買った方がいいと思う程の逸品です。 出典:Amazon

ルアー

よく飛ぶ、しっかり泳ぐミノー!
ダイワ フラットジャンキー サーフハリケーン 90S
ITEM
ダイワ フラットジャンキー サーフハリケーン 90S
全長:90mm
自重:30g

ヒラメ釣りに適した時期やおすすめのルアーはこちら

ルアーで狙うヒラメ釣りの基本

ルアーで釣れたヒラメ
ヒラメのルアーゲーム最も重要なのがとにかく広い範囲を狙う事です。カニ歩きしながら扇状に広い範囲を探っていきましょう。ボトム(底)のみならず、活性が高ければ表層でも喰ってきますので、フローティングミノーもおすすめです。

ルアーで狙う時のコツは活性を見極める!

ルアーで狙うヒラメ釣りのイラスト
出典:ダイワ
フローティングミノー等で表層を探って反応がない場合は、ヒラメの活性が低いと判断し、ルアーを切り替えてみるのも手です。ソフトルアーでヒラメを狙ってみましょう。

万能テクニック、ワインド釣法はこちら!

色々な釣り方でヒラメを狙ってみよう!

ヒラメを狙う釣り師たち
出典:pixabay
釣って楽しい、食べて美味しい人気ターゲットのヒラメ。ゲーム性の高いルアー釣りと食い込みを待つ釣りの奥深さを味わえる泳がせ釣り。ベテラン釣り師まで魅了するヒラメ釣りを味わってみてはいかがでしょう。

Let’s aim at flounder

ヒラメを狙ってみよう!

紹介されたアイテム

ダイワ ライトヒラメX M-240

ダイワ ライトヒラメX M-240

¥11,998 税込

ダイワ 15 ライトゲームX ICV 150H

ダイワ 15 ライトゲームX ICV 150H

¥15,422 税込

ダイワ 快適ヒラメ 移動式仕掛 SS トリプル

ダイワ 快適ヒラメ 移動式仕掛 SS トリプル

¥1,434 税込

ダイワ ラテオ 96ML・Q

ダイワ ラテオ 96ML・Q

¥16,600 税込

シマノ 15ストラディック 4000HGM

シマノ 15ストラディック 4000HGM

¥18,803 税込

ダイワ フラットジャンキー サーフハリケーン 90S

ダイワ フラットジャンキー サーフハリケーン 90S

¥1,556 税込

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう